青森県投資信託ブロガーが作る、つみたてNISAとiDeCoの資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

SMBC日興証券

SMBC日興証券でおすすめの投資信託とは

投稿日:2017年4月7日 更新日:

SMBC日興証券を利用する際に、筆者が考える投資信託の運用例を紹介します。

同証券は投資信託の取り扱い本数も多めなので、何をどう選択すれば良いか迷ってしまいますよね。

以下、基本的にインターネット専用であるダイレクトコース前提で話を進めます

窓口で相談できる総合コースでは、以下で紹介する低コスト投信は選べないことが多いです(総合コースなら支店窓口に行けば、あなたの希望に応じていろいろ紹介してくれます)。

[スポンサーリンク]

取り扱う投資信託の数は?

2017年4月7日現在で864種類の投資信託を扱っています。

ちょっと数が多すぎて、選ぶのが大変じゃないですか?

そこで、ここでは2017年現在よく名前が挙がる投資信託についてみていきましょう。

資産形成でよく選ばれる投資信託の取り扱い

投資経験のある20~30代が、資産形成のために選ぶ投資信託に以下があります。

  • ニッセイの購入・換金手数料なしシリーズ
  • アセットマネジメントOneのたわらノーロードシリーズ
  • 大和証券投資信託のiFreeシリーズ
  • 三井住友トラストアセットマネジメントの世界経済インデックスファンド
  • 三菱UFJ国際のeMAXIS 8資産均等型

これら、名前はご存知でしたか?

このうち、購入・換金手数料なし、たわらノーロード、iFreeの3つのシリーズは、

  • 購入手数料と換金時の手数料(信託財産留保額)は無料
  • 運用期間中の信託報酬が年間0.2%程度(他の投資信託は0.5~2%ぐらいが標準的)

と、運用で生じる各種手数料が低いために選ばれています。

一方、世界経済インデックスファンドとeMAXIS 8資産均等型は、もはや定番とも呼べるバランスファンド(複合型投資信託)です。

資産運用はそれ1つに投資するだけでOK」という手軽さが特徴で、様々な投信本でも紹介されています。

このあたりが2017年定番的なインデックスファンドになるでしょうか。

では、これらの取り扱い状況を下表に示します。

購入・換金手数料なし たわら iFree 世界経済IF 8資産均等
× × ×

ご覧の通り、たわらノーロードシリーズとeMAXIS 8資産均等型の取り扱いがあります

以下、独自にポートフォリオを組んで運用することと、面倒なくお手軽な運用をする2つのケースについて詳しく見ていきます。

よくわからなければ、お手軽な運用のところまで飛ばして読んでください。

あなたが独自にポートフォリオを組みたいなら

たわらノーロードシリーズを利用します

たわらノーロード | アセットマネジメントOne

たわらノーロードシリーズは10本を超える投資信託から構成されています。それらを組み合わせて運用するのが一般的です。

ただ、実はたわらノーロードシリーズの全てはカバーしていません。

取り扱い商品

  • たわらノーロード 日経225
  • たわらノーロード 先進国株式
  • たわらノーロード 新興国株式
  • たわらノーロード 国内債券
  • たわらノーロード 先進国債券
  • たわらノーロード 国内リート
  • たわらノーロード 先進国リート
  • たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>
  • たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>

例えば日経225ではなくTOPIXに投資したい場合には、別の商品を選ぶ必要があります。

また、例えば新興国債券に投資したい場合には、そもそもたわらには選択肢がありません。

そこで、足りない分はeMAXISの各シリーズで賄うことを考えます。

足りない分はeMAXISの各シリーズで

上記のケースでは、

  • TOPIX・・・eMAXIS TOPIXインデックス
  • 新興国債券・・・eMAXIS 新興国債券インデックス

でそれぞれカバーできます。

eMAXISシリーズは最近の低コスト化競争から一歩遅れていますので、たわらシリーズでカバーできない分をeMAXISシリーズで補うのがオススメです。

あなたに伝える秘密の話

たわらシリーズは割と有名だと思うのですが、なぜか売れ筋ランキングに出てこないのが面白いです(2017年4月7日時点)。

おそらくSMBC日興証券で投資信託を運用している個人投資家は、たわらシリーズのことを知らないのだと思います。

ので、たわらの話は私とあなただけの秘密にしておきましょう

彼らには内緒ですよ!

とにかくお手軽な運用を目指すなら

eMAXIS 8資産均等型を選びます

この投資信託の詳細説明はネット上にたくさんあるので、この記事での詳述は避けたいと思います(東北地方に住んでいるなら知っておきたいeMAXISシリーズでちょっと触れてます)。

毎月分配型でよく選ばれる投資信託の取り扱い

フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)とか、新光 US-REITオープン(愛称:ゼウス)とか、定番どころはだいたい売っています。

これらは総合コースでも購入可能です。

どんな運用をする?

ここでは、たわらノーロードやeMAXIS 8資産均等型を運用するケースを考えます。

投資信託の鉄板的な運用は毎月の積み立てです。特に20年を超えて、国内外の資産に広く投資すると、将来利益を得る可能性が高くなります

以下は、インデックス投資で損をする前に知っておきたいことでも紹介した、金融庁の計算事例です(金融レポート2016より)。保有期間5年(左側)は運用結果が広く分散するのに対し、保有期間20年(右側)はおおよそ利回り4~6%に収束しています。

この図は過去の実績であり、将来の成績を保証しないことに留意

この図と似たような結果を目指すなら、以下のようにするのが良いと筆者は考えます。

  • あなたがたわらノーロードで運用するなら、先進国株式や先進国債券を組み入れて、国内外に投資すること
  • あなたがeMAXIS 8資産均等型で運用する場合には、それ1つに積み立てるだけ

幸いなことに、SMBC日興証券のサイトには(ちょっと古いものの)組み合わせ例もあります。それを参考にするのも良さそうです。

SMBC日興証券ウェブサイトより

具体的には下記のような配分です。

  • たわら日経225・・・26%
  • たわら先進国株式・・・26%
  • たわら国内債券・・・11%
  • たわら先進国債券・・・11%
  • たわら国内リート・・・13%
  • たわら先進国リート・・・13%

いくら運用をする?

運用額はあなたの収入状況を勘案して決めるのが良いです(お金を増やすためには月収の9割で生活する)。

今、収入はいくらぐらいありますか?

ちなみに、みんなの運用額の中央値はおおよそ2~3万円です。


SMBC日興証券ウェブサイトより

みんなに合わせる必要はありませんが、参考にはなるかと思います。

サービス的には、毎月1,000円以上1,000円単位で利用できます。

「投資は初めてだから怖いなぁ」と思うときには1,000円からはじめるのがオススメです。

あなたが30歳だとして、毎月2万円を65歳まで継続すると「積立額840万円 + 運用益」。老後のことを考えると毎月3万円が目標かな、と思います

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • あなたがSMBC日興証券で選択できる著名投資信託はたわらノーロードシリーズとeMAXIS 8資産均等型
  • あなたがじっくり考えて運用したいならたわらノーロードを、手軽さ重視ならeMAXIS 8資産均等型をチェック
  • オススメの運用は毎月の積み立て。月額2~3万円を目指してみて

です。

詳しい投資信託の取り扱い状況は、ぜひ公式サイトにてチェックしてみてください。

投資信託の積み立てを行うことで参加できるキャンペーンなどもやってますよ!

SMBC日興証券のウェブサイトをチェック

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-SMBC日興証券
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.