青森県30代投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信

リンクユニット




個人型確定拠出年金(iDeCo) 投資信託の銘柄

トレンドアロケーションオープンは衝撃の利回り!わざわざ運用する意味が・・・

投稿日:2016年11月15日 更新日:

トレンドアロケーションオープンはバランスファンドの1つで、市況に応じて投資配分を変更する投資信託(いわゆるアクティブファンド)です。分配金を出さずに、基準価額を高めることで資産を増やすことを目指しています。

トレンド・アロケーション・オープン | 三菱UFJ国際投信

結論から述べると、実際のパフォーマンス(過去3年)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドに劣るなど、かなり利益の抑えられた投資信託です。厳密にはベンチマークがないので成績が良いか悪いかすら議論できないのです。

それでいて手数料(信託報酬)は1%を超えています。加えて、銀行で購入する場合には2%前後の購入手数料がかかることも多いです。

2019年現在ならば「つみたてNISA」対象の投資信託を選ぶ手もありますから、わざわざ銀行で手数料を支払ってまで買うべきかどうかはしっかり考えたほうが良いと思います。

というわけで、トレンドアロケーションオープンの具体的な特徴を見ていきましょう!

[スポンサーリンク]

トレンドアロケーションオープンの特徴

信託報酬や純資産などの基本情報

情報は2019年8月2日現在。

トレンドアロケーションオープンの特徴(2019年8月2日時点)
購入手数料 0~3.24%
信託報酬
実質コスト
1.1704%
1.22%
信託財産留保額 0%
換金手数料 0%
運用期限
(償還日)
無期限
(償還なし)
基準価額 三菱UFJ国際投信公式
純資産(ベビー)
純資産(マザー)
1628億円
後述
SBI証券ランキング
つみたてNISA
設定件数
対象外

手数料が高いです

信託報酬が1%を超えており、手数料の高い投資信託です。加えて、銀行で購入する場合には購入手数料もかかります。わざわざこのお金を払ってまで買うかどうか、を考えたほうが良いです。

マザーファンド

トレンドアロケーションオープンのお金の流れ出典:https://www.am.mufg.jp/pdf/koumokuromi/148098/148098_20190425.pdf

トレンドアロケーションオープンは2つのマザーファンドに投資します。

  • ダイナミック・マルチアセット・プラス・ファンド(JPY)(1475億円)(略称:DMAPF)
  • マネー・プール・マザーファンド(1.5億円)

※純資産は2019年8月2日時点で閲覧できる運用報告書に基づく

どちらのファンドもアクティブファンドで、ダイナミック・マルチアセット・プラス・ファンド(略称:DMAPF)が本ファンドの実質的な本体です。このファンド世界中の金融商品に投資を行ないます。

トレンドアロケーションオープンの投資先

出典:https://www.am.mufg.jp/pdf/koumokuromi/148098/148098_20190425.pdf

アクティブな運用で市場平均を上回る成績を目指す!?

投資先に関する特徴

トレンドアロケーションオープンの特徴は以下の通り。

  • 先進国国債および株式やREIT(不動産投資信託)などのETFに投資
  • 各セクターへの投資配分は流動的
  • 長期的な資産の形成を目指す(分配金を出さない投資信託)
  • 外貨建て資産は全て為替ヘッジ
投資信託に為替ヘッジは必要か

投資信託を選ぶ際に考えたいのが為替ヘッジの有無です。 ・・・と、書いても、正直なんのこっちゃって感じですよねw 為替ヘッジってなんだろう? 円安や円高とどう関係あるのかな? ヘッジのありとなしはどちら …

続きを見る

トレンドアロケーションオープンの資産配分は結構な頻度で動いています。

トレンドアロケーションオープンの資産配分

出典:https://www.am.mufg.jp/pdf/geppou/148098/148098_201906.pdf

例えば、2019年1月の資産配分は低リスク資産(先進国国債と先進国社債、現金)比率が8割なのに対し、同年4月になると低リスク資産は4割まで減ります。

好意的には、儲かるセクターに投資している、と解釈できます。しかし、アクティブな運用を行うファンドの多くは市場平均に勝てないとの統計もあり、この配分の変更が妥当なのかはわかりません。

日本のアクティブファンドについて、長期投資の観点から過去10年で見てみると、インデックスに勝てなかったファンド(投資先別)の割合は以下となった。

「日本の大型株ファンド」  63.0%
「日本の中小型株ファンド」 65.2%
「米国株式ファンド」    87.5%
「グローバル株式ファンド」 92.0%
「新興国株式ファンド」   90.3%

日本のアクティブファンドでは、主に日本株に投資をするファンドの60%超がインデックスに勝てず、外国株に投資するファンドはほとんどが勝てていないという結果に。

出典:「アクティブファンドがインデックスに勝てない」根拠とは? | 東証マネ部

運用成績の善し悪しは不明!

というわけで、このファンドの運用成績はどうなのか、が気になるところですが、このファンドにはベンチマークがないので、運用成績の善し悪しが分かりません。要するに「(うまくいってもうまくいかなくても)やりたい放題」なのです。

参考までにモーニングスターの「安定成長」カテゴリに属する以下2つのファンドと比較してみました。

トレンドアロケーションオープンとのパフォーマンス比較

この比較によると、過去3年間で最もパフォーマンスが良かったのはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。ただし、1年のスパンで見ると投資のソムリエのほうが良い成績を出しています。

とはいえ、繰り返すようにトレンドアロケーションオープンは基準となるベンチマークが無いので、この比較自体も正直意味がないものです。

ぱっと見、株価が大きく崩れたタイミングでは大きく基準価額を落としているのに対し、その後の回復相場でのパフォーマンスはよくないように見えます。相場の変動に対して、資産配分の変更が後手後手に回っているように感じます。

問題点:幾何利回りが低く、リスクを取る意味がない

モーニングスターのデータによると、トレンドアロケーションオープンの過去5年間の成績は利回りが低めです。

  • リターン(算術平均):0.82%(2.64%)
  • リスク:5.84%(7.44%)

※カッコ内はモーニングスターのカテゴリー平均。2019年8月3日時点

出典:トレンド・アロケーション・オープン | モーニングスター

ここから幾何利回り(投資家が実際に享受できるリターン)は約0.64%と求まります。

ところでネット銀行の定期預金キャンペーンなどを利用すると、お金を損する可能性なしに利回り0.20%ぐらいは享受できます

わずか0.64%の利回りを得るために、お金を失うリスクを取るのは割に合わない気がしますが、いかがでしょうか。

参考までに、トレンドアロケーションオープンに投資して1年間で失う可能性のあるお金は、投資額の10.86%(= 0.82 – 5.84 * 2)と求まります。

あなたならどちらを選びますか?

今なら「つみたてNISA」対象投信を選べば良いのでは?

トレンドアロケーションオープンは、以下の特徴から資産形成を目的とした投資信託だとわかります。

  • 無期限で運用し続けます
  • 分配金は出しません

が、2019年現在、資産形成目的で投資信託を選ぶなら、つみたてNISA対象投信を買えば良いと思います。

つみたてNISA対象投信は、

  • 購入時に購入手数料がかかりません
  • 信託報酬も低く設定されています

といった特徴があり、少なくとも高額な手数料で大切なお金を失うことはなくなります

投資信託の運用で唯一コントロールできるのは将来発生する手数料であることも忘れないでください。

購入できる金融機関

多くの銀行で購入可能

多くの銀行で購入できますので、詳しくは公式サイトをご覧ください。

トレンド・アロケーション・オープン | 三菱UFJ国際投信

SBI証券や楽天証券でも購入できますが・・・

SBI証券や楽天証券などのネット証券でも購入できますが、ネット証券を利用するならもっと良いファンドを選びましょう。

iDeCo(確定拠出年金)で購入できる金融機関

トレンドアロケーションオープンはiDeCoでも購入できます。

  • 東京海上日動
  • 北洋銀行
  • 秋田銀行
  • 東邦銀行
  • 山梨中央銀行

個人的にはオススメしませんけど。

まとめると

  • トレンドアロケーションオープンはバランスファンド。国内外の様々な資産に投資し、相場に応じてその比率を変動させる
  • ベンチマークがないので成績が良いか悪いか評価できない。が、チャートを見る限りは相場に対して後手に回っているように見える
  • 今なら「つみたてNISA」対象の低コストで優良な投資信託も多いので、トレンドアロケーションオープンを選ぶメリットは低い

本商品を手数料を払って銀行で購入するよりかは、手数料を払わずに購入できる「つみたてNISA」対象投信を選んだほうが良いと思います。

パフォーマンスも良いとは言いがたいですし、選ぶメリットが・・・。

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
SBI証券で抽選でTポイントを貰えるキャンペーン実施中!総額2000万円相当(2019年9月30日まで)

他の証券会社もチェックするなら
【2019年8月】つみたてNISAオススメ証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット下




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-個人型確定拠出年金(iDeCo), 投資信託の銘柄
-,

Copyright© 東北投信 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.