青森県投資信託ブロガーが作る、つみたてNISAとiDeCoの資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

初めての資産運用

近くに証券会社がないあなたが始める資産運用

投稿日:2016年11月14日 更新日:

地方都市ではあなたが住む街に証券会社が進出していないこともよくある話です。

  • 老後の不安がある。お金をなんとか増やさねば
  • でも、証券会社も無いし、何をどうすればいいの?

銀行窓口があるとまだマシ。

しかし、基本的に銀行は資産運用するところではないので、知識もなく、迂闊に相談しにいくのは危険です。

そんな状況で利用したいのがネット証券。スマホやパソコン1台で利用できるため、

  • 近くに証券会社の店舗がない
  • 遠くの証券会社まで時間をかけていくのは大変

といったときに利用できます(ネット証券で初めての資産運用を始めよう)。

ネット証券で初めての資産運用を始めよう

老後のお金が不安で何かしたほうが良い でも、何をどうすればいいのかわからない あなたがこんな悩みを感じているなら、投資を通じて資産運用・資産形成を視野に入れることをオススメしたいと思います。 投資を始 …

続きを見る

もちろん地方民の筆者もネット証券を使って資産運用を行っています。

ちなみに日本証券業協会のサイトから最寄の証券会社の検索もできますよ。

わたしの街の証券会社 | 日本証券業協会

[スポンサーリンク]

お金の入出金はどこから?

ネット証券を利用する際によく疑問に思われるのがお金の入出金経路です。例えば青森県でSBI証券にお金を入金するにはどうすればいい?でも述べています。

基本的には、ゆうちょ銀行に口座を持っていると高い汎用性があります。ゆうちょATMで入出金できますし、ゆうちょ銀行からネット証券への即時入金サービスなども利用できるからです。

出金先口座もゆうちょ銀行を指定しておくと、株式の配当金を受け取ることも可能になります。ちょっとした生活費の足しにできますね。

ゆうちょ銀行すらない場合

よほどの田舎ではゆうちょ銀行すら近くにないかもしれません。その時には、ATMが設置されたコンビニやイオン系列の店舗があると良いです。

たとえば、全国に展開するファミマではイーネットのATMが入ってることが多いです。イーネットは主要な銀行やネットバンクと提携しているため、適当なネットバンク一行に口座を持っておくと、イーネット経由での入出金が可能になります。

イーネットの手数料は銀行ごとに異なるため、あまり手数料のかからない口座(かつ証券会社と提携されているものが吉)を選ぶのが良いです。

たとえば、住信SBIネット銀行なら、ランク次第で月5回程度まで入出金無料です。ジャパンネット銀行なら、毎月1回目の利用のみ入手金が無料です。

いくらから資産運用すればよいのか

これを決めるのは、あなたの役割です。

例えば、月収100万の人が、「私は月に30万投資しているからあなたも30万投資しなさい」なんて例を出しても、「そんな収入ないよ!」とツッコミたくなるはずです。あなた自身の収入や生活状況を省みることなく、投資額を決めてしまうのは無謀です。

理想的には収入の1割か2割程度は投資に回すことで、将来の資産形成に役立ちます。しかし、例えば年収が200万円しかないなど、絶対的な収入が少なすぎる場合には、そもそも収入増を図るところから考えたほうが良いです。

なお、資産運用にはまとまった大金は不要です。月5,000円や1万円など、「月額いくらずつ投資していくか」のほうが現実的です。

資産運用の相談は誰にするのか?

資産運用を相談する人がいなければ相談不要の運用をしようで述べたように、相談する人がいなければ相談不要の運用を行うのが良いです。

よく勘違いされますが、投資相談したからぼろ儲けできるかといえば、そんなことはありません。だれも将来の相場を的確に当てることはできないのですから。

相談不要の運用例はいくつかあります。

  • 個人向け国債を買う(ほぼ定期預金と同じ)
  • ネットバンクの高金利預金を利用する(仕組み預金などはのぞく)
  • 投信積立を行う(バランスファンドを特に)

個人向け国債やネットバンクの高金利預金は元本割れしないので、相談不要ですよね。

投信積立は、「何に投資するか(例えば資産運用の始め方)」は重要ですが、その運用自体は毎月定額で積み立てるだけなので、こちらも相談不要です。多少相場が下がっても、気にすることなくがんがん積み立てれば良いです。

なお、これを踏まえると、どの銀行やネット証券を利用するかが絞られてきます。

  • ゆうちょやイーネットを利用してお金を入出金できると良い
  • 高金利預金や個人向け国債を扱っていると良い
  • リスク資産を扱う場合には投信積立できるのが良い

実際はどこもこれらのサービスに対応していますけどね。

地方や田舎でも利便性の高いネットバンク&ネット証券

イオン銀行

イオン銀行は地方でも利用しやすいネットバンクの1つです。

なんと言っても、イオンやマックスバリュまで行けばATMがある。地方民の憩いの場(?)にはイオン銀行のATMがあるのです。

イオン銀行は割と投資信託も充実しており、幅広く選べるようになっています。個人向け国債は売ってませんが、イオンセレクトカードと合わせた高金利預金が魅力です。

ポイントはイオンやマックスバリュで利用できるWAONポイントで還元されるのもちょっとしたお得なポイントです。

住信SBIネット銀行&SBI証券

ゆうちょ銀行ATMやイーネットを利用してお得に入出金できるのが、住信SBIネット銀行です。同行にはハイブリッド預金という高金利預金サービスがあるほか、このハイブリッド預金を通じてSBI証券を利用できる利便性があります。

住信SBIネット銀行&SBI証券を利用するときには、ATMを通じて住信SBIネット銀行と取引します。SBI証券側からの入出金はしません。

住信SBIネット銀行とSBI証券のお金のやりとりはパソコンやスマホ上で行います。SBI証券で受け取った配当金や分配金は、住信SBIネット銀行の口座を通じてゆうちょ銀行ATMなどから引き出します。

まとめると

  • ゆうちょやイーネットを利用してお金を入出金できると良い
  • 高金利預金や個人向け国債を扱っていると良い
  • リスク資産を扱う場合には投信積立できるのが良い

です。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての資産運用

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.