青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

初めての資産運用 資産運用

資産運用すべきか?しないほうがよいか?

投稿日:2016年10月11日 更新日:

資産運用すべきか?しないほうがよいか?について絶対的な回答はありません。

必要だと思ったらやればよいし、不要だと思ったらやらなければよい。

しかし、あなたは「資産運用をしたほうが良いのではないか?」と感じているのではないかと考えます。

最初から資産運用は不要と考えているなら、「資産運用をすべきか」なんて検索しないからです。

そこで押さえておきたいのが、なぜ資産運用が推奨されるのか、です。

あなたはきちんと理由を把握していますか?

[スポンサーリンク]

なぜ資産運用が推奨されるのか

お金を得る正当な方法だからです。

現在の日本では、

といった理由から、私たち一人一人が長期分散投資を通じて資産を形成することが推奨されています。

特に公的年金がいつまで私たちをサポートしてくれるのかは不明です。あなただって、「年金は破綻しているから払いたくない」なんて考えていませんか。

資産運用は労働に勝る

実際のところ、資産運用でなくとも良いのです。お金を増やすことができるならば。

資産運用が労働に勝る点は、

  • あなたが働いているかどうかに関係なく、運用するお金さえあればよい
  • お金を運用している間は何をしていてもよい
  • 収益の伸びは給料の伸び(昇給幅)よりも高くなりやすい

などが挙げられます。

通常、私たちがお金を得る手段といえば、働いて給料をもらうことです。

ですが、

  • 労働時間は有限である
  • すべての人が給料のよいポジションにつけるとは限らない

といった理由から、働いて収入を増やすことには限界があります。

言い換えると、

労働だけでお金持ちになろうとするのは大変だ

ということです。

特に東京から離れた地方の仕事は、働く時間は東京とたいして変わらないのに、手取りの収入は大きく異なることも多いです。

合理的に考えれば、同じ労働時間でできるだけ収入を増やすならば東京のほうが有利です。

この話ではよく「物価が安いから」と説明される場合もありますが、地方都市のすべてが均等に物価が安いとは限りません。

公共交通機関が不便で交通費がかかるなど、地方特有の事情を考慮すれば、支出は東京とたいして変わらないことも多いです。

つまり、地方でどんなに頑張って働いていても、お金を増やす面では不利なんです。

ですが、資産運用は異なります。

あなたがどこに住んでいるかは、期待収益と関係がないのです。

周囲には資産運用やってる人いないけど・・・

統計によれば、個人株主ののべ人数は5000万人を超えています。

これはのべ人数であり、1人が2社以上の企業の株主になることもよくあるので、実際の株主は2000万人か3000万人程度まで減ります。

だいたい数人に一人ぐらいはやってそうな雰囲気です。

ただ、投資や資産運用をやっている人たちの一部は、運用のことを誰にも知られたくないと考えています。

あなたの身の回りに経験者がいないのは、実はそういった事情なのかもしれません。

だって、投資に否定的な人たちにとっては、

  • 投資で損をするかもしれない(損したという話は絶好の笑いネタである)
  • 汗水垂らして働くのが素晴らしい

といった労働者的価値観を持っていますから、そんな中で「資産運用でお金を増やそう」と声高に叫んでもいいことがないんです。

ずるいことしやがって」と叩かれるだけです。

だからこちらが「投資やってる」と言うと、「実は・・・」とこっそり教えてくださる方も結構いらっしゃるんですよね。

資産運用しないとどうなる?

当面は今までと変わらない日常が続くだけです。目立って何かよいことも悪いこともありません。

ただし、長期的には話が変わってきます。

上述の通り、資産運用での収入の伸びは給料の伸び幅を上回ります。これは2015年初頭に有名になったピケティ氏の「r > g」が示すところです。

仮に10年間利回り1%で運用できたとしても、まったく何もしなかった人との差は歴然です。

たしかに、情勢によっては損を出すかもしれませんが、10年間の経験は絶対に覆せません。

投資家的な勘は、長期にわたる運用経験の中で磨かれていきます。

金銭的には損をしても、経験では絶対に損をしないのです。

言い換えると、資産運用しなかったあなたは金銭や経験の面でみんなに置いてかれるのです。

気がついたら、あの人もこの人もいつの間にか財産を築いているのにあなたは・・・なんて話が待ってるかもしれませんね。

始めは少額でやればいい

資産運用を始めるにあたって踏み切れない理由の多くは、

  • 投資で損をするかもしれない

という、損失への不安です。

人間は自分が得たものを失うことに大きな苦痛を感じます。

ならば、最初は投資額を少なくすることで、運用に失敗した時も最低限の損失に抑えればよいと筆者は考えます。

ほら、投資信託の買い方・購入方法を説明するで触れた投資信託や、個人向け国債なら1万円からできますし。

この話で不思議なのは、いつもいきなり大金を投資し始める人がいることなんですよね。「1000万円で投資を始めました」って。

1万円とかでも投資はできるので、最初は少ない額で試してみては?と思います。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • あなたが働いてお金を増やせるなら資産運用である必要はない
  • 資産運用が有利なのは、あなたが無理に働く時間を増やす必要がないこと
  • あなたの周りでこっそり運用を始めている人は多い

です。

あなたはそのままでも、あなたの周囲の環境は絶えず変化していることを忘れないでください。インフレや円安は、あなたの財産を奪って行く天敵です。

加えて、周囲のみんながいつのまにか大金持ちになっていたら、あなたはいつのまにか相対的貧困に陥るかもしれません。

あなたが想像するよりも結構簡単にできますよ!(インターネットで投資信託の運用は本当に簡単にできるのか

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
【2018年11月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての資産運用, 資産運用

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.