青森県投資信託ブロガーが作る、つみたてNISAとiDeCoの資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

ゆうちょ

ゆうちょ銀行で投資信託を買うなら何を買う?

投稿日:2017年1月2日 更新日:

東北各県にも共通して店舗を構えるのがゆうちょ銀行です。

ゆうちょ銀行でも投資信託を販売しています。

投資信託 | ゆうちょ銀行

ただ、その品揃えは必ずしも私たちにベストな組み合わせ・・・とは言いがたいので、購入には注意を要します。

「いつも使ってるから」とそのまま窓口に相談に行く前に、どんな商品を扱っているのかをチェックしておくことをオススメします。

[スポンサーリンク]

インターネット取引を利用すべし

ゆうちょ銀行の投資信託もインターネットを通じて売買できます。そちらのほうがより好条件で取引できるため、原則インターネットを通じて買ったほうが良いです。

インターネットを通じて買う際に選びたいのがeMAXISシリーズです。例えば、eMAXIS 先進国株式インデックスを買っておくと、世界分散投資するなら知っておきたいMSCIコクサイインデックスとは?で紹介するMSCIコクサイインデックスに追従する運用ができるため、これ一本での分散投資が可能になります。

もう少し安全性の高い商品を選ぶなら、eMAXIS 先進国債券インデックスとeMAXIS 国内債券インデックスを混ぜれば良いです。

極力高い安全性を追求するならeMAXIS 国内債券インデックスを選べば良いですが、それを選ぶよりなら個人向け国債のほうが良いかもしれません。

インターネット取引を利用しない場合

インターネット取引を利用しない場合には少し悩みます。というのも、ちょっと癖の強い投資信託ばかりが選択肢になるからです。

なかなか悩みますが、

  • JP4資産バランスファンド
  • 野村世界6資産分散投信

のいずれかを選びます。

どちらも分散投資されたバランスファンドですが、

  • JP4資産バランスファンドは日本比率が少し高すぎるのがネック
  • 野村世界6資産分散投信は買い付け時に手数料がかかるのがネック

だと筆者は感じます。よって個人的には、JP4資産バランスファンドにちょっと日興五大陸株式ファンドでも足そうかなと思います。

ゆうちょの投資信託は高齢者向け?

特にゆうちょ店頭で購入できる投資信託は、資産形成には向いていません。分配月が複数設定されたファンドが多いためです。

分配金を出す投資信託は、分配金を出すことで運用にまわせるお金が減ります。そのため、分配のたびに基準価額が下落し、伸び悩みます。

また、その分配頻度から見るに、ゆうちょの投資信託が高齢者への販売をターゲットにしていることを感じ取れます。あなたが資産を形成したいと考えているなら、ゆうちょではなく別の金融機関を通じて投資信託を買ったほうが良いです。

ゆうちょでの運用例

基本はインターネットを通じてeMAXIS 先進国株式インデックスあたりに積立投資するのが良いです。

ゆうちょ銀行では最低5,000円以上1,000円単位で投資信託の積み立てができます。

投資信託自動積立 | ゆうちょ銀行

分配金を設定しているJP4資産バランスファンドなどへの積み立ては非効率(積み立てたお金の一部が分配金として戻るため)ですが、eMAXIS 先進国株式インデックスのような分配金を出さない投資信託への積み立てなら、効率的に資産形成を図れます。

ボーナス時の追加投資や、期限をつけての積み立て設定も可能です。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • ゆうちょ銀行でのオススメはインターネットを利用したeMAXISシリーズへの投資
  • 窓口で販売する投資信託の多くは、高齢者に売ることを想定。現役世代の資産形成には向かない
  • 運用は積み立てで。毎月5,000円からOK

です。

eMAXISシリーズは買えるものの、ゆうちょ銀行で運用するよりネット証券を利用したほうがはるかにお得な運用ができると筆者は考えます。

特に「間違って」窓口で運用相談してしまうと、微妙な投資信託を掴まされて損をする可能性もあります。

窓口でニッセイの手数料無料シリーズとか売り出したら、投信販売の風向き変わると思うんですけどね。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-ゆうちょ
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.