青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

青森県の金融機関

みちのく銀行で資産運用するときにNISA口座は開設すべきか

投稿日:2016年10月14日 更新日:

みちのく銀行で投資信託を買うなら何を買う?に関連し、割と悩みやすいのNISA口座の開設です。おそらく銀行窓口に行けば「一緒にNISAもどうですか?」といった話をされるかと思います。

筆者個人はみちのく銀行に限らず、銀行でNISA口座は不要であると考えています。以下、その理由も踏まえ、話を進めます。

[スポンサーリンク]

銀行でNISA口座が不要な理由

最大の理由は、NISAを開設してもそこに入れるための商品がほとんど無いことです。銀行の金融商品は投資信託と個人向け国債ですが、後者の国債は2016年現在でNISAと関係が無いので、投資信託をNISAに入れるかどうか、が判断のポイントになります。

すると、ほぼイコール「毎月分配型をNISAで保有するかどうか」という選択になるんですよね。

この選択は一見合理的に見えるのですが、毎月分配型の多くは過分配で基準価額が低下しやすいため、分配金の多くがもともと非課税の特別分配金(詳しくは投資信託でもらえる普通分配金と特別分配金)になりやすいのです。

これではNISAに入れても入れなくても意味がありません。

一方、NISAを証券口座で開設すると、株式やETFといった商品もその選択肢になります。特に配当金や分配金の利回りが高い銘柄を選定しておけば、非課税の旨味を大きく活かせることになります。

大塚家具みたいに利回り8%台の株式なんかもありますし。

NISAは一人一口座しか保有できません。銀行と証券会社のそれぞれに・・・みたいなことはできないので、それなら証券口座に開いた方が良いのです。

それでも銀行でNISA口座を持ちたい場合

と書いたところで、みちのく銀行以外で資産運用しないよ!って場合には、みちのく銀行でのNISA口座にも一理あります。あなたが絶対に、絶対に、絶対に株は買わないっておっしゃるなら同行にNISA口座を持つのも良いのではないでしょうか。

ところで、2016年現在の制度では、NISAと投資信託の積み立てはあまり相性がよくありません。

というのも、筆者はみちのく銀行で投資信託を買うなら何を買う?で世界経済インデックスファンドの積み立てを提案していますが、現在のNISAは最長5年間での制度なので、それを超えた期間の運用では非課税の意味がないのです。

ゆえに、同行で投資信託を買う場合には、毎月分配型や5年以内に解約する見込みの投資信託をNISAに入れて、積み立ては別に実行するのが良いと考えます。

そもそもつみたて投信(投資信託定時定額買付サービス)はNISAで設定できないみたいですし。

何をNISA口座に入れるか

毎月分配型を選ぶ場合、基準価額があまり落ちないものを選択し、普通分配金での非課税を享受できるものを選択します。

グローバル・ソブリン・オープン(いわゆるグロソブ)とか、高金利先進国債券オープン(月桂樹)とかは毎月分配の定番ファンドですが、当期以外の収入に依存する分配金が多いため、避けた方が無難です(2016年8月以降グロソブの毎月10円分配なら割と大丈夫かも)。

分配金だけを見るなら、インカムビルダーは2016年10月時点で当期の収益のみを分配しているの悪くはありません。ただ、信託報酬が高かったりするので、積極的なお勧めは難しいです。

あくまで分配金の原資だけに限った場合です。

上述の通り、数年で解約してしまうなら、年一回決算型のインデックスファンドを買い込むのもありです。みちのく銀行は、世界経済インデックスファンドを始め、優良はインデックスファンドを幾つか扱っているため、選択の余地があります。

みちのく銀行で投資信託を買うなら何を買う?でも述べたように、手数料抜かれるのはネックですが、それでも良いのであれば選んでみてはいかがでしょうか。]

青森銀行で資産運用するときにNISA口座は開設すべきかも合わせてご覧あれ!

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
【2018年11月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-青森県の金融機関

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.