青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

初めての株式投資

株式投資はいくらから始める?

投稿日:2016年10月31日 更新日:

「株式はいくらから始める?」

この質問はおそらく2つの意味を持つはずです。

  • 純粋の株式投資に必要なお金(株を買うために必要なお金はいくらか?)
  • 1つ目を踏まえてあなたがいくらから株式投資を始めるのが良いか

あなたはどちらの質問をイメージしていましたか?

前者について、株式投資は数百円からも投資可能です。株価次第ですが、1株50円 + 手数料50円の合計100円程度で購入することもできます。

後者は、資産形成の観点で言えば、投資は早ければ早いほうが有利です。

あなたが現在10万円程度持っているなら、すでに上場企業の一部の株式は買えるんです。

ぜひ、そのお金で気軽に運用を始めてみてください。

20代や30代の運用なら、50万円や100万円程度の投資家もたくさんいらっしゃいますよ!

[スポンサーリンク]

株式投資はいくら必要か?

一般的に株式投資を行う際は、株価と単元株数によって投資金額が計算されます

例えば、株価100円で単元株数が100株だとすると、投資に必要な投資金額は1万円です。

株を買うために必要な金額は企業ごとに異なり、数万円で購入できるケースから、100万円以上を要するケースまで様々です。

初めての株式購入。株を買うにはいくらお金が必要なの? | インストックネット

東証が目指す「100株50万円」は1つの目安に

金額はばらばらなのですが、証券取引所を運営している東京証券取引所では、2018年10月までに、

  • 売買単位:100株
  • 最低購入価格:50万円以内

を目標に、制度改革を行っています。

実際には、この取引単位を変更するのは各上場会社の役割なのですが、2015年までに上場企業の約75%の株式が100株単位で取引できるようになりました。

また、聞いた話によると、優待が設定されている銘柄の多くは50万円以内の投資で購入できるそうです。

これらを勘案すると50万円は一つの目安になるでしょうか。

数万円の投資でも優待はもらえるよ

ただ、株主優待を設定する株式のうち、特に安価なものは最低数万円程度から買うことができます

例えばイオン北海道(証券コード:7512)なら2017年2月6日時点で6万円程度で購入でき、株主優待も受け取れます。

ホーマック(DCMホールディングス)やかっぱ寿司(カッパクリエイト)のように、10万円ちょっとで購入できる優待銘柄もありますね。

no image
かっぱ寿司で利用できる株主優待を獲得する方法

Photo by PIXTA かっぱ寿司の株主優待を獲得して知人とお寿司を食べに行きたいと思ったので、利用できる株主優待を獲得する方法について紹介します。 方策は2つあります。 カッパ・クリエイト(証 …

続きを見る

no image
DCMホールディングス(3050)の株式を買う方法と株主優待を紹介

ホーマックで利用できる株主優待はないか?との検索があったため紹介します。 ホーマックは北海道と東北を中心に、首都圏にも店舗を構えるホームセンターです。同じホームセンターであるサンデーなどのライバル店で …

続きを見る

もし50万円で運用すれば、株主優待銘柄を複数購入できますね

株式委託手数料も考慮してね

株式委託手数料とは、株を買う時と売る時に発生する手数料のことです(株式売買に必要な手数料とは?)。

この手数料は証券会社次第ですが、最低100円程度から設定されています。

あなたが株式投資を少額(例えば10万円)で始めたい、もしくはデイトレーダーのように短期売買したいなら、この手数料が安い証券会社を選ぶことが重要です。

基本はインターネット証券を選ぶと、手数料を安価に抑えることができます。

少額で株式投資を始めるための制度

 

株式投資では、少額で株を買うための制度もあります。

  • ミニ株
  • 単元未満株
  • るいとう
ミニ株 単元未満株 るいとう
特徴 通常の取引単位の10分の1で取引可能 1株から購入可能 毎月一定金額で積立投資
最少投資額 数千円程度 数百円程度 毎月1万円から

ミニ株

ミニ株は通常の売買単位の10分の1で株式を買い付ける方法です。購入金額も10分の1ですみます。

単元未満株

単元未満株は通常の売買単位の100分の1、もしくは1000分の1で株式を買い付ける方法です。購入金額も数百円程度まで少なくなります。

単元未満株は証券会社次第で愛称があります。例えば、ネット証券大手のカブドットコム証券では単元未満株のことをプチ株と呼び、毎月500円以上1円単位で投資可能です。

るいとう

るいとう(株式累積投資。株式積立投資「るいとう」で少額資産運用!)は毎月一定額の投資金で株式数を購入する方法です。

るいとうの類似サービスとして「キンカブ」もあります。るいとうとの違いは窓口経由で申し込むかインターネットから申し込むかです。

少額で始めるメリット

残念ながら金銭的なメリットよりも、経験的なメリットが大きいです。

投資で損をすることへの不安を克服するためにはどうすればよいかで紹介したように、投資の損益はパーセントで考えることが多いです。

同じ1%の損失でも、投資額が大きくなると、運用損も大きくなります。

すると、いきなり大金で投資を始めると、損を被ったときにショックを受け、狼狽しやすいのです。

そのため、少額から株を始めることで、大きな損失を被ることなく経験を積めるのがメリットです。

みんないくら投資しているの?

さて、それでも最初の投資額を決められないあなたのために、投資家アンケートの結果を紹介します。

日本証券業協会のアンケートによると、株式を含む金融商品の保有状況は以下のように報告されています。

中央値は100~300万円です(このアンケート結果は株以外に投資信託なども含んでいます)。

現在投資を行っている投資家の約半数は、300万円未満の運用を行っているとわかります。

でも、これを見て「じゃあ300万円貯めたら投資を始めよう」とは考えないでください

投資額は年齢ごとにも異なります。

以下の図は、同アンケート結果で示された年代ごとの有価証券保有額から、20~44歳までの分を抜き出したものです。

この結果をみると、年齢が若いうちは投資額も少ないとわかります。

20代~30代前半ではクリーム色(10万円未満)と水色の斜線エリア(10~50万円未満)が多いですよね

これはおそらく年収が少ないため、投資にまわせるお金も少ないからです。

一方、30~40代になって年齢を重ねるごとに投資額も増え、100~300万円未満の割合が増えます。

特に、年収が伸びやすい男性は急速に投資額が増えていくのが特徴です。

これを参考にすると、最初は10万円か数十万程度から始め、年収の増加とともに投資額を増やすのが平均的な投資家像です。

他人の投資額を気にする必要はありませんが、もし運用額の目標を定めるなら40歳までに100~300万円未満の運用を目指すことになるでしょうか

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると

  • 株式投資に必要はお金は企業の株価次第だが、最近の制度改革で50万円以内で購入できる企業も増えてきた
  • 他人の投資額を参考にするならば40歳時点までで100〜300万円未満の運用を目指す
  • 20~30代のアンケート結果では、10万未満か数十万円程度運用している個人投資家も多い

です。

ちなみに筆者は20万円から始め、3万円ぐらいで買える株をよく買っていました。

個人的には、たとえ投資額が少なくとも、積極的に投資を始め、経験を積むことをおすすめしたいです。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
【2018年11月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての株式投資
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.