みちのく銀行で投資信託を買うなら何を買う?




本記事ではみちのく銀行での投資信託運用についてご紹介します。

投資信託 | みちのく銀行

筆者が思うに、青森銀行に比べると少し選択の余地が多いように感じます。

[st-card id= 28]

[スポンサーリンク]

みちのく銀行の「つみたてNISA」は?

みちのく銀行では「つみたてNISA」を使えます

「つみたてNISA」の取扱開始について(pdf)

  • iFree 日経225インデックス
  • iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし)
  • iFree 8資産バランス

より初心者向きな投資信託は「8資産バランス」です。

資産形成の王道では「iFree 外国株式インデックス」のほうが選ばれるのですが、投資初心者にとっては少しリスクが高いようにも感じます。

  • 積極的に利益を取りたいなら:iFree 外国株式インデックス(+ iFree 日経225インデックス)
  • 安定的な資産形成を目指すなら:iFree 8資産バランス

で良いと思います。

「つみたてNISA」を使わない場合世界経済インデックスファンドがオススメ

選択の余地が多いと言いつつ、細かく見るのが大変なので、世界経済インデックスファンド一本をオススメします。

他にもSMTシリーズのインデックスファンドをそれなりに扱っているので、それらを選ぶのが無難です。

世界経済インデックスファンドとは

詳しくは下記で紹介しています(3つの世界経済インデックスファンド(無印・株式・債券)。どれを選ぶ?)。

[st-card id= 1051]

この投資信託は、特に20~30代の資産形成を目的とした投資で選ばれやすい商品の1つです。

株式と債券など、複数の資産クラスに幅広く分散投資していることから、バランスファンドと呼ばれます(バランスファンドを選んで簡単資産運用!特徴から選び方まで)。

バランスファンドを選んで簡単資産運用!特徴から選び方まで
投資信託を選ぶ際、株とか債券とかいろいろ種類があって選ぶのが大変ですよね。 もっとわかりやすい資産運用がいい 普段は忙しいから楽な資産運用がいい 初心者向けの投資信託ってないの?...

バランスファンドはわざわざ「どの金融商品にどの程度投資する?」など考えずとも済むのが利点です。

投資のことはあまりよく分からなくても、世界経済インデックスファンドのことは知っておいてね!

ウェブサイトや投資本で頻繁に目にする投資信託ですから。

どうやって運用すればいい?

積み立てて買い付けるのがオススメです。

そもそも世界経済インデックスファンドが有名な理由の1つは、積み立て運用に適した投資信託だからです。

私たちは将来の株価や債券の値動きなど予想できませんよね。

明日の株価はまだしも、1ヶ月に株価がどうなっているか予想できますか

もし、その株価を予想するのが難しいと感じるならば、幅広く分散投資させることで、リスクを低減しつつ安定的なリターンを得るのが私たちに適した運用の方法です。

投資先を分散させると、運用の安定性が高まるんです。

しかし、幅広い分散投資を全部自力で実行しようとすると、莫大なお金と時間が必要になります

それを投資信託一本で実行してくれるのが世界経済インデックスファンドなのです。

運用時の問題点

しかし、みちのく銀行で世界経済インデックスファンドを積み立てるのは少し問題点もあります

それは買い付け手数料です。

というのも、ネットを通じて買った場合でも、購入金額の2.592%の買い付け時手数料を抜かれます。

もし、あなたが100万円で世界経済インデックスファンドを買ったら、2.592万円は銀行に支払う手数料です。

運用は残り97万円からスタートしますので、まずは100万円に戻すところから話は始まります

これはよろしくないですよね?

ネット証券で買うと買い付け手数料は無料なんですが、このあたりを無料にできないのが地銀、といったところでしょうか。

商品名みちのく銀行SBI証券
世界経済インデックスファンド店頭:購入金額の3.24%
積立:購入金額の2.592%
0%(0円)

投資信託には買い付け手数料をたくさん支払ったから上手い運用してくれる、みたいなありがたい仕組みはありません。

故に、購入手数料は1円も1銭も支払わないのが大原則です。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • あなたがみちのく銀行で資産形成を計るなら世界経済インデックスファンドがオススメ
  • 毎月定額での積み立て投資を行うと、最低5,000円から投資できる
  • 買い付け手数料が発生するため、ネット証券での運用よりは非効率

世界経済インデックスファンドはオススメですが、より有利な条件で販売されているところもありますので、購入は慎重にお考えください。

補足

販売形式販売の有無
店頭販売
ネット販売
積立投信○(5,000円以上1,000円単位)

 

この記事に関連するキーワード

コメントは承認後に表示されます。