青森県投資信託ブロガーが作る、つみたてNISAとiDeCoの資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

初めての資産運用

東北人は1年間でいくら資産運用すべき?

投稿日:2016年12月21日 更新日:

資産運用はいくらからするべきか?という話はよくある疑問です。そこで、以下では東北地方の平均的な収入などをもとに、そこからどの程度を資産運用に回すかを紹介します。

しばしば勘違いされますが、資産運用のために現金を1000万円も貯める必要はありません。投資信託の買い方・購入方法を説明するでも触れたように、投資信託の積み立てなら毎月500円から開始できるからです。

運用には経験を要します。1000万円貯める期間に運用の経験をしないのは時間の損失です。

なお、将来の年金体系は変更されるはずで、その支給額は今よりも少なくなるはずです。

1つ言えることは、今すぐ積み立てを開始すれば将来楽をできる可能性も高まる、ことです。

[スポンサーリンク]

目標は年間30万

ざっくりと決めましが、目標は年30万円です。1か月あたりに直すと2.5万円です。

仮にこの資産運用を40歳から65歳まで続けると、2.5万 × 12か月 × 25年で750万円になります。単純計算はできませんが、ざっくりと1000万円程度を目標に運用を行う形になります。

実際にはこの額でも少ないです。より高額な運用を目指すなら、収入増を図る必要があります。

年間30万を目標とした理由

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、東北地方の平均所定内給与が25.3万円だからです。これを12か月でかけると300万円になりますので、その10%を運用額としました。

平均25万円とはいえ、実際には保険料などが控除されるので支給額は20万円ちょっととなるはずです。そこから2.5万を抜くわけですから、人によってはちょっと苦しいかもしれません。

奨学金とかローンとか支払っていると。

よって不足分は所定外の給与(例えば残業代やボーナス)から賄います。例えば、毎月を1.5万円にし、足りない12万円をボーナスから支払うのもよいかもしれませんね。

年間30万の積み立てが難しい場合

年間30万の積み立てが難しい場合には、以下のような方策があります。

積立時期を早める

積立開始時期を早めます。

例えば、30歳時点で開始すると、運用期間を10年間長くできるため、1か月あたりの積立金額が少なくとも、トータルでの積立額は大きくなります。

この手の運用は始める時期が早ければ早い方が有利です。

例えば、40歳ではなく50歳から65歳までの積立にすると、同じく750万円を積み立てるためには、毎月4万円以上の積立が必要になります。収入が多ければ差し支えないでしょうが、非正規雇用などを理由に収入が10万ちょっととかだったりすると悲惨です。

これでは確実に老後に生活保護をもらうコースになります。

生活保護が上手く回っていれば良いのですが、回らなくなったら100%詰みます。

家族で取り組む

ここまでは個人一人での積立を想定しましたが、もしあなたに配偶者がいれば、共働きで収入を増やす手があります。

仮に年間100万円増額したとしても話が変わってきますね。

老後にいくら必要なのか?

これは個人の生活感にもよるので一概にいくらとは言えませんが、現在の65歳以上の高齢者の平均所得は約300万円程度です。

平成25年版 高齢社会白書(概要版) | 内閣府

これによれば、およそ200万円を年金に頼っています。

仮に将来年金が30%カットされたとしたら、年間160万分を労働やその他の収入、貯金などに依存する形になります。その160万円を全額資産に依存する場合には、160万 × 20年で3,200万円と、上述の750万でははるかに少ないのがわかります。

仮に40歳から65歳までに3200万円を貯めるには、1か月あたり10万円超(!)の積み立てが必要です。おそらくこの額は多くの人にとって現実的な数字じゃないはずです。

現実的には40歳からの積み立てはおそらく遅いです。老後に備えるなら30歳、むしろ今すぐ始めないとやばいぐらいだと筆者は感じます。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • 東北地方の所定内給与から算出される積立目標額は年30万
  • 不足する部分はボーナスや共働きで補填することもできる
  • 現実的には年30万の積み立ては足りない可能性が高い

です。

なお、積み立て先は物価連動国債を利用した手軽でローリスクなインフレ対策などを候補に挙げておきます。

もしくは「損失回避人間」の資産運用で触れたように、最初は個人向け国債から始めるのも良いです。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての資産運用
-,

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.