東邦銀行で投資信託を買うなら何を買う?

大東銀行で投資信託を買うなら何を買う?福島銀行で投資信託を買うなら何を買う?に引き続き、東邦銀行の投資信託もご紹介します。

投資信託 | 東邦銀行

リンク先をご覧になれば分かるように、東邦銀行では簡単に投資先を選ぶ方法 -5つの選択肢に答えてeMAXIS最適化バランスを選ぶ!-で紹介したポートスターを利用した投資信託選びが可能です。ネット販売に限られるものの、それだけでも十分運用可能です。

[スポンサーリンク]

ポートスターで投資信託を選びを

ポートスターは三菱UFJ国際投信のロボアドです。他のロボアドと異なり、ポートスターは商品選定のみで運用までは担当しません。

大まかな流れは、

  1. 東邦銀行で投資信託口座を開設する
  2. 三菱UFJ国際投信のウェブサイト(ポートスター | 三菱UFJ国際投信)でポートスターを実行
  3. 出てきた結果を元に東邦銀行で投資信託を買う

です。

ポートスターを行うと、5つのeMAXIS最適化バランスのうち、あなたに適したリスクリターンの1つが選ばれます。その1つは債券や株式などに分散投資しているバランスファンドなので、それ1つを選ぶだけで世界への分散投資を実現できます。

なお、インターネットバンキング専用です。

eMAXIS最適化バランスを選ばない場合

eMAXIS最適化バランスを選ばない場合には、野村インデックスファンドシリーズがあります。一通り揃っているため、自分自身でポートフォリオを組みたい場合にはこちらを利用します。

例えば、世界分散投資するなら知っておきたいMSCIコクサイインデックスとは?で触れたMSCIコクサイインデックスに連動するのが、野村インデックスファンド・外国株式です。

これに野村インデックスファンド・TOPIXを加えると、日本を含む先進国株式全体への投資が可能になります。

資産の安定性(低リスクさ)を追求する場合には野村インデックスファンド・国内債券を選びます。これに野村インデックスファンド・外国債券も加えると、先に挙げた2つの株式と合わせて伝統的な資産への分散投資を実現できます。

野村インデックスシリーズもやはりネットを通じて売買します。

ほかにも・・・

例えばMHAM物価連動国債ファンドとか、著名なアクティブファンドであるひふみプラスなども選べます。地方銀行の投資信託にしては、品揃えは良いほうだと感じます。

1000円からの積み立てもOK

東邦銀行では1,000円以上1,000円単位での積立投信にも対応しています。先に挙げたeMAXIS最適化バランスや野村インデックスシリーズは基本的に積み立てベースで購入するのが良いです。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • ポートスターでeMAXIS最適化バランスを
  • eMAXIS最適化バランスを利用しない場合は野村インデックスシリーズを
  • これらシリーズをインターネット経由で積み立て運用

です。

eMAXIS最適化バランスや野村インデックスシリーズを除くと買い付け手数料がかかる投資信託ばかりですが、これら2つのシリーズを選んでいる限りはネット証券とほぼ同等の運用が可能です。

あとは、株や債券、またはよりよい投資信託を買いたければネット証券を、最適化バランスや野村インデックスシリーズで十分なら同行を利用するのがよいと筆者は考えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました