青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

初めての株式投資

少額資産運用なら株式積立投資「るいとう」

投稿日:2016年11月2日 更新日:

株式投資には通常の売買以外に、るいとうと呼ばれる投資方法があります。株式累積投資(かぶしき「るい」せき「とう」し)の略称です。
るいとうは、毎月定額で株式を購入する投資方法です。

実はこれ、少額でもできる株式投資の1つの方法なんです。

[スポンサーリンク]

るいとうで少額投資を始めよう

上述の通り、「るいとう」では毎月定額での投資を可能にします。

通常、株式はその銘柄によって投資額が大きく異なります。例えば10万円以内で株主優待まで獲得できる銘柄もありますし、一方でキーエンス株のように数百万円の投資を要するむちゃくちゃ高額な銘柄もあるからです。

言い換えると、100万円程度かそれに満たない現金しかない場合には、各銘柄を自由自在に買いつけることができません。必ず、金銭的な取引の制限が生じます。

そこで利用したいのが「るいとう」です。

証券会社ごとに最低の積立額や積立可能な銘柄は異なるものの、おおよそ1万円から高額で普段は手が届かない銘柄を少しずつ買いつけることが可能になります。

もちろん条件を満たせば配当金や株主優待も獲得できますので、その点は安心してください。

るいとうのメリットとデメリット

るいとうのメリット

メリットは、

  • 少額で投資をすることができること
  • 毎回煩わしい注文等をしなくとも、自動引き落としで毎月一定額を積み立てることができること

です。投資信託の積み立てと似ていますね。

加えて、毎月決まったタイミングで株式を購入することができるため、時間的なリスク分散もメリットになります。

毎月決まった金額を決まったタイミングで投資するため、株価が上がれば購入できる株数は少なくなりますし、逆に株価が下がれば株数は多くなります。

投資信託同様に株式も一括で買うと、分割投資よりも時価の変動リスクが高くなります。るいとうは買付単価は平準化されるので、株価の天井で株を掴む可能性が減るのです。

るいとうのデメリット

ただ、デメリットもあります。

  • 毎月小分けで売買することになるため、一括買いよりも手数料が高くなる

例えば、SMBC日興証券では、ネットで株式を買うと1回100円や200円といった額で取引できますが、これをるいとうにすると1.242%の手数料が適用されます。10万円の株式ならその1~2%、1,000円を超える手数料になります。

基本的に、小分けでの売買は手数料効率が悪くなるのは仕方のないことです。

よくある質問

配当金はもらえる?

もちろんです。保有株数に応じてもらえます。

株主優待はもらえる?

こちらは保有株数に依存します。大抵の企業は1単元(100株か1,000株)が株主優待獲得の最少単位に設定されているため、保有株数がそれ未満の場合にはもらえないことも多いです。

その代わり、積み立てた株数が1単元を超えた場合には優待の対象になります。

買った株を売却できる?

もちろん売却できます。

実際の売却タイミングは翌営業日の寄付きの成行注文となります。

[スポンサーリンク]

まとめ

まとめると以下のようになります。

  • 毎月1万円程度の少額投資で株を定期的に買い進めるのが「るいとう」
  • 配当金や株主優待も条件を満たせばもらえます
  • 買った株はいつでも売却できます

るいとうは、その仕組み上、中長期的な投資です。短期的にまとまった利益を出したいときにるいとうを選択しても期待には応えられません。

積立定期預金の株式版として考えるのが良いと思います。

なお、るいとうはどちらかといえば従来型の総合証券会社で扱っていることが多いです。

これらの証券会社は窓口でもネットでも取引できるため、あなたが窓口取引の可能性を残したいならオススメです。

ネット証券は単元未満株(単元未満株投資で少額資産運用)のほうが主流ですね。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
【2018年11月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての株式投資

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.