青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

投資信託の銘柄

投資信託「ゼウス」はなぜ売れているのか

投稿日:2016年10月15日 更新日:

様々な金融機関の売れ筋商品にでてくるのが新光US-REITオープン。通称「ゼウス」です。

ここではなぜゼウスが売れているのかについて考えてみたいと思います。

なお、以下の話は全て筆者の想像です。

[スポンサーリンク]

ゼウスが売れている理由

売れているから売れる

ゼウスが売れている理由は、ゼウスが売れているからです。

なんか意味不明な文章ですが、「売れているから売れる」のです。

厳しいことを書くと、売れ筋ランキングから投資信託を選んでしまう投資家は、投資信託を選ぶ能力がない可能性を意味します。自分で目的を持って選ぶなら、ランキングなんて参考にならないことも多いからです。

すぐれたファンドに見える

ゼウスを選ぶ投資家の多くは、基準価額と純資産、分配金の3つのパラメータぐらいしかみていないはずです。

基準価額が低く、純資産は1兆円を超えており、分配金利回りは高い。

これだけで十分に選ぶ価値がある(ように見えます)。

このあと、実際に購入したあとに基準価額の低下を経験し、「なぜゼウスの基準価額は下がるのか」とネットの海を彷徨うことになります。

買ってしまったあとではもう遅いですよね。

これはよくある誤解ですが、純資産が高いと何事もうまくいくと考えている投資家が少なからずいらっしゃるようです。確かに純資産は重要ですが、現在の純資産が運用の成果とは限らない点には注意を要します。

営業員におすすめされる

これは店頭購入で陥る罠です。上述の「売れているから」にも関連しますが、店頭でおすすめを聞いてしまうとゼウスを勧められる可能性があります。営業する側も、売れている商品をおすすめするのは簡単なのです。

「みんな買ってますよ?」といえば、自分だけ違うことをするのが怖くなりますから。

ですが、ここでの問題は営業員が投資信託の商品性を把握していない可能性がある点です。そもそもREITは株式並みにリスクのある商品ですし、万人におすすめできる商品か、といえば少し悩みます。

少なくとも、資産を保全しながら運用したいと考える投資家のニーズには答えないんですよね。

売れているからすぐれているとは限らない

注意すべき点は、売れているからすぐれた商品だとは限らないことです。

上述の通り、「売れているから買っている」人たちがいるということは、その投資信託は実力を元に選ばれているとは言い難いことを示します。だから、みんなの真似をしてゼウスを買っても、みんなと一緒にお金を溶かすかもしれないのです。

投資信託選びの難しい点は、過去の運用実績が、必ずしも将来の運用実績に結びつくとは限らない点です。たとえファンドマネージャーの腕が良くても、ファンドが保有する商品の時価が下がれば基準価額は下がりますから。

あなたがゼウスを選ぶにしても、

  • ファンドの運用効率は悪い(手数料が高いため)
  • 将来好成績を残すか損を出すかはわからない

という点は把握した上で購入されるのが良いと思います。

「ゼウス」の評価はどうか

新光US-REITオープン(愛称:ゼウス)ってどうなの?にて書きました。

no image
新光US-REITオープン(愛称:ゼウス)ってどうなの?

新光US-REIT オープン(愛称:ゼウス) に関する検索があったので記事にしてみます。 よくある米国REITの毎月分配型ファンドです。 [スポンサーリンク] 新光US-REITオープン(愛称:ゼウス …

続きを見る

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
【2018年11月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-投資信託の銘柄
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.