青森県投資信託ブロガーが作る、つみたてNISAとiDeCoの資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

初めての株式投資

現物取引と信用取引

投稿日:2016年10月31日 更新日:

株式投資は現物と信用どちらがメリット高いのでしょう。株式を購入するためにはご自身の証券口座を使用して取引を行います(株の購入方法・買い方を説明する)。

証券口座には現物取引と信用取引口座があります。一般的に証券会社でご自身の口座を開設すると現物取引口座になります。

現物取引口座では投資金額を予め入金しておく必要が有ります。現物取引口座で出来ることには2つあります。一つ目は現金を支払って、株式を購入することです。二つ目は株式を売って、現金を受け取ることです。現物取引口座では2つの売買を行って利益を生みます。現物取引で利益を出す方法は安く株式を購入し高く株式を売却することです。株式市場の相場が右上がりの時は現物取引でも利益を生むことが可能です。逆に株式市場が軟調の時は価格が上がる銘柄が少なく、利益を生むことは難しくなります。現物取引のメリットは簡単で通常の口座を開設すれば株式投資が行えることです。また、株式市場が下落して購入株価が下がっても少ない損失で済みます。

信用取引口座は誰でも開設することが出来ません。信用取引口座は証券会社の定めた基準や審査にパスした方のみ使用できる口座です。信用取引口座では現金を借りたり、株式を借りたりすることが可能です。信用取引口座に予め投資金額を入金し現金を担保に約3倍まで株式を購入することが出来ます。現金以外に信用売りも存在します。信用売りは証券会社から株式を借りて株式を売る方法です。株式市場が上昇トレンドの時は信用買いで利益を生み、下落トレンドの際は信用売りで利益を生む事が出来ます。信用取引のメリットは様々な相場に対応して利益を生むことが可能です。また少ない投資金額でも大きな株式を購入出来ます。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての株式投資

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.