青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

初めての資産運用

投資で損をする不安を克服するためにはどうすればよいか

投稿日:2017年4月1日 更新日:

損をするのが怖くて投資できない」という悩みは皆が抱く悩みです。

あなたも投資には興味があれど、損失への不安が強くと動けないのではないでしょうか。

この不安は、実際に投資の世界に継続的に身をおくことで、少しずつ慣らしていくことができます

よく自己啓発本なんかで「お金の器を広げよう」とよく言われますよね。

個人的に、この「お金の器」とはお金に対して感情的にならず、理性で判断して運用できる額のことだと思っています。

[スポンサーリンク]

不安を克服するためには損失に「慣れる」

慣れるのが一番だと思います。

取って置きの秘策みたいなものはありません。

そもそも私たちは、損失が出るかもしれない事柄に投資を行い、リターンを得るという行為に不慣れです。これは単に投資に限らず、会社運営なんかでもよく言われます。

これはおそらく、小さい頃から「努力すれば報われる、頑張ればお金が稼げる」といった予定調和な価値観の中で生きてきたからだと筆者は感じます。

そのため、最初は失敗しても良いので、投資行為に慣れるのが最善です。

どの程度の損まで耐えられるかはあなた次第

損失が出たとき、どの程度の損失まで耐えられるかはあなた次第です。

頭の中ではいろいろ考えていたとしても、実際証券口座のマイナスを見て絶句することもよくある話です。

重要な点として、この経験は実際に体験してみなければわかりません

その一方で、何%までの損失は許容できるのか、許容できずに狼狽してしまうのかを知ることは大切です。

それを知っていれば、無茶な投資を自分で回避することができるからです。

かつて筆者が投資を始めたときは、1日2万円の損失で狼狽したことがありました

初めての投資なら、1万円を超えてくると精神的に堪える損失かもしれませんね。

損失に慣れるため

最初は少額で始めることです。

例えば、

  • 10万円を運用して10%の損失を被ったら、1万円の損です。
  • 100万円を運用して、同じく10%の損失を被ったら、それは10万円の損です。

損失額は10倍違いますが、パーセントで見れば損失の程度は同じです。

言い換えると、資産運用では、運用額が大きくなると、必然的に利益も損失も額が大きくなります

なので、「数百万円たまったから投資を始めます」といった運用では、わずか数%の損失で大金を失う可能性があるのです。

だからこそ少額で始めるべきだと筆者は思うのです。

なお、かつて2万円で狼狽していた筆者も、現在は慣れっこです。

どうせ、待ってれば戻るだろ」と思えるんですよね。

経験を積んできたことで、不安に感じることもなくなってきました。

なるべく損を出しにくい商品を選ぶのもOK

私たちは「資産運用 = 株」みたいなイメージを持っています。

そのため、未経験なのに大金を持って株式市場に参入し、短期間で大損して撤退なんて失敗もやり勝ちです。

しかし、資産運用で選択できる商品は株式以外にもあります

例えば、個人向け国債なんかはその1つです。

損失に対する不安・恐怖が強すぎるなら、損をする可能性が低いものを選ぶのも1つの手です。

投資信託の定番である「ニッセイ国内債券インデックスファンド」を1万円分購入し、この値動きにどう感じるか、ってところから始めるのも良いと思います。

目指すべきところ

お金を、例えばゲームのスコアのように感じるところ。

つまり、お金に対して何か特別な感情を持たないことです。

そもそもお金は使ったときに効果を発揮します。ただ、貯めておくだけでは意味がありません。

それでも、私たちがお金を蓄えてしまう理由は、

私たちはそもそもお金に執着心がある(お金そのものが好きである)

といった理由があります。

手に入れたものを手放したくないんです。だから貯金として現金の形で取っておこうとするのです。

投資を始めればすぐに気がつきます。私たちがお金に特別な感情を持っていると。

この感情に気づくと、あなたの人生はおそらく変わります

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • あなたが投資の損失に慣れるためには、実際に経験を積むのが一番
  • 投資の損益はパーセント。運用額を小さくすれば損失額も小さく始められる
  • 私たちが投資に抵抗を感じるのはお金を手放したくないから

です。

困ったことに、お金に執着し、わずかな損失をも許容できず、投資活動に拒否感を感じる人ほど、お金が増やしにくい人生を歩むことになります。

初めての投資で少し損失を出すかもしれませんが、経験を積めば少しずつ不安も克服できますよ。

関連記事

インデックス投資で失敗する前に知っておきたいこと

よく、資産形成はインデックスファンドを利用した「インデックス投資」が良いと言われます。 筆者もそうだと思いますし、実際にインデックスファンドを利用した積立投資も実行しています。 が、インデックス投資に …

続きを見る

no image
「損失回避人間」の資産運用

投資や資産運用を始めてみたいけれども、「損をしたらどうしよう」「失敗したらどうしよう」という感情が強すぎて、運用に取り組めない場合があります。 この反応は「損失回避性」と呼ばれ、程度の差はあれど、私た …

続きを見る

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての資産運用
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.