青森県投資信託ブロガーが作る、つみたてNISAとiDeCoの資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

NISA(一般NISA)

職域NISA(職場積立NISA)は使うべきか?もし利用を促されたらどうする?

投稿日:2016年12月22日 更新日:

七十七銀行で投資信託を買うなら何を買う?でちょっと職域NISA(職場積立NISA。NISAは少額投資非課税制度の略称)について触れているので、その流れで職域NISAに対する筆者の感想を紹介します。

職域NISAとは、職場を通じてNISA口座を開設し、投資信託などに投資を行う制度のことです。その代金は、給与から天引きなどの形で捻出されます。職場で投資を行うため、「1人の営業員対複数の従業員」での効率的な商品説明が可能といった特徴があり、先進的な企業との提携を目指す金融機関が多いそうです。

かつて筆者が勤めていた会社では、社長が「投資はやるな」と言ってたので、理解のある職場なんだなとは感じます。

まぁ、やるなと言われててももちろんやってましたが・・・笑

以下、投資は分かっている(つもりの)従業員目線で。

[スポンサーリンク]

商品選択の幅は確保される?

職域NISAでネックになるのが商品選択の幅は確保されるかという点です。この幅は、職場と提携する金融機関が取り扱う商品に依存するため、あまり選択肢がない金融機関と提携すると酷い目にあうかもしれません。

例えば、七十七銀行で投資信託を買うなら何を買う?で紹介した七十七銀行のケースでは、職域NISA専用投信は買い付け手数料無料で購入できるものの、商品の種類としてはもうちょっと頑張ってほしい感があります。

信託報酬が1%を超える投資信託はちょっと投資先として適しているのかどうか悩みます。先進国株式の平均的なリターンは6~7%で、これに債券を加えると3~4%程度までリターンは下がります。その3~4%のリターンから1%は信託報酬として抜かれることを考えうると、ちょっと高い気はしませんか?

ネットの投信ブロガーがこぞって買う投資信託は信託報酬が0.2~0.5%台のものがほとんどです。あなたもそれらを参考にすれば、+0.5%程度運用成績が上乗せされるのです。

株は買える?

ところで、NISAで買えるものは投資信託に限りません。株式や上場投資信託(ETF)、不動産投資信託(REIT)など、高利回りで魅力的な商品も多数あります。これらを買えないのは損失です。

証券会社が間に入った場合は買えるでしょうが、銀行が営業に入るとおそらく株は買えません。

例えば上場インデックスファンド新興国債券や上場インデックスファンド海外債券のように隔月や毎月で収益分配金を出すETFも存在します。積立よりも分配金に需要があれば、これらを買ったほうがもっと満足な運用ができるはずです。

著名企業の株式には株主優待なんかもありますし。

加えて、株を買う場合にはどうするんでしょう?まさか「xx社の株が買いたい」と上司に相談でもするのでしょうか。

このあたりを秘密にしておきたいと考える利用者は少なからずいるはずです。

職域NISAを利用するか?

もし選択権があるなら個人的には無しです。運用がしたいならネット証券に別途NISA口座を開設したほうがより柔軟で、様々な商品選択も可能になるからです。

もし職域NISAに強制加入することになったら?

強制加入することになったら、それはなんとかするしかないので以下のようにします。

  • 商品は自分で選ぶ(よくわからないからと職場任せにしない)
  • 世界各国の市場に投資できる商品を
  • 手数料体系はなるべく低コストなものを(手数料だけは将来も確実に発生することがわかるのだから)

です。

基本的に投資範囲が狭まるほどハイリスクハイリターンになります。例えば七十七銀行のケースで言えば、世界各国に投資する野村の海外5資産バランスよりも、日本の日経平均株価を構成する225銘柄に投資するインデックスファンド225のほうがハイリスクハイリターンです。長期的な資産形成を目指すなら、投資先はなるべく分散したほうが良いです。

故に、選択できる商品の中で、可能な限り分散性の効いた商品を選びます。

なお、日本比率の高すぎるものは留意します(日本は優れているからリターンも高くなるだろう、といったホームカントリーバイアスは捨てる)。

注意点:2018年からの「つみたてNISA」とは異なる制度です

職場積立NISAは2018年から始まる「つみたてNISA」とは異なる制度です。

  • 職場積立NISAは一般NISAを利用して投資信託を積み立てて買う制度
  • 「つみたてNISA」は積立投資専門で行う、2018年からの新制度

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 職域NISAの利便性は提携する金融機関が扱う商品選択性にかかっている
  • 任意加入ならば利用しなくて良い(ネット証券に口座を持てばもっと自由な運用ができるから)
  • 強制加入の際は、低コストで世界各国の市場に投資できる商品を

なお、職域NISAのガイドラインでは、事業主と複数の金融機関との提携を否定していないため、1事業者に対して複数の金融機関が商品を提供する可能性も考えられます。

ただ、NISA口座は一人1口座しか保有できないため、最終的には「NISA口座を開設した金融機関の商品から選択する」という流れになるはずです。

極論を言えば、従業員の運用の成否は雇用主がどの金融機関と提携したかで決まってしまうかもしれませんね。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-NISA(一般NISA)

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.