青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

積立投信

「投資信託の積み立てやってる人」って私のことを呼びましたか?

投稿日:2016年10月27日 更新日:

ここでは筆者の積立投信の話をご紹介します。

別のサイトでも書いているので、同じポートフォリオ持つ人を見かけたら、それは筆者かもしれません。

[スポンサーリンク]

世界分散投資と財を築け

「青森神託」では資産運用の始め方と手法で示すように、世界株式分散投資を推奨しています。

世界株式分散投資を最も手軽に実現するには、MSCIコクサイインデックスに追従する投資信託を買うだけです。MSCIコクサイインデックスは日本を除く先進国の株式から構成されるため、追従する投資信託を買うだけで先進国への分散投資を実現できます

過去30年間の実績で言えば、世界株式分散投資は年間7.9%のリターンでした(MSCIコクサイインデックス。円ベース)。下手な商品を選んでポートフォリオだとか期待リターンだとか計算するよりは、MSCIコクサイインデックスなどに丸投げしたほうが簡単だ、というのが最近の筆者の考えです。

どうせ、1か月後の株価など誰も分からないのですし。

ただ、筆者自身は新興国への投資にロマンを感じるため、MSCIコクサイインデックスではなくMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、円ベース)に追従する投資信託への積み立てをメインにしています。

過去のリターンはMSCIオールカントリーワールドインデックスのほうが低いのですが、そこはロマンです。

ロマンです。

ポートフォリオ

  • 三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
  • 三井住友・DC外国債券インデックスファンド
  • たわらノーロード日経225

メインはDC全海外株式インデックスファンドですが、その予備としてDC外国債券インデックスファンドへも投資しています。

なお、どちらも日本を含まないため、たわらノーロード日経225も利用しています。こちらは将来的にTOPIXに切り替えるかもしれません。

ご覧の通り、基本は超分散志向です。あとは個別に投資信託を買ったりしますが、それらはネタ的要素が強いです。

ほら、金とか原油とか買いたいじゃないですか。

世界株式分散投資へ行き着いた理由

筆者はこれでも最初は毎月分配型を購入したりしていました。よくあるアメリカREITものです(ゼウスではないです)。

その後、行き着いたのがバランス型ファンドです。みちのく銀行で投資信託を買うなら何を買う?で触れている世界経済インデックスファンドとかeMAXISの8資産均等型です。

最初はこれらバランスファンドを買っていましたが、ある時一旦清算してしまい、再スタートを切ることになりました。その際に目に付いたのが三井住友・DC外国債券インデックスファンドです。

割と債券買うのは好きなんですよね。個別に債券とか持ってますし。

ですが、株式系の投資信託か債券系の投資信託か?どちらに投資すればいい?で紹介した書籍に基づき、「債券よりも株式!」と現在の形に至りました。

当面は世界株式分散投資でやっていくと思います。

今後どんな運用をする?

基本はこれらへの積み立てを優先しつつ、アジアの不動産投資信託に投資し不労所得生活を始める方法みたいなネタ行為に走りたいと思っています。結局、楽しくやれるのが一番良いので、真面目すぎてもつまらないと思うんですよね。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-積立投信

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.