青森県投資信託ブロガーが作る、つみたてNISAとiDeCoの資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

外貨預金

外貨預金するならどの通貨を選べばよい?

投稿日:

定期預金よりリターンを追及したいときに外貨預金(と外貨定期預金)はその候補になります。特に銀行窓口を通じて取引をしていると、「外貨預金(と外貨定期預金)やりませんか」とかそんなお誘いを受けることもあるはず。

ただ、外貨預金(と外貨定期預金)自体はさほど優れた商品ではありません。リターンの対してリスクが大きいからです。加えて、外貨と円を交換するときの為替レートの差も結構不利です。

証券会社を利用すると、外貨預金によく似た商品として外貨建てMMFを買うことができます。銀行で外貨預金を始めるよりは、外貨建てMMFを利用したほうが絶対にお得です。

以下、それを詳述していきます。

[スポンサーリンク]

「外貨預金はしない」が正解

外貨預金するならどの通貨を選べばよい?という質問には合っていない答えですが、外貨預金はしないのが正解です。

  • リスクを取る割にリターンが低い
  • 預金保護(ペイオフ)の対象外

米ドルの場合、わずか0.1%とかその利回りのために元本割れリスクを負うことになるのですが、それよりかは0.05%で個人向け国債を運用したほうが良いと筆者は感じます。個人向け国債なら元本が割れる可能性はほとんどゼロでしょうし。

加えて、外貨預金は預金保護(ペイオフ)の対象外です。銀行が破綻したらその預金は保護されません。

正直、元本割れリスクを取ってまで運用するメリットがないです。

外貨預金より外貨MMF

実は、投資経験者でないとあまり知られていない商品ですが、外貨MMFという外貨預金のそっくりさんがいます。この商品は、

  • 外貨預金よりリターンが高い
  • ペイオフとは関係ないが、投資信託なので財産が保護される

という特徴があります。

外貨預金よりリターンが高いのは、

  • もともと利回りが少々高めに設定されている
  • 円と対象国通貨を交換する時のレートが有利

の2点が挙げられます。

特に後者の交換レート(スプレッド)は、外貨預金だと往復2円とかある一方で、外貨MMFは0.5銭とか0・25銭で済んだりします。スプレッドが広いと、交換した瞬間に(円ベースでは)大きなマイナスを抱えてのスタートになるため、運用は不利です。

また、外貨MMFの本質は投資信託です。投資信託は、投資家が投資した財産は販売機関とは別に管理されることが法律で決まっているため、たとえ販売機関が倒れたとしても財産は保護されます。

なお、「財産が保護」とは損失を補填してくれる、という意味ではないです。販売機関が倒れても投資している口数は保護されている、という意味で、保護される金額はその時の時価によって変動します。

外貨MMFはどこで買えるの?

証券会社です。だいたいどの証券会社も、

  • 米ドル
  • カナダドル
  • 豪ドル
  • NZドル

あたりを扱っています。

オーソドックスな運用を望むなら米ドルを、リスクとリターンを高めるなら豪ドルやNZドルが候補になります。

たまにトルコリラや南アランドなどのMMFも売っていますが、これらは「利回りの割には為替が円高に進んで損をしやすい」というオチが付くので、積極利用は難しいです。

なお、2016年12月現在でユーロMMFは販売されていません。利回りが低くなりすぎたためで、日本円のMMFも同じ理由で販売停止が続いています。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • 外貨預金を利用するよりは外貨MMFがオススメ
  • 外貨MMFは証券会社で売買可能
  • オーソドックスな運用を望むなら米ドルを、リスクとリターンを高めるなら豪ドルやNZドルを

です。

なお、外貨MMFは銀行では扱っていませんので、一度証券会社のウェブサイトをチェックしてみてください。今ならだいたいどの証券会社でもネットを通じて売買できますよ!

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-外貨預金

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.