青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

ゆうちょ 積立NISA(つみたてNISA)

ゆうちょ銀行での投資信託選び!「つみたてNISA」のおかげで良い商品が増えたよ!

投稿日:2017年1月2日 更新日:

ゆうちょ銀行ウェブサイト

私たちのみじかにある「ゆうちょ銀行」ですが、「資産運用するなら、担当者の顔が見えるゆうちょ銀行がいい」って考える方って結構多いんじゃないですか?

投資はネット証券を利用しましょう、と書くウェブサイトが多いのですが、ネット証券は「顔が見えない不安」がどうしても付きまといますよね。

さて、ゆうちょ銀行では、2018年からの「つみたてNISA」に対応したことで、最新のローコストな投資信託を購入できるようになりました(しかも窓口で!)

証券会社で株式などを購入しないのであれば、実はゆうちょ銀行でつみたてNISAをやるだけでも、将来(老後)に向けた供えは十分かもしれません。

詳しい商品などは以下をご覧ください。

投資信託 | ゆうちょ銀行

本記事では、ゆうちょ銀行で投資信託を買うなら、チェックして欲しい商品を中心に話題を展開します。

[スポンサーリンク]

ゆうちょ銀行はつみたてNISAを利用できます

ゆうちょ銀行では、「つみたてNISA」を利用できます。

つみたてNISAとは? | ゆうちょ銀行

特に明記はされていませんが、ウェブサイトを読む限りは、つみたてNISAの口座を開設してもしなくとも、つみたてNISA対象商品を購入できるものと読めます。

そのため、あなたが現在収入を得るサラリーマンや、その配偶者であるならば、できればつみたてNISA対象ファンドを購入し、毎月積み立てて運用することをオススメします。

一方、あなたがすでに年金生活に突入しているなら、つみたてNISA対象商品を選んでもメリットを生かしきれない可能性がありますので、個人向け国債などのローリスク商品を選びください。

ゆうちょ銀行につみたてNISA口座を開設するメリットはある?

SBI証券や楽天証券などのネット証券を使いたくないなら、メリットはあります。

  • つみたてNISAの申し込みについて、窓口で質問・相談できます
  • 一部を除き、つみたてNISA対象商品を窓口で購入できます

偏見承知で書くと、ゆうちょ銀行で投資信託を買いたい方の多くは、「窓口でアドバイスしてもらいながら、自分自身に合った、運用に成功できる商品を選びたい」という願望があるものと感じます。

ネット証券を使いたくない理由は、「相手の顔が見えないし、聞いたこと無い会社は不安だから」と。

というわけで、ゆうちょ銀行なら窓口で相談もできますし、つみたてNISA対象商品を選べば、手数料ぼったくり商品を選ぶ可能性もなくなります

以下はDIAMOND Onlineの記事から引用したもので、ゆうちょ銀行で扱う投資信託の手数料を勘案して、「つみたてNISA」対象商品以外に優れた商品はなかった、と評した記事です。

 筆者は、近所の郵便局に頼んで、ゆうちょ銀行の投資信託商品ラインアップをまとめたパンフレット「投資信託ますますわかるbook ずらり!ラインアップ編」を入手した。ちなみに、日本郵政グループ内で個人情報をやりとりしていいという念書にサインして、近隣のゆうちょ銀行の支店から郵送してもらった。

窓口・電話での取扱商品、インターネット注文もできる商品、インターネット注文限定の商品、そして「つみたてNISA」対象の商品が、20ページ強のパンフレットに並んでいる。

申し訳ないが、「つみたてNISA」対象の商品以外に、投資家の立場で「購入を検討してもよし」と言える商品はほぼなかった

出典:ゆうちょ銀行員は「つみたてNISA」に注力すれば銀行に勝てる | DIAMOND Online

ゆうちょ銀行のつみたてNISA対象商品

ゆうちょ銀行のつみたてNISA商品リスト

出典:商品を探す | ゆうちょ銀行

オススメ商品を挙げるとすれば、以下の2商品です。

オススメ商品1:JP4資産均等バランス

【つみたてNISA】JP4資産均等バランスってゆうちょ銀行で積み立てするなら便利だよ!

つみたてNISAを始める際に、 顔の見えないネット証券は使いたくない 店舗で相談しながら、つみたてNISAを始めたい といった需要ってあると思います。 もしあなたが、相談する店舗として「ゆうちょ銀行」 …

続きを見る

 

そのような、安心安全を求めたい方にとっては「JP4資産均等バランス」をオススメします。

JP4資産均等バランスは、商品のバランスが良く、リスクを抑えた運用を期待できる商品です。

名前の似ている「JP4資産バランスファンド(安定コース/安定成長コース/成長コース)【愛称:ゆうバランス】」と間違えないでください

オススメ商品2:つみたて先進国株式

投資ブロガーのように、積極的に資産形成を目指すならば、「つみたて先進国株式」をオススメします。

つみたて先進国株式は日本を除く先進国株式に投資できる商品で、eMAXIS slim 先進国株式インデックスニッセイ外国株式インデックスファンドなど、投資に詳しいブロガーらに人気のファンドとほぼ同じ成績を享受できる商品です。

ハイリスクハイリターンな商品ですので、損失を抱えても耐えられる投資家向けです。

つみたてNISA対象外のファンドから選ぶ場合

以下は、どうしてもつみたてNISA対象外から選びたいときのオススメ商品です。

つみたてNISA対象外ファンドの多くは、現在働いているあなたが将来に備えるための商品としては不向きです。

分配金を出すものが多く、時間をかけた積み立て運用には適さないためです。

そのため、基本はつみたてNISA対象商品から購入したほうが良いです(ゆうちょ銀行につみたてNISA口座を開かないとしても)。

良い投資信託を買うために、インターネット取引を利用すべし

ゆうちょ銀行の投資信託もインターネットを通じて売買できます

そちらのほうがより好条件で取引できるため、原則インターネットを通じて買ったほうが良いです。

インターネットを通じて買う際に選びたいのがeMAXISシリーズです。

eMAXIS 公式サイト

例えば、eMAXIS 先進国株式インデックスを買っておくと、世界分散投資するなら知っておきたいMSCIコクサイインデックスとは?で紹介するMSCIコクサイインデックスに追従する運用ができるため、これ一本での株式への分散投資が可能になります。

もう少し安全性の高い商品を選ぶなら、eMAXIS 先進国債券インデックスeMAXIS 国内債券インデックスを混ぜれば良いです。

極力高い安全性を追求するならeMAXIS 国内債券インデックスを選べば良いですが、それを選ぶよりなら個人向け国債のほうが良いかもしれません。

インターネット取引を利用しない場合

インターネット取引を利用しない場合には少し悩みます。というのも、ちょっと癖の強い投資信託ばかりが選択肢になるからです。

なかなか悩みますが、

  • JP4資産バランスファンド
  • 野村世界6資産分散投信

のいずれかを選びます。

どちらも分散投資されたバランスファンドですが、

  • JP4資産バランスファンドは日本比率が少し高すぎるのがネック
  • 野村世界6資産分散投信は買い付け時に手数料がかかるのがネック

とデメリットもあります。

ゆうちょでの運用例

現在働いているあなたが将来に備えて運用を行うならば、つみたてNISA対象商品に積立投資するのが良いです。

ゆうちょ銀行では毎月積み立てて投資信託を購入できます

  • 電話・窓口申し込みの場合、最低5,000円以上1,000円単位
  • インターネット申し込みの場合、最低1,000円以上1,000円単位

出典:投資信託自動積立 | ゆうちょ銀行

例えば、現在40歳で、引退する65歳までの25年間運用を続けたら、まとまった利益を得られると思います。

詳しくは「JP4資産均等バランス」などの試算例をご覧ください。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • ゆうちょ銀行でのオススメは、つみたてNISA対象商品(特に「JP4資産均等バランス」や「つみたて先進国株式」など)。もしくはインターネット取引を利用したeMAXISシリーズへの投資
  • つみたてNISA対象外商品から投資信託を選ぶ場合には注意。現役世代が老後に備えるための運用には向いていない商品が多い
  • 将来(老後)に備えた運用は積み立てで考えよう。窓口申し込みなら毎月5,000円から、インターネット申し込みなら毎月1,000円から

つみたてNISAスタート前はダメ商品が多い印象でしたが、つみたてNISA対象商品が増えたことで選んでもよい投資信託が増えました。

これからゆうちょ銀行を利用するなら、つみたてNISA対象商品を軸に、商品選びを行いましょう。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年10月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-ゆうちょ, 積立NISA(つみたてNISA)
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.