青森県投資信託ブロガーが作る、つみたてNISAとiDeCoの資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

宮城県の金融機関

宮城県で資産運用するならどの証券会社を選ぶ?

投稿日:2017年3月29日 更新日:

東北地方で最も人口が多い宮城県は、銀行や証券会社の選択肢も豊富。それだけ柔軟な資産運用を目指せるのが魅力です。

個人的にはあなたが宮城県のどこに住んでいようが、インターネット専業のネット証券で資産運用するのがベストだと思っています

商品の選択性や手数料、利便性で既存の証券会社を上回るからです。

しかし、どうしても「窓口で相談したい」という需要や、そもそも対面で話すことが大切だと考える向きもあります。

あなたがそう考えるなら、窓口のある証券会社を選んでみてはいかがでしょうか。

[スポンサーリンク]

そもそもどんな証券会社があるの?

わたしの街の証券会社 | 日本証券業協会

で検索すると出てきます。

いっぱいありますね。

山形證券を除くと、

  • 窓口からもインターネットからも口座開設を申し込めます
  • 窓口から株や投資信託を買うコースと、インターネットから株や投資信託を買うコースを選べます

といった特徴があります。

通常、インターネットから株や投資信託を買うコースを選ぶと、証券会社のコンサルティングサービス(担当者がつくサービス)は受けられません。

その代わり、窓口から株や投資信託を買うよりも安価な手数料で取引できるようになります。

一方、窓口から株や投資信託を買うコースを選ぶと、証券会社のコンサルティングサービス(担当者がつくサービス)が受けられます。

その代わり、インターネットから取引する場合を含めて、取引手数料が高額になりがちです。

あなたが、

  • 昼間働いていて
  • まとまって運用できるお金がない(数十万や100~200万円の運用)

なら、コンサルなしでインターネットから取引するコースを選ぶのが良いです。

そもそも窓口の営業時間は平日の昼間に限られるため、私たちが利用することは難しいからです(プレミアムフライデーならできる・・・かも?)。

なお、このコースは相互に変更できることも多いです。

「やっぱり窓口で相談したい」と考えるなら、後々変更してみるのも良いと思います。

ついでに銀行も紹介

また、これに加えて銀行で投資信託を買うことも可能です。

どの証券会社を選ぶのが良いか

一概には言えません。

あなたが

  • 株を買いたいのか
  • 投資信託を買いたいのか
  • 投資相談をしたいのか

で、見るべき点は変わってきます。

株を買いたい場合

SMBC日興証券や野村證券のインターネット取引が良いです。いずれもパソコンやスマホから利用できます(SMBC日興証券のおすすめポイント)。

この2つの証券会社は取引手数料体系がネット証券のそれに似ています。

野村證券は分かりませんが、SMBC日興証券はインターネット取引コース(ダイレクトコース)と、コンサルティングを受けられるコース(総合コース)の相互切り替えが可能であることを明示しています。

最初にダイレクトコースで株を買ってみたけど、「やっぱよくわからんよ」って時には総合コースに切り替えて、窓口に行くのが良いです。

投資信託を買いたい場合

SMBC日興証券のダイレクトコースにてたわらノーロードシリーズを選択できます。

たわらノーロードシリーズはニッセイの手数料なしシリーズや、大和投信のiFreeシリーズとライバル関係にある、低コストのインデックス投信です。

この投資信託に積立投資するのが2017年4月現在の鉄板です。

これ以外の投資信託を選びたい場合には、先に買いたい投資信託を選んでから証券会社をお選びください

株式と異なり、投資信託は証券会社ごとに取り扱い状況が異なるため、A証券では売っているが、B証券では売ってないケースもあります。

そのため、最初にどんな投資信託に投資したいかを考えるのです。

よくわからなければ、上述のたわらノーロードシリーズがオススメですよ!(筆者も持ってます)

入金方法

インターネット取引の場合、

  • 野村證券・・・銀行振込・即時入金
  • SMBC日興証券・・・銀行振込・即時入金・ATMカードなど

と、SMBC日興証券のほうが利便性に優れます。

ATMカードは銀行ATMで利用できるキャッシュカードです。

公共料金の引き落としはできませんが、普段は生活費の口座みたいな感じで使えますよ!

七十七証券に期待?

七十七証券は2017年4月オープンを目指している、宮城県に本社を持つ証券会社です。その名の通り、親会社は七十七銀行です。

<七十七証券>4月5日から本格営業 | 河北新聞(リンク切れ)

顧客は銀行支店からの紹介が中心となる見込み。商品は株式や外国債券、投資信託が柱で、本社に2カ所設けた相談スペースでの応対や直接訪問などで販売する。

この記述を見る限り、昼間働いている私たちはちょっと使うタイミングがないかもしれませんね。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • 宮城(仙台)は窓口のある証券会社の出店が多い
  • 株を買うなら野村證券やSMBC日興証券。投資信託を買うならSMBC日興証券
  • 七十七証券は今働いている人にはちょっと不向き

です。

窓口での相談は、担当者の実力に依存するため、ここで評価することはできません。

現在はインターネット上にもたくさん情報がありますから、窓口で相談せずとも投資できる環境は整っています。

ネット取引の条件で優れているのが野村證券やSMBC日興証券です。

いずれかに口座開設をしてみて、「やっぱり相談したいなぁ」と感じたら担当者制に切り替えてもらうのが良いと思います。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-宮城県の金融機関

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.