青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

青森県の金融機関

青森県で投資信託を買うならどこを利用するのが良い?

投稿日:2016年9月8日 更新日:

投資信託を買うなら青森銀行か?みちのく銀行か?に関連して、青森県で投資信託を買うならどこが良いかを考えます。

すでに答えが出ている質問ではあるのですが、念のため。

[スポンサーリンク]

そもそも青森県のどこで投資信託が買える?

最初におさらいです。2016年10月現在、青森県で投資信託を買おうとしたら、

の選択肢があります。

意外と多いですよね。

投資信託を買うならネット証券1択

では本題の「青森県で投資信託を買うならどこを利用するのが良い?」

この質問の答えは「ネット証券」しかありません。

ネット証券とはインターネットでの取引サービスを提供する証券会社のことです。例えば八戸市にある野村證券やSMBCフレンド証券よりもネット取引に特化しており、実店舗での証券取引サービスは原則提供しません。

あなたが不安や抵抗感を感じるのは承知の上ですが、金銭を動かす上での合理性を追求するとネット証券が一番なのです。それ以外の選択では、運用に非効率が生じます。

もちろん、その非効率さで損をしてしまうのはあなた自身です。

ネット証券を選ぶ理由

では、なぜネット証券を選ぶべきか。

  • 銀行やゆうちょでは手数料がかかる
  • 新設されるファンドも選びやすい
  • 雨や雪の日に窓口に行かなくてもよい

銀行やゆうちょでは手数料がかかる

銀行やゆうちょでは買い付け時に手数料がかかる投資信託が多いです。特に窓口購入のときはなおさらです。

手数料と言われれば仕方ないように感じるものの、実際にはあなたの損失に他なりません。例えば100万円の投資で3万円の手数料を抜かれたらいかがでしょうか。100万円を投資したはずなのに、実際には97万円での運用スタートです。

もしその投資信託の利回りが1%なら、3年間運用しなければ手数料分を補填できません。

意外と知られていませんが、投資信託の手数料は、たとえ同じ投資信託であっても、証券会社や金融機関ごとに異なります。ある金融機関では数%の手数料を取る投資信託が、ネット証券なら無料で購入できるケースもあります。

加えて、ネット証券なら買い付け手数料無料の投資信託がたくさんあります。手数料でマイナススタートという非効率とは無縁なのです。

新設されるファンドも選びやすい

銀行やゆうちょでの取り扱い投資信託は、比較的古くマイナーなファンドが多いです。古いファンドは定評があるとも言えますが、一方でマイナーなファンドはネット上の情報が少ないため、運用には難儀します。

特にあなたが「他のみんなはどんな運用しているんだろう?」と感じるならなおさらです。

ネット証券は投資信託の取り扱い数が多く、新設のファンドも積極的に取り扱う傾向にあります。話題性豊富なファンドも選べるため、インターネット上の参考情報も集めやすいです。

ちなみに筆者が投資している投資信託も銀行やゆうちょでは扱っていないものを選んでいます。

雨や雪の日に窓口に行かなくてもよい

青森の冬は長くて寒いです。1日中氷点下の日もあります。そんな日にわざわざ銀行やゆうちょの窓口に投資信託を買いに行きたいと思うでしょうか。

ネット証券なら、ストーブであったまりながらスマホで投資信託を買えます。一緒にスルメ炙って食べたらおいしいじゃないですか(何

それでも地元の店舗で買いたいならば

以上のように、ネット証券を使うべき理由はいくつもあります。地元民として残念ではあるものの、地元の金融機関窓口を利用するメリットはほとんどありません。

それでもどうしても地元の店舗で買いたいならば、

  • みちのく銀行で世界経済インデックスファンド
  • または、ゆうちょでJP4資産バランスファンド(ネットでの購入が良い)
  • または、JAバンクでJA資産設計ファンド

あたりがオススメです。初心者ならこれらのうちいずれか1本を選べば十分です。

ただし金融機関窓口で購入すると、いくつか運用に難がある点も承知しておいてください。

  • みちのく銀行で世界経済インデックスファンドを買うと買い付け手数料を要する
  • ゆうちょのJP4資産バランスファンドは高齢者をターゲットにした分配型ファンドで長期運用に適さない
  • JAバンクのJA資産設計ファンドは買い付け手数料を要する

いずれも現役世代が長期の資産形成目的で購入するには向かないのです。20年間積み立てるとして、毎月買付手数料を払い続けるなんて、あまりにも人が良すぎます。

上記以外のファンドを選ぶ場合には、分散投資を考慮し、投資信託を複数保有したほうが良いと筆者は考えます。ただし、適当にいっぱい持てば分散投資になるわけではないので、選ぶためのちょっとしたスキルが必要です。

ネットで全世界株式みたいな投資信託を手数料無料で買っておくのが、胃がキリキリする可能性が低くて良いと思うんですけどね。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
【2018年11月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-青森県の金融機関

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.