青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

初めての資産運用

資産形成ってどうやってる?

投稿日:2017年1月27日 更新日:

日本では投資経験者が少なかったり、お金の話を周囲に話すのがはばかられたりして、他人がどんな方法で資産形成を図っているのかがわからないことが多いです。

そこでこの記事では筆者の運用方法を紹介したいです。

といっても、あまり合理性のない運用をしていますが。

[スポンサーリンク]

主な投資先は投資信託

筆者の主な投資先は投資信託です。投資信託の積立を行い、資産形成を図っています。

投資信託はさまざまな運用機関があります。例えばアセットマネジメントOneだったり三菱UFJ国際投信だったり。その多くは銀行や証券会社のグループ企業で、おもに系列の金融機関で商品を販売しています。

あまりこだわりはありませんが、筆者がよく買う投資信託は三井住友系の投資信託が多いです。

現在筆者がメインで運用しているのは三井住友アセットマネジメントのDC全海外株式インデックスファンドです。日本を除く先進国と新興国に投資を行う投資信託で、確定拠出年金での利用も前提に運用されています(ファンド名の「DC」がそれを表します)。

あと、簡単に投資先を選ぶ方法 -5つの選択肢に答えてeMAXIS最適化バランスを選ぶ!-で紹介した最適化バランス マイディフェンダーも買ってますが、こちらは本サイトでおすすめしている手前もあって買っている、といったところです。

これらに毎月定額での積立を行っています。直近では月額1〜2万円程度積んでいますが、これは余剰資金の額に応じて定期的に見直しています。

確定拠出年金も

確定拠出年金も始めました。でもこちらの運用方針はまだ決めていないため、全額定期預金に積んでいます。

確定拠出年金は、全額所得税控除が適用されるため、企業年金などに加入していない場合には利用価値が大です。特にあなたが中小企業勤務だったり、フリーランスやフリーターで国民年金にしか加入していないなら必ず役立ちます。

最終的には確定拠出年金以外の資産と合わせて商品を選ぶつもりです。が、上述のDC全海外株式インデックスファンドだけで世界株式を押さえているので、「バランスをとる」みたいなことは不要です。よって、確定拠出年金でも似たような商品を買ってると思います。

NISAは優待銘柄用

さて、ここからはおまけです。

筆者はNISA口座も利用しています。こちらでは配当金や優待目当ての銘柄を買い込んでることが多いです。

まだ買っていませんが、アークス株とかは押さえておきたいです。ほかにもママックスバリュ東北株も買いたいところですが、こちらは配当金が出ていないのでNISAで買う必要はないですね。

良い運用方法ではありませんが、個別株は完全に「買いたいから買う」でやっています。この方法はおすすめできません。

あとは勉強用に

あとは勉強用でいろいろ買ってます。

仮想通貨は時代の流れにのって買ってみました。が、東北地方でビットコイン使えるお店とかあるんでしょうか。

これ以外にも純金積立とかもやりたいと思っています。本丸は先に述べた投資信託ですが、経験があるのとないのではいろいろ説得力が違います。

初めてなら投資信託を買え

筆者は、あなたが初めての投資なら投資信託を買うことをおすすめします。1万円で買えますし、運用の手間もかからないからです(関連して自分にあった投資とはどんな投資か)。

商品選びはちょっと難しいです。すべての投資信託が優れた資産形成向きの商品とは限らないからです。

本サイトであげている商品ならeMAXISの最適化バランスとか8資産均等とかは資産形成向きです。

これらは銀行のインターネット窓口でも買える場合がある(資産運用銀行ランキング)ので、証券会社の利用が怖くても選べますよね。

関連して「投資信託の積み立てやってる人」って私のことを呼びましたか?も。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年10月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての資産運用

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.