青森県の投資信託ブロガーが作る資産形成ガイド。つみたてNISA対応

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

忍者ボタン

初めての資産運用

資産運用はいくらから始めるべき?

投稿日:2017年2月7日 更新日:

この質問には2つの答えがあります。

  • お金が貯まるまでやらない。例えば1000万円たまったら始める
  • 今すぐやる。今1万円あるならその1万円で始める

です。

どちらの言い分も理解できますが、筆者は後者の「今すぐやる」をおすすめしたいと思います。

[スポンサーリンク]

運用はお金が貯まってから?それとも今すぐ?

お金が貯まってからやるべき理由

運用するお金が少ないとリターンも少ないからです。言い換えると、わずかなリターンのために運用に費やす時間がもったいないという考え方です。

たしかにこれも納得できる理由です。例えば、1000万円の1%は10万円ですが1万円の1%は100円です。同じ時間で同じ利回りを得るなら、前者のほうが効率的です。

今すぐやるべき理由

大金を貯めるためには時間がかかるからです。

例えば、毎年100万円を貯金したとしても、1000万円を貯めるには10年必要です。もし、この10年間運用し続けていたら、運用益以上に10年間という経験が身につくはずです。

どちらが良いか

冒頭でも述べたように、筆者は後者の「今すぐやる」をおすすめします。

資産運用のよくある失敗談に、右も左も分からない高齢者が自身の退職金をかけて市場に挑む話があります。ですが、多くのケースで市場(もしくは金融機関)のカモになってしまい、最終的に大衆週刊誌を賑わせる結果となります。

大金を持っていても、投資経験が無いと簡単にお金をなくしてしまう可能性があるのです。

また、基本的に資産運用は長期投資が有利です。

例えば金融庁がまとめた「平成27事務年度 金融レポート」によると、「20年の長期投資で投資収益率はプラスに収斂した」とのモデルが示されています。少ない金額でも長期にわたって積立投資し続ければ、累積の金額は結構な額になりますし、資産運用はうまくいく可能性が高いのです。

必ずしもデイトレ的に忙しく株を売り買いするだけが資産運用ではないのです。

いくらあったら始めればよいか

500円以上です。これは投資信託を最も安価に積立できる金額です。

あまりに少額の投資だと金融機関を利用するのがはばかられることもあるようです。

「投資額が少ないためまともに取り扱ってくれない」との感情が働きますよね。

しかし、そこはもっとスマートに取引するのが現在風です。

そう、パソコンやスマホを使って取引するのです。これなら金融機関窓口を訪ねる必要がありません。

何に投資すればよい?

ただ、「金融機関窓口を訪ねる必要がない」ことに不安を感じる向きもあります。「何を買えばよいかアドバイスが無いことは不安だ」という話です。

あなたも似たような不安を抱えていないでしょうか。

いくつか方策はありますが、例えば簡単に投資先を選ぶ方法 -5つの選択肢に答えてeMAXIS最適化バランスを選ぶ!-で紹介した最適化バランスでも良いと思います。

先の金融庁の事例は、「国内外の株式・債券に分散投資」した商品を30年間保有したケースを想定しています。最適化バランスも国内外の株式・債券に分散投資した商品です。また、定番的な商品に世界経済インデックスファンドやeMAXIS 8資産均等型などもあります。

これらの商品のうち、証券会社で取り扱いがあるものを選べば良いです。

どこで投資すればよい?

ネット証券です。

詳しくはネット証券で資産運用をご覧になってください。

例えばネット証券最大手のSBI証券なら、ここに挙げた投資信託は全て選択できます。過去の実績に基づくと、eMAXIS 8資産均等型がおすすめかなーと思います。世界経済インデックスファンドはリターンに対して少々時価の触れ幅が高いためです。

SBI証券をはじめとするネット証券なら500円~1,000円で投資信託の積み立ても利用できます。この金額なら「資産運用はいくらから」と悩む必要はないはずです。

株を買いたいけど?

あなたの資産運用が株取引のことを指すなら、株はいくらから購入できる?をご覧になってください。

株式もいくつかの少額投資制度を利用して、1万円未満で開始できます。ただ株主優待が欲しいなら5万円か10万円程度の予算があったほうが良いです。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • お金が貯まっていなくても資産運用を始めたほうが良い
  • 投資額が少なくとも気にする必要は無い。スマホやパソコンで取引できる
  • 資産運用 = 株主優待なら5万円か10万円程度あったほうが良い

です。

個人的には投資信託の積み立てで資産運用をはじめ、ボーナスなどの収入があったらそれで株式を買うのが良いと思います。そうやって時間をかけて投資額を増やして行くのが、おそらく正しい資産運用のやり方なのだと思います。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての資産運用
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.