口座開設から積立の終わり方まで。状況別道案内はこちら
   







秋田銀行で投資信託を買うなら何を買う?

北都銀行で投資信託を買うなら何を買う?に引き続き、秋田県の代表的な銀行である秋田銀行の投資信託について紹介します。

筆者の地元にも支店をだしていますね。

秋田銀行は窓口とネットで投資信託を購入可能です。他の銀行の例に漏れず、ネットを通じて買ったほうが良い結果を享受できます。

[スポンサーリンク]

野村インデックスファンドシリーズを

ネット経由で投資信託を買うと、野村インデックスファンドシリーズ(Funds-i)を選択可能です。最近のインデックスファンドのコスト引き下げ競争からは一歩遅れを取っていますが、十分投資に値するシリーズです。

いくつか種類はありますが、

  • 野村インデックスファンド・外国株式
  • 野村インデックスファンド・TOPIX
  • 野村インデックスファンド・国内債券(もしくは個人向け国債)

がオススメです。MSCIコクサイインデックス(世界分散投資するなら知っておきたいMSCIコクサイインデックスとは?)に追従する野村インデックスファンド・外国株式をメインに、TOPIXをサブで組み込むのがオススメです。この2つをカバーすることで日本と主要先進国の株式に投資できます。

国内債券はなくても良いですが、上記2つのファンドの値動きが大きすぎると感じる場合には国内債券ファンド(もしくは個人向け国債)を加えることで、資産全体の時価の値動きを抑えます。

いずれのファンドも積立専用の投資信託です。一括では買えないのはネックですが、それでも現役世代の資産形成には十分答えてくれます。

同シリーズは他にもいくつか種類がありますが、それらは投資先に加えても加えなくても良いです。個人的に上記を押さえておけば十分だと思っています。

野村インデックスファンドシリーズ以外を選ぶ場合

野村インデックスファンドシリーズ以外を選ぶ場合にもそれなりに選択肢があります。

外国株式インデックスファンド

名前が紛らわしいですが、ニッセイの購入・換金手数料なしシリーズではなく、三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用するファンドです。野村インデックスファンド・外国株式やニッセイの類似ファンド同様にMSCIコクサイインデックスに追従するファンドです。

ニッセイ外国株式インデックスファンドに比べると、買付手数料がかかる点と信託報酬が0.864%と高い点がネックです。野村インデックスファンド・外国株式のほうがまだ条件が良いんですよね。

故に、ネットで買うなら断然野村インデックスファンド・外国株式ですが、窓口で買う場合には外国株式インデックスファンドを選ぶのが良いです。

MHAM J-REIT インデックスファンド(毎月決算型)

これはMHAM J-REITインデックスファンドとはどんなファンドか?に書いたとおり。ネット証券を利用すればもっと良い条件で買えますが、窓口で毎月分配型が欲しいなら選んでも良いかなといったところです。

トレンド・アロケーション・オープン

これはトレンドアロケーションオープンとはどんなファンドか?に書いたとおり。あまり積極的に利益を追求する投資信託ではないので、安定的に運用して資産を増やしたいときに選んでも良いと思います。

ひふみプラス

運用成績のよいアクティブファンドとして有名なファンドの1つ。こちらは積極的にリターンを目指したいときに。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • 秋田銀行の投資信託はネット経由で積み立てがオススメ
  • 積み立てる際は野村インデックスファンドシリーズの外国株式をメインに
  • 野村インデックスファンドTOPIXや日本債券(もしくは個人向け国債)を混ぜても良い

です。

選択肢はあまり多くない銀行ですが、この銀行だけで資産運用をクローズさせることは可能です。

この記事に関連するキーワード

コメント

運営者が承認するまでコメントは表示されません。

  • 投資信託やETFは元本保証ではありません。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品が、将来値上がりするとは限りません。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じる可能性があります。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証は一切行いません。
タイトルとURLをコピーしました