口座開設から積立の終わり方まで。状況別道案内はこちら
   







投資信託でもらえる普通分配金と特別分配金

基礎知識を知りたい

投資信託を始める際には前もって、分配金の有無やその受け取り方についても比較検討しておくことがすすめられています。

[スポンサーリンク]

投資信託における分配金とは

分配金とは、投資信託が「運用益 + α」を投資家らに分配するものです。配当金と間違われることもありますが、投資信託では配当とは言いません。

分配金の原資は、投資信託が投資家から集めたお金で購入した株式や債券発生する配当金や利子収入、また売買運用をすることでもたらされる売買益です。一般にはこれらの利益が分配原資となり、投資家たちに配分されます。

分配金をださない投資信託もあります。そのような場合は利益をそのまま信託財産として蓄積し、長期運用することでさらなる利益を得る方法がとられています。

なお、株価や為替はその時によって価格が変動するため、分配金も一定額が常に支払われるわけではありません。状況によって、分配金が出ないということもあります。

2種類の分配金

分配金には普通分配金と特別分配金の2つの種類があります。

  • 普通分配金
  • 特別分配金

普通分配金とは株や債券の運用によって元本を上回る利益が生じた場合に支払われる分配金です。20%の税金がかかります。

特別分配金とは、元本割れの状況ででた分配金です。特別との名がつきますが、実際には元本払戻金であり、あなたが投資したお金がそのまま戻されたものとみなされます。

特別分配金が出ると、その金額分だけ、あなたの投資元本が減ります。

繰り返しますが、あなたの投資元本が減ります。

投資信託にまつわる悲劇的事象の1つはここから発生します。分配金を使い込んだ後に解約したら、元本がほとんど残っていなかったという話です。

分配金を受けるとか再投資するか

分配金の受け取り方にも2つの種類があります。

  • 分配金受取
  • 分配金再投資

分配金受取型は、支払われる分配金をそのまま、あなたの銀行口座等で受け取ります。

分配金再投資型は、分配金を自動的に同じ投資信託に再投資します。いわゆる複利の運用を目指すのです。

販売会社によって2つのうち1つを選べるようになっていることが多いので、購入の際には確認する必要があります。

しばしば、分配金を受け取るべきか再投資すべきかと疑問に思う投資家がいらっしゃいます。もし、あなたが将来大きな資産を得たいと思うならば、分配金は再投資したほうが良いです。一方で、現在の生活を良くしたいと思うならば、分配金は受け取ります。

再投資する際に注意すべき点は、将来基準価額が上昇する見込みがあるのかどうか、です。過分配の毎月分配型のように、順調に基準価額を落としていく投資信託では、再分配で投資してもあまりよい成果が期待できないからです。

理論上は、分配金再投資するよりは同じジャンルでもともと分配金が出ないタイプの投資信託を選んだほうが合理的です。それでも分配金が出るタイプを選びたくなるのは、分配金収入が私たちの利益としてわかりやすいから、なのかもしれませんね。

この記事に関連するキーワード

分配金

コメント

運営者が承認するまでコメントは表示されません。

  • 投資信託やETFは元本保証ではありません。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品が、将来値上がりするとは限りません。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じる可能性があります。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証は一切行いません。
タイトルとURLをコピーしました