青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログ「東北投信」の更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

ネット証券・ネットバンク

積立投信の代金をクレジットカードから引き落とせるネット証券

投稿日:2017年4月27日 更新日:

Photo by ぱくたそ

「株や投資信託をクレジットカードで買いたい」って地味に需要がある話です。

以下では、クレジットカードを利用して投資信託の積み立て(積立投信)を設定できるネット証券を紹介します。

[スポンサーリンク]

対応しているネット証券

2017年4月27日現在で、

  • マネックス証券
  • 楽天証券

の2証券会社です。他の、SBI証券、カブドットコム証券、松井証券では利用できません。

マネックス証券で使えるクレジットカード

セゾンカードを利用できます。

セゾンカード

カード引き落としを指定した場合、毎月19日が投資信託の買付日になります(休日の場合は翌営業日)。

毎月18日の3営業日前(18日が休日の場合は4営業日前)までにお申込みいただいた場合は、原則、翌月(4日の引落し→19日のお買付)からのスタートとなります。

とあるので、

  1. 18日の3営業日前(14日ごろ)までにクレジットカード引き落としの申し込みを行う(締め切り日を過ぎると翌月の申し込み扱い)
  2. 翌月4日(セゾンカードの支払日)に銀行口座からセゾンカードへの支払い
  3. 支払った同月19日に投資信託を買い付け

という流れになります。証券口座からの引き落としとは異なり、先払いが必要です。

例外的に使えないカード

セゾンカードのうち、以下のカードは使えません。

  • 高島屋(タカシマヤカード(赤)&タカシマヤGOLD)
  • りそな
  • 静銀セゾン
  • 出光
  • ダイワハウス

ポイント特典はあるか

あります。が、ちょっと微妙です。

セゾンカードのうち、マネックスセゾンカードを使った場合に、投資信託購入手数料(税抜)の4.5%相当分のマネックスポイント(通常の3倍)を貰えます(購入代金全体ではなく、手数料のみにポイントが発生します)。

このマネックスポイントは永久不滅ポイントと交換できるポイントです。

が、そもそも購入手数料のかかる投資信託に積立設定を行うのは愚かな選択ですので、特典はあるのですが、無いと思ったほうが良いです。

楽天証券で使えるクレジットカード

楽天カードを利用できます。

楽天カード

カード引き落としを指定した場合、毎月12日が投資信託の買付日になります(休日の場合は翌営業日)。

こちらの支払いサイクルは、

  • 11日の3営業日前(8日ごろ)までにクレジットカード引き落としの申し込みを行う(締め切り日を過ぎると翌月の申し込み扱い)
  • 当月の27日(楽天カードの支払日)に買い付け代金を引き落とし
  • 翌月12日に投資信託の買い付け

という流れになります。こちらも先にお金を払ってから、後日投資信託を買いつけます

ポイント特典はあるか

ありません。楽天スーパーポイントの付与はないと明記されています。

注意点:支払い余力を超えると積み立てできない

いずれの証券会社も、システム的な積立金額の制約はありませんが、カードの支払い余力が購入上限になります。

上限いっぱいいっぱい使っていると、引き落とし不能で購入できず、その月は購入しなかったものとして扱われます。

また、連続3~5回引き落とせなかった場合には、カード利用の提携解除や、積立投信の解除もあり得ると明記されています。

どちらの証券会社 + カードの組み合わせが良いか

個人的には、証券会社のサービスやカードの利便性を勘案して、「楽天証券 + 楽天カード」が良いのでは?と感じます。

  • 楽天証券は主要な金融商品を一通り扱っており、万人に向いている(マネックス証券が明確に勝るサービスは米国株取引ぐらい)
  • 楽天カードは比較的審査が緩いといわれており、クレカ払いで積立投信を始めるまでの準備が容易い
楽天カード支払口座からの引き落としで投資信託を積み立てる方法

あなたが楽天証券と楽天カードを利用していれば、毎月のクレジットカードを返済時に、同時に積立投信の代金を引き落としてもらうことができます。 楽天カード(クレジット)を通じて、銀行口座から積立代金を自動で …

続きを見る

「楽天証券 + 楽天カード」を利用したときのデメリット

ポイント優遇は無い

そもそも積み立てにおけるポイント優遇がありません。

ので、積立投信を通じて楽天スーパーポイントを貯める、みたいな使い方ができません。

「クレカ引き落としで投資信託に積み立てできる」という目的を果たせるのみです。

楽天を使っていなければポイントの使い道がない

楽天カードはご存知の通り、楽天の各種サービスと相性が良いのが特徴です。

ので、還元されるポイントはすべて楽天で使うことが前提になっており、楽天を使わない人には旨みがないんですよね。

「貯まったポイントでJCBギフト券買って現金化」みたいなことは可能ですが。

普段、楽天のサービスって使ってます?

「楽天証券 + 楽天カード」を利用したときのメリット

逆に楽天の各種サービスを頻繁に使うなら、この組み合わせは強いです。

  1. 楽天カードを使う
  2. 楽天スーパーポイントが貯まる
  3. 楽天スーパーポイントでさらに楽天のサービスを使う
  4. 出費が減る!うれしい!

審査の緩さが話題になることが多いのですが、実は顧客満足度の高さでも定評があります

「楽天カード」が顧客満足度1位に | マイナビニュース

ので、あなたが楽天のヘビーユーザーならば、楽天証券 + 楽天カードの組み合わせが断然オススメ

例えば、あなたが旅行とかするなら、楽天トラベルでポイントを使えるのでお得です。

また、将来的には楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるようになるかもしれません。

楽天スーパーポイントの使い道は投資信託購入で決まり!?

2017年5月11日の日経電子版に以下のような記事が出ていました。 楽天証券は今夏にも、ネット通販「楽天市場」での買い物や、楽天のクレジットカードを使った際にたまる「楽天スーパーポイント」で、投資信託 …

続きを見る

「マネックス証券 + セゾンカード」を選んだ場合

マネックスセゾンカードを作るかそれ以外のセゾンカードを作るかで、享受できるメリットは大幅に変わります

マネックスセゾンカードを作ると入金が簡単に

マネックスセゾンカードを作ると、ATMを利用してマネックス証券口座に入金できるようになります

このカードが無い場合は、マネックス証券口座への入金は銀行振り込みか即時入金サービスしか利用できません。

よって、カードを手にすることで利便性が上がります。

また、ポイント優遇がありますが、これは投資信託の手数料を払わないほうが断然お得なので、正直意味がありません。

その他のセゾンカードを作るならば

その他のセゾンカードは、「引き落としで投資信託に積み立てできる」点だけがメリットになります。

こちらの選択肢を選ぶ場合には、セゾンカードの特典を見て選んだほうが良いです。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • あなたがクレジットカード引き落としで積立投信を利用したいならば、楽天証券かマネックス証券を選ぶ
  • 楽天証券はポイント優遇なし。マネックス証券はポイント優遇があるが、手数料のかからない投資信託を選んだほうが良い
  • どちらかといえば楽天証券 + 楽天カードがオススメ。サービス面で優れる

お好きなほうをチェックなさってみてください。

個人的には楽天カードのお買い物パンダがかわいくて、それだけで楽天カードが作りたい次第です。

【楽天証券】最大20,700ポイントのチャンス!

 

【口座開設キャンペーン実施中】マネックス証券

 

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2018年12月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-ネット証券・ネットバンク

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.