【つみたてNISA】ワンコイン(500円)投資で億万長者の夢は見れるか?

積立NISA(つみたてNISA)

結論から述べると、わずかワンコイン(500円)の積立投資でも、長く継続すると数千万円になる可能性があります

例えば、投資信託では借金をしませんので、毎月500円ずつ積み立ててみるのはいかがでしょうか。

今なら「つみたてNISA」も利用できますよ!

では、詳しく解説します。

最近は、以下のようなワンコインで投資できるサービスが増えてきました。

  • 投資信託(つみたてNISA)
  • 株式投資(FROGGY)
  • 株式投資(単元未満株・SBIネオモバイル証券)
500円からの投資。選ぶなら株式投資「FROGGY」?それとも「つみたてNISA」?
結論から述べると、より儲かる可能性があるのは「FROGGY(フロッギー)」、初心者にとっては「つみたてNISA」が簡単です。 とはいえ、どちらにも相応のメリット・デメリットがあるので、あなたの興味関心に応じて選んでみましょう!...

投資信託の積み立てもまた、500円でできます。

もし、毎月500円を投資し続けたら、将来いくらになるか

ちょっと気になりませんか?

[スポンサーリンク]

いくつかある500円で投資できるサービス

2019年現在、500円から投資できるサービスはいくつかあります。

  • 投資信託(つみたてNISA)
  • 株式投資(FROGGY)
  • 株式投資(単元未満株・SBIネオモバイル証券)
500円から投資できるサービスの特徴まとめ(2019年5月23日時点)
つみたてNISA
(積立投信)
FROGGY単元未満株Tポイント投資
(ネオモバイル証券)
最低投資額100円500円数百円数百円
投資対象投資信託国内株式国内株式国内株式
非課税制度つみたてNISA一般NISA一般NISA
サービス提供ネット証券
全国の金融機関
SMBC日興証券SBI証券
マネックス証券
auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)
SBIネオモバイル証券

以下の記事では実際に100円投資をやってみたものです。

特に楽天証券は100円からの投資でも楽天スーパーポイントを貰えるなど、還元率が高いのが特徴です。

楽天証券の100円投資といふものを私もしてみむとするなり。ポイントざくざくだよ!?
前回の記事で書いた「100円投資」について、「楽天証券」で始めるとお得だよと紹介しました。 この話は、楽天証券で投資信託の購入代金を楽天銀行から引き落とす(マネーブリッジを利用する)と、その都度、楽天スーパーポイントがつくので...
100円投資を実際にやってみた!利益はどのくらいに?
※500円で株を買う話(FROGGY)をお求めの方は以下の記事をどうぞ。 100円を投資したら、いったいいくら儲かるのか気になりますか? 今回は、筆者が1年前に投資した500円(100円 × 5本)の損益の紹介のほか、 ...


楽天証券のウェブサイトを見る

また、投資信託(つみたてNISA)とSMBC日興証券のFROGGY(フロッギー)を比較したのが以下の記事です。

500円からの投資。選ぶなら株式投資「FROGGY」?それとも「つみたてNISA」?
結論から述べると、より儲かる可能性があるのは「FROGGY(フロッギー)」、初心者にとっては「つみたてNISA」が簡単です。 とはいえ、どちらにも相応のメリット・デメリットがあるので、あなたの興味関心に応じて選んでみましょう!...

FROGGY(公式サイト)

もともと投資する対象が違いますので、両者併用しても問題ありませんし、むしろ併用することでリスク分散にもなります。

投資額を1,000円まで増やせば「OneTapBUY(ワンタップバイ)」も利用できますね。

このように、ワンコインで投資できるサービスは増えてきています。

実際に500円の投資でいくら増えるの?

ハイリスクハイリターン!新興国株式に投資したとする

新興国

出典:アセットアロケーション分析ツール「ピザロ」

では、今回は毎月500円を投資信託に積み立てたときに、将来いくらになるか計算してみます

今回利用するのは「新興国株式」です。

新興国株式とは、インドやブラジルなど、いわゆる新興国と呼ばれる国々の株式のことで、上記地図で着色した国々を示します。

特に中国の割り合いが高いですね。

投資信託(つみたてNISA)の積み立てでは先進国株式や米国株式に積み立てることが多いのですが、今回は「億万長者の夢は見れるか?」という主題なので、よりリターンを期待できそうな新興国株式にしました。

計算条件

今回は新興国株式の過去20年間の成績を利用し、毎月500円を40年間積み立てたとします(投資元本は24万円)

新興国の過去20年間の成績は以下のようにあらわすことができます。

★新興国株式の過去20年の運用成績

  • リターン:5.3%
  • リスク:25.9%

出典:myINDEX

将来の運用成績を計算するために、乱数シミュレーション(モンテカルロ法)を利用します。

この計算は、あなたの将来の成績を保証・示唆するものではありません乱数計算参照時の注意点)。

計算結果:24万円が最高2,500万円に!????

では、結果をご紹介。

毎月500円を40年間積み立てた場合の予想成績
計算回数500回
積立年数40年
総積立金額24万円
最高評価額2,512万円
(+2,488万円)
最低評価額2万円
(-22万円)
平均評価額78万円
(+54万円)
元本割れ回数162回
元本割れ確率32.4%

この計算では、40年後に予想される最高評価額は2,500万円にも達します

最低評価額は2万円と、数字だけみれば悲惨に感じますが、そもそも毎月500円しか投資していないことを考えると、許せる範囲なのではないでしょうか。

個人的には、それでもリターンに賭けたいと思いますが、あなたはいかが感じるでしょうか。

ちなみに、運用で得た利益には20.315%の税金がかかりますが、つみたてNISAを利用すれば、この税金を無税にできます

今回の積立投資を実現する方法

楽天証券の「つみたてNISA」でeMAXIS slim 新興国株式インデックスを買えばいいのでは?

以下の条件を満たせる証券会社を探します。

  • つみたてNISAを利用できること
  • 毎月500円から積立投信できること
  • 新興国株式のインデックスファンドを選べること

2019年現在なら楽天証券で良いのでは?と思います。

2020年から「つみたてNISA」を始めるなら、一番クールでお得な証券会社はどこ?
あなたが気持ちを新たに2020年から「つみたてNISA」を始めるなら、どの証券会社を利用すれば良いか、を一緒に考えます。 といっても、つみたてNISAが始まった2018年初に比べると、2019年12月現在では答えが決まっているようにも...


楽天証券のウェブサイトを見る

楽天証券なら、

★楽天証券でできること

  • つみたてNISAを利用できます
  • 毎月500円から積立投信できます
  • 新興国株式のインデックスファンドを選べること

新興国株式のインデックスファンドには、

★代表的な新興国株式インデックスファンド

などがあります。

2019年現在ならeMAXIS slimシリーズが人気があって選ばれやすいです。

「eMAXIS slim」シリーズで資産形成を始めよう。11の商品の特徴と比較をまとめて紹介
この記事では、改めて「eMAXIS slim(イーマクシススリム)」シリーズとは、を解説します。 先進国株式インデックスやバランス(8資産均等型)など、有名な商品もありますが、一方で、 eMAXIS slim シリーズの...

これら投資信託に毎月500円積み立てることで、将来大きな資産を獲得できるかもしれません。

新興国株式へ投資する際の注意点

この24万円の投資に老後の全てを預けてはいけません。

ここまでの話は計算上の話で、あくまでただの数字遊びです。

メインの資産形成は、もっと安定性と確実性の高い方法を選ぶのです。

【2019年12月】つみたてNISAオススメ商品ランキング@東北投信版【積立NISA】
先につみたてNISAオススメ商品ランキングの結論だけ載せると以下の通りです。 つみたてNISAオススメファンド順位表(2019年12月) ランク ファンド名 投資先 信託報酬 1位 eMAXIS slim ...

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 500円から始めるワンコイン投資。つみたてNISAのほか、FROGGYや単元未満株投資など、様々な種類が増えてきた
  • 500円の投資でも、ハイリスクハイリターンな商品(今回は新興国株式)に積立投資すると将来は大きな資産になるかもしれない
  • とはいえ、ハイリスクハイリターンな商品に将来の全てを預けると失敗する可能性も高いので、もっと安全策も選んでおこう

他の少額投資の話は以下のリンクで紹介しています。

楽天証券の100円投資といふものを私もしてみむとするなり。ポイントざくざくだよ!?
前回の記事で書いた「100円投資」について、「楽天証券」で始めるとお得だよと紹介しました。 この話は、楽天証券で投資信託の購入代金を楽天銀行から引き落とす(マネーブリッジを利用する)と、その都度、楽天スーパーポイントがつくので...
100円投資を実際にやってみた!利益はどのくらいに?
※500円で株を買う話(FROGGY)をお求めの方は以下の記事をどうぞ。 100円を投資したら、いったいいくら儲かるのか気になりますか? 今回は、筆者が1年前に投資した500円(100円 × 5本)の損益の紹介のほか、 ...
500円からの投資。選ぶなら株式投資「FROGGY」?それとも「つみたてNISA」?
結論から述べると、より儲かる可能性があるのは「FROGGY(フロッギー)」、初心者にとっては「つみたてNISA」が簡単です。 とはいえ、どちらにも相応のメリット・デメリットがあるので、あなたの興味関心に応じて選んでみましょう!...

コメント

タイトルとURLをコピーしました