青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

初めての株式投資

株式売買に必要な手数料。安いことはいいことだ

投稿日:2016年11月2日 更新日:

あなたが株式を買おうとした際に必要なお金の話をしましょう。

たった1回か2回の取引だけで済むなら、あまり気にしなくてもよいのですが、もしあなたが頻繁に株を売り買いしたい(= デイトレードしたい)と考えるなら、この話はきちんと考えておいたほうがよいです。

そう、株式を買うためには手数料が発生するのです。

[スポンサーリンク]

株式委託手数料とは

株式を買う際、もしくは売る際に発生する手数料のことです。

なんで手数料がかかるの?

あなたがどこかの上場企業の株式を買おうとしたら、必ず証券会社を通します。直接東京証券取引所から購入するわけではありません。

あなた – 証券会社 – 東証

すると、あなたが購入しようとした株式を、実際に買ってくるのは証券会社です。

つまり、この手数料は証券会社の代行手数料なのです。

いつ発生するの?

株を買うときと売るときです。

買うときは株の購入代金とともに手数料を支払い、売るときは株の売買代金から手数料分が引かれます。

証券取引は前金制なので、株を買った後でコンビ二などに代金を支払いにいく、みたいなことはありません。

維持・管理費は不要

購入した株式の維持・管理費は不要です。手数料が発生するのは株を買う・売るのタイミングだけです。

昔は口座管理手数料といった年額の手数料もありましたが、現在はどの証券会社も廃止しています。

手数料で絶対に知っておくべきこと

  • 発生する手数料は証券会社毎に異なります
  • 取引金額の大きさによっても手数料は変わります
  • 証券会社の中でも様々な取引プランが用意されており、あなたが選択したプラン次第で取引手数料は変わります

手数料は証券会社次第

取引時に発生する手数料は証券会社次第です。

言い換えると、お得に株取引をしたいなら証券会社選びは必須です。

思いつくままにそこらへんの証券会社で取引を始めると、手数料負担が大きすぎて損をしてしまう可能性があります。

ネット証券と店舗を持つ総合証券

いわゆるネット証券と呼ばれている証券会社は全てがシステム化されているため、手数料が安く設定されています。

おそらく、システム化が進められており、人件費が抑えられているためです。

反対に、店舗を構えているいわゆる通常の証券会社では、手数料もそれなりに掛かってしまうこともあります。

こちらは店舗にコンサルタント(営業員)がいるためです。

手数料だけで見ればネット証券の方が安いですが、皆様が株式投資を始める際は情報量やサポート体制等も加味した上で自分に合った証券会社を選ぶように心がけてください。

手数料は取引金額次第

取引時に発生する手数料は取引する金額次第です。

この金額とは「株価 × 取引株数」で得られる金額のことです。当然ながら、この金額が高額になるほど、手数料も高額になります。

手数料は取引プラン次第

めんどくさいごとに1つの証券会社の中で、複数の取引プランを設けていることが多いです。

あなたの取引スタイルによって決めるのがよいです。

インターネットプランと窓口プランは10倍ぐらい違う

窓口のある証券会社を利用する際に、

  • 営業員(投資相談サービス)をつけない場合(インターネットのみで取引したい場合)
  • 営業員(投資相談サービス)を付ける場合(証券会社の店頭窓口でも取引したい場合)

では、取引手数料が10倍近い差がでることもあります。

おおよそいくら支払うの?

おおよそで、最低100円程度〜5,000円前後です。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • 株を買うときと売るときは手数料が発生する(株を持っているだけなら手数料はかからない)
  • 発生する手数料は証券会社のプラン次第。基本的にインターネットは窓口取引に対して安価
  • 手数料は安いほうがよい。あなたの取引用途に応じて決めてみて

です。

最後の「手数料は安いほうがよい。あなたの取引用途に応じて決めてみて」について、安さだけを重視すると必然的にインターネット専業のネット証券を利用することになります。

ネット証券には営業員がいません(つまり投資相談できません)ので、「いやいや投資相談したいんだ」という場合にはご注意ください。

その代わり、投資相談を利用できるのは平日の日中のみです。あなたが平日の昼間働いているなら、そもそも相談することが難しいと思いますが、いかがでしょうか。

 

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
【2018年11月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての株式投資
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.