青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

不動産

不動産投資と株式投資はどっちが良いのか

投稿日:2017年3月5日 更新日:

不動産投資と株式投資の違いに基づき、どちらが投資先として優れているか紹介します。

とはいえ、両者はそれぞれに利点があるため、単純にどちらが優秀とは言えません。ただし、両者のデメリットを見ることで、どちらが初心者向きかを考えることはできます。

筆者は株式投資がオススメです。あなたが将来的に不動産投資を始めるにしても、最初は株などを通じて「投資してリターンを得る」感覚を養うのが良いと思います。

この感覚を持たずにサラリーマン気分で投資を始めてしまうのは一番危ないです。

[スポンサーリンク]

筆者が株式投資をオススメする理由

いつでも売買できる

株式と不動産投資の大きな相違点は、売却したいときにいつでも売却できるかです。

株式は、原則市場が開いていればいつでも売却できます。たまにストップ高やストップ安のように相場が成立しないケースなどもありますが、日常的な流動性は高いのが特徴です。

言い換えると、あなたの収入が減ったり借金を抱えたりして、現金が必要になった時に現金化しやすいのが株式、というわけです。

一方で、不動産投資では一度物件を買ってしまうと、次の買い手が現れるまで売れません。つまり流動性が低いのです。

不動産投資は経費がゼロってことはありえないので、保有している限りは出て行くお金があります。現金化できないし、出費は減らないしと大変です。

借金不要で取引できる

株式には現物取引と信用取引があります。後者は取引に失敗すると借金が残る可能性があります。が、日常的には現物取り引きを利用すれば良いので、基本借金の可能性は少ないと思っていただいて大丈夫です。

一方、不動産投資の多くは頭金を入れた不動産投資ローンや住宅ローンを利用します。このローンが曲者です。

不動産投資会社は、不動産投資のことをローリスクロングリターンとか、ミドルリスクミドルリターンとか言います。が、あれは嘘っぱちだと筆者は考えます。お金借りて運用している時点でFXや先物取引と似たようなことをやっているのですから。

初心者が不動産投資を始めるために

筆者は以下の2つのパターンが良いと思います。

資産形成初心者が不動産投資を志すのはやめた方が良いで述べたとおり、いきなり不動産投資を志すのはオススメできません。

no image
資産形成初心者が不動産投資を志すのはやめた方が良い

「資産形成、何を始めればいいんだろう」ってネットを検索すると、様々なウェブサイトが出てきます。 不動産投資を始めよう 投資信託を始めよう 純金投資を始めよう いっぱいありすぎて、迷ってしまいますよね。 …

続きを見る

株式から始める

不動産も株式も、先に現金を投じてあとからリターンを回収する仕組みになっています。運用する媒体は違うものの、考え方は一緒です。

すなわち、株式などの投資経験は不動産投資にも応用できます。だから、先に始めやすいものから始めて、だんだんグレードアップしていくという考え方です。

少額から始める

100万円から不動産投資を始めたいで紹介した中古のワンルームマンションなど、少額で開始できるものから始めることです。

ローンさえ借りなければ割となんとかなりますから、キャッシュだけで投資を試してみるのです。

一番ダメなパターン

一番ダメなパターンは会社員をやってお金を稼いだ人が何も考えずにローンを使ってアパートを建ててしまうケースです。

この話がダメな理由には以下があります。

  • 「リスクをとってリターンを得る」という感覚がない
  • 誰かに相談すれば良いと思っている

会社員は、他人(上司)から言われたことをそのままやっていればお金になる、という感覚で生きています。自発的に勝手に行動するのはNGですし、困ったら報連相です。

しかし、この感覚は株式市場や不動産市場においてはネガティブです。いずれの市場も正しくリスクをとった人が勝者になれる仕組みで、しかもそのリスクのとり方は誰も教えてくれないからです。

また、あなたが相談できる人が、なぜあなたの利益を考慮してくれるのでしょうか。もし筆者が相談を受けたらら、いかにあなたから儲けるかって考えます。

退職した高齢者の投資失敗談が豊富なのは、このあたりをしっかり考えずに大金を投資してしまうためです。彼らは会社では活躍したのでしょうが、市場では鴨にしかなりませんでした。

あなたはこの最悪のパターンを避けねばいけません。だから、だんだんなれていくのが良いと筆者は考えます。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • より手軽なのは株式投資。不動産投資は流動性の観点でネガティブ
  • 不動産投資を始めるなら、最初は株式を経験したり、少額から始めたりすること
  • サラリーマンの感覚で始めるのは危険

です。

なお、筆者は株から始めて、不動産も始めようとしている口です。

少額から始めれば、少しずつレベルアップしていけると思いますが、いかがでしょうか。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-不動産

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.