青森県投資信託ブロガーが作る、つみたてNISAとiDeCoの資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

株主優待と配当金

マックスバリュ東北(2655)の株価に注目!初心者でも買いやすい銘柄

投稿日:2017年3月12日 更新日:

マックスバリュ東北の株の購入方法と株主優待取得方法で紹介したマックスバリュ東北は、実は投資初心者でも買いやすい銘柄の1つです。

マックスバリュ東北(2655)の株式を買う方法と株主優待を紹介

東北地方の主要スーパーの系列であるマックスバリュ東北株(証券コード:2655)の買い方と株主優待を紹介。 イオン(証券コード:8267)の株式とあわせて保有すると、2つの株主優待を合わせて利用できるの …

続きを見る

  • 株価は10万円ちょっと
  • 値動きに規則性のある株価

この銘柄は個人投資家の取引が主体なので、その投資家の裏をかくことで利益を見込みやすいのです。

[スポンサーリンク]

株価は10万円ちょっと

マックスバリュ東北の株価は10万円ちょっとです。2017年3月12日現在の株価では1株1198円。売買単位である単元は100株ですから、約12万円の投資で購入できる銘柄です。

過去数年は経営が赤字だったため、配当金の実績はありません。その代わり、株主優待として割引券をもらえます。

マックスバリュ系列の他企業が配当金を出していることを考えると、同社も将来的には配当金を設定する可能性はあると思います(利益剰余金がマイナスなので、しばらくは無理でしょうが・・・)。

優待の話はマックスバリュ東北の株の購入方法と株主優待取得方法に書いているので、本題は株価の話です。

値動きに規則性のある株価

東証二部に上場するマックスバリュ東北は、その売買主体が個人投資家です。大口の株主は親会社であるイオンと他の金融機関で、いずれも長期保有等を目的とした保有です。いわゆる機関投資家が、企業の業績などを見て買ったり売ったりすることがない銘柄です。

つまり、マックスバリュ東北株を買いたい投資家はその大半が株主優待目的です。

さて、株主優待目的で買う個人投資家は、しばしば非合理的な取引を行います。例えば、株主優待の権利を獲得する権利確定日に株を買い、翌日の権利落ち日に株を売る、という取引です。

この取引が非合理的な理由は、みんな同じ事を考えるからです。つまり、権利確定日には株価が上がりやすく、翌日の権利落ちで「窓を開ける」ほどに株価が下落するのです。

実際に、2017年2月の権利確定日~権利落ち日の株価は、1株1340円まで上昇したあと、翌日1220円まで下落しました。売買単位で考えると12,000円の損失です。株主優待が5000円割引券であることを考えると、7000円のマイナスです。

そこで、私たちは彼らの裏をかくのです。

3月に買って2月に売れ

マックスバリュ東北の株価が最も高くなるのは1~2月になることが多いです。

一方、なんとかショックみたいな影響を除くと、最も低くなるのは3月から6月ごろです。

7月頃から株価はじりじりと上昇し始め、年を越えた後にピークを迎えます。日経平均株価など外部要因の影響も受けますが、あまり連動性は無いように見えます。

つまり、

  • 株主優待が欲しいなら3月に買って次の2月に備える
  • 現金が欲しいなら3月に買って2月に売る

ことで、利益を見込みやすくなります。

両方欲しい場合には3月に200株買い、2月に100株だけ手放します。そして権利落ちを迎えたら、また100株だけ買うのです。

投資上のリスク

外部要因が良ければ、これで利益を見込めます。が、何か外部要因で悪いニュースがあると3月よりも株価が下がってしまい、損をする可能性があります。

例えば、2016年6月のブレグジット(イギリスのEU離脱国民投票選挙)では、1株1100円程度だった株価が1株1000円まで値下がりしてしまいました。この時にはすぐに1100円に戻したものの、動向次第では戻さなかった可能性もゼロではありません。

この手のニュースは年に1回ぐらいはあるため、その時に株を売却するか持ち続けるかは慎重に判断する必要があります。

また、将来の業績や優待内容の変更などによって、ここで紹介した事柄とは異なる値動きを示す可能性があります。この規則性は必ずしも将来の値動きを約束するものではありませんので、取引は自己判断にて行うようになさってください。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • マックスバリュ東北株の売買主体は個人投資家
  • 株価は2月に最も高くなりやすいく、3月に低くなりやすい
  • 3月に株を買って2月の権利確定前に売れば、何事もなければ利益を見込みやすい

です。

個人投資家の売買動向は変わらないでしょうが、外的環境の動向にはご注意ください。なんとかショックみたいなことがあれば売られやすくなります。

ちなみに信用売りはできないようです。ので、現物買いと信用売りを組み合わせたクロス取引はできません。

3月に買ったら翌2月まで我慢です。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-株主優待と配当金
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.