青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログ「東北投信」の更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

初めての資産運用

通勤時間中に株や投資信託を買えない東北人はいつ資産運用するのか

投稿日:2016年12月20日 更新日:

あなたが関東近郊に在住しており、電車やバスなどの公共交通機関を利用した通勤をしているならば、その時間を利用して株や投資信託を買うことが可能です。筆者もかつては通勤中に株を買っていました。

が、地方在住の東北人は通勤に自動車を利用することが多いため、通勤時間中の資産運用は難しいです。

さすがに赤信号で止まったタイミングに株価チェックなんて危なっかしくて出来ないですよね。

そのような場合には週末を利用して資産運用をするのが最もベターな方法です。時間に追われることもないため、リラックスして商品を選定することができます。

加えて、積立投信など、自動引き落としサービスを利用できる商品を選択すれば、毎週末の管理さえ不要になります。

忙しいから資産運用できない、なんてことはないのです。

[スポンサーリンク]

週末を利用しよう

証券会社や銀行の窓口は平日の昼間しか開いていませんが、インターネットを利用すれば週末の土曜日や日曜日にも株や投資信託の売買予約ができます。もちろん、個人向け国債もOKです。

むしろ、平日の昼間のあわただしい中に商品を選びよりかは、週末のまったりとした時間を利用して運用方針を考えるのが現実的かもしれません。

インターネットを利用する場合、

  • 株価や投資信託の基準価額(基準価額と純資産)をチェックできます
  • 平日と同じように注文が出せます(ただし処理されるのは翌営業日)
  • メンテナンスを除けば原則24時間閲覧できます
  • 各種投資情報ももちろん閲覧可能

と、平日とほとんど差異のない利用が可能です。

よって、あなたが平日の昼間働いており、かつ自動車通勤をするなら、週末を利用して資産運用のプランを立てる(かつ運用する)のが良いです。

積立投信なら週末の運用すら不要

投資信託の買い方・購入方法を説明するでも触れているように、積立投信を利用すると週末の資産運用すら不要になります。毎月定額を銀行口座から引き落とすようにすればよいからです。

最寄の銀行を利用する場合には積立投信に対応していない場合もあるものの、一部の銀行のほか証券会社は大抵利用可能です。

また、最近登場してきた運用込みで利用できるロボアドなども銀行引き落としサービスを利用できます。

あなたが証券会社を通じて積立投信を利用するなら、

  • 積み立てたい商品を選んで
  • 引き落とし先を給料の入金口座に設定するだけ

の簡単2ステップです。

あとは、ほったらかしにしておいても勝手に資産運用が行われ、将来に備えることが可能になります。

どんな運用をするかは相談しなくてもいい

週末に資産運用をしようと書くと、週末は金融機関がお休みのため「誰にも相談できないのは不安だ」と感じるかもしれません。

が、その心配は不要です。

例えば、元本割れが怖いのであれば、個人向け国債を買う手もあります。毎月2万円ずつでも個人向け国債を買い続けたら、それだけでも立派な資産運用です。

もう少しリスクをとれるならば、物価連動国債を利用した手軽でローリスクなインフレ対策で紹介した物価連動国債を利用する方法もあります。こちらも対応する証券会社を通じて、銀行引き落としでの買い付けが可能です。

よく誤解されていますが、そこらへんの銀行員やファイナンシャルプランナーの全てが儲け話を知っているはずがありません。ので、彼らに相談したところで、あなたが儲かるかは不透明です。

2016年のアメリカ大統領選挙では、当初「トランプ氏に決まれば円高株安」なんて経済評論家のコメントが流れていたものの、蓋を開けてみれば急速に円安株高が進みました。

日本株がトランプショックで急落なら買いだ | 東洋経済

市場では、「トランプ大統領誕生=株売り、ドル売り(円買い)」、「クリントン大統領誕生=株買い、ドル買い(円売り)」といった見方がされている。「トランプ大統領誕生」による下落は、「既成概念が破壊される怖さ」といった意味合いだろう。

明日の相場など誰にも分からないのだから、だからこそリスクの低い個人向け国債や積立投信を選ぼう、というのがここでの趣旨です。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • 自動車通勤で通勤時間を利用できないあなたは、週末の資産運用がオススメ
  • インターネットを利用すれば平日も週末も大して変わらない
  • 週末は誰にも相談できないが、その点を気にする必要はない

です。

積立投信を利用すれば、ほとんど資産運用のことを考える必要もないことも忘れずに。

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2018年12月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての資産運用

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.