青森県投資信託ブロガーが作る、つみたてNISAとiDeCoの資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

インデックス投資

誰でもできるインデックス投資の始め方

投稿日:2017年4月1日 更新日:


あなたがこれから資産形成を始めるなら、適当に株式やビットコインなどを買うのも良いのですが、「インデックス投資」で堅実的な資産形成に取り組めることも是非知ってほしいです。

インデックス投資とは市場平均(例えば日経平均株価などの指数)と同じ成績を享受することを目指す投資方法で、投資経験ゼロから資産形成を志すあなたには知っておいて欲しい投資方法です。

インデックス投資を実現するには、証券会社を通じてインデックスファンドと呼ばれる投資信託を購入します

日中、忙しく株を売り買いする必要はありません。

以下ではインデックス投資と対比される「アクティブ投資」も例に挙げながら、インデックス投資の特徴やメリットを紹介します。

[スポンサーリンク]

インデックス投資とアクティブ投資の違い

アクティブ
投資
インデックス
投資
運用方針 市場平均以上を目指す 市場平均と同値を目指す
実現方法 アクティブファンド
(投資信託)を買う
インデックスファンド
(投資信託・ETF)を買う
メリット 大きく儲かる可能性 運用コストを低く抑えやすい
デメリット 運用コストがかさみやすい
常に市場平均を超えるとは限らない
大きな利益はつかみにくい
利益も損失も全て市場平均
つみたてNISA
対象商品
少ない 多い

インデックス投資とは市場平均リターンを目指す投資

インデックス投資とは市場平均リターンと同じリターンを目指す投資。

ここで言う市場平均とは、日経平均株価やTOPIXなどの指数(インデックス)と同じ成績になることで、例えば市場平均が年1%のリターンなら、インデックス投資も年1%のリターンを目指します

この1%のリターンから外れすぎるほどダメな投資です。

例えば、市場平均1%に対し、インデックス投資で1.5%のリターンを出したとしても、それは市場平均から外れているため良くないです。

インデックス投資を実現する代表的な銘柄

非上場の投資信託の場合(インデックス投信の場合)、名前に「インデックス」の名が付いていることが多いです。

【つみたてNISA】ニッセイ外国株式インデックスファンドの評価と比較。20年後の予想成績も紹介

投信ブロガーがこぞって買う投資信託と言えば「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」 先進国株価指数の1つである「MSCIコクサイインデックス」に連動し、SBI証券や楽天証券のラ …

続きを見る

一方、ETFは、日本市場に上場するETFは全てインデックス運用で、アメリカ市場に上場するETFにはインデックス運用とアクティブ運用のものが混ざっています。

つみたてNISA対象商品はほとんどインデックスファンド

2018年から始まったつみたてNISAで選べる銘柄の大半は、インデックス運用を行う非上場のインデックスファンドです。

アクティブ投資とは市場平均リターン以上を目指す投資

アクティブ投資とは、市場平均を上回るリターンを目指す投資です。

例えば市場平均が年1%のリターンなら、アクティブ投資は年1%以上のリターンを目指します

もし、市場平均が年1%に対し、アクティブ投資で0.9%のリターンしかえられなかったら投資失敗です。

これだと「じゃあアクティブ投資がいいじゃん」と考えがちですが、ここには問題がありますので後述します。

アクティブ投資を実現する代表的な銘柄

  • ひふみプラス
  • コモンズ30ファンド
  • その他、毎月分配型ファンドなど
【つみたてNISA】ひふみプラスがすごい売れてる3つの理由。非課税の恩恵を使って将来に備えよう!

「ひふみプラス」 この投資信託を好きな方も多いですよね。 「ひふみプラス」は2018年から始まった「つみたてNISA」対象投資信託の1つで、圧倒的な人気を誇っています。 もしあなたが「ひふみプラス」に …

続きを見る

つみたてNISA対象のアクティブファンドは少ない

つみたてNISAに対応したアクティブファンドはほとんど限られ、アクティブらしい商品はひふみプラスやコモンズ30ファンドに限られます

そのため、商品の選択肢が少ないのでは?(= つみたてNISAのデメリットなのでは)と考える方もいらっしゃいます。

インデックス投資を実現する方法

インデックスに連動する投資信託やETF(上場投資信託)を購入することで実現できます。

例えば、

  • 上場インデックスファンド225 (証券コード:1330。これはETF)
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド(これは投資信託)

など、インデックスの名前がついている商品を買うだけ良いです。

インデックス投資が推奨される理由

インデックス投資は特に20~30代がこれから資産を形成しようとしたときに推奨されやすい投資方法です。

インデックス投資のメリット

  • 運用に余計なコストがかからない
  • 分散投資の効果を享受しやすい
  • 運用成績が運用者の手腕に依存しない

要するに、お得に運用できて、誰でも一定の成績を享受できるのが魅力だと言えます。

インデックス投資のデメリット

その代わり、市場平均以上のリターンは得られないため、利益の一部は捨てざるをえないのがデメリットです。

また、相場が下落するときもあるように、一時的に損失を抱えることもよくある話です。

インデックス投資で失敗する前に知っておきたいこと

Photo by ぱくたそ よく、資産形成はインデックスファンドを利用した「インデックス投資」が良いと言われます。 筆者もそうだと思いますし、実際にインデックスファンドを利用した積立投資も実行していま …

続きを見る

投資初心者にオススメではあるのですが、常に儲かり続けるわけではない点には留意する必要があります。

利益も損失も全て市場平均を目指すのが、正しいインデックス投資の姿です。

アクティブ投資が推奨されない理由

アクティブファンドが成功し続けるのは難しい

アクティブ投資で成功する(= 市場平均を上回る)のは結構大変です。

アクティブファンドを名乗る投資信託はたくさんありますが、実際に市場平均を上回る投資信託は限られるからです。

しかも、仮に平均を超えたとしても、長期間安定的に市場平均を超えるとは限りません。たまたま瞬間風速的に高い成績を出すケースは多々あるからです。

つまり、ある瞬間で賞賛されているファンドも、次の瞬間にはダメファンドの烙印を押されている可能性があるのがアクティブ投資。

アメリカではよくインデックス vs アクティブみたいな成績比較が行われていますね。

アクティブ運用の9割、指数に敗北 15年間比較 | WSJ

優れたアクティブファンドを見出すのが難しい

もう1つの問題として、私たちは数ある投資信託から、長期的に高いパフォーマンスを上げ続ける投資信託を選ぶのは困難です。

何をどうやって優れたアクティブファンドを探しますか?

筆者はその適切な術を知りません。

だからこそ、ある一定の成績を見込めるインデックスファンドへの投資(インデックス投資)が推奨されるのです。

インデックス投資はどの程度リターンを期待できるか?

例えば以下。

毎月1万円を投資信託に積み立てて老後に備えることはできる?

あなたがあなたの老後のお金のことで不安を感じているなら、どうやって老後資金を作るかを考えましょう。 「老後のことを考えると資産運用は必要な気がするが、投資でお金を損するのは怖い」 その不安、わかります …

続きを見る

毎月1万円を30年間資産運用すると将来いくらになる?

あなたが「資産運用しましょう」と言われた時に、きっと以下のような疑問を感じると思います。 失敗して借金を負ったりしないか 資産運用のためのお金をどのように貯めればよいか 資産運用すると将来いくらになる …

続きを見る

当然ながら、運用成績は投資するインデックス次第です。

ハイリスクハイリターンな商品で高いリターンが出続けると、30年間で1億円を超える可能性もあるようです。

ただ、乱数計算に基づくと、できるだけ長い期間運用し続けると、元本が割れにくくなる結果が得られました。

できるだけ元本割れを防ぎたいという需要にも応えられる投資手法だと筆者は考えます。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • インデックス投資とは市場平均と同じ成績を目指す運用方法
  • インデックスファンドは低コストである程度の成績を見込める
  • アクティブファンド選びは難しい。インデックスファンド選びが簡単

あなたの好きなほうを選べば良いと思いますけどね。

と、インデックス投資メインの筆者は申し添えておきます。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-インデックス投資

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.