青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログ「東北投信」の更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

年齢別

60歳からの資産運用の前に必ず考えたいこと

投稿日:2017年5月22日 更新日:

「60歳からの資産運用の前に考えたいこと」という検索ワードがあったので、これに対する筆者の考えを紹介します。

先に述べておくと、筆者の見解は基本的には以下で述べた通りです。

60歳から資産運用を始めるなら覚悟を決めて取り組むべき理由

Illustration by いらすとや 年齢ごとの資産運用の話を書いてきたので、せっかくなので60歳バージョンも書いてみました。 後述しますが、筆者はあなたが60歳になっている時点で、すでに資産運 …

続きを見る

なお、たかだか30代の若輩者の意見なのであしからず。

[スポンサーリンク]

本当に資産運用が必要なの?

一番最初に考えるべきことは、「本当に資産運用が必要なの?」ってところです。

60歳から始めることはオススメしがたい

上記の過去記事でも述べていますが、筆者はあなたが60歳になって、初めて資産運用を始めることに対しては、かなり否定的です。

なぜかって、理由は簡単で

  • 運用期間が短いと、必然的に損失を抱える可能性が高くなる。誰でも儲かるなんてありえない
  • もし運用に失敗して損失が出たとしても、今後の収入でその損失を埋めるのは難しい。退職金を失ったらどうする?
  • 60歳から勉強を初めて、どこまで投資の知識を身につけることができる?
  • まさか、サラリーマン時代の感覚で銀行員の言うがままに投資するのでは?

と、失敗要因がおそろしくたくさんあるからです。

ゆえに、60歳時点ですでに資産運用の長い経験があるならば、それを継続すれば良いと思いますが、60歳になって初めて資産運用を始めることについては、筆者は否定的です。

正直オススメしません。というか、筆者の親族の話なら「生活費補助するから運用はダメ」って言いたいところです。

若者の運用失敗と高齢者の運用失敗は事情が異なる

重要な点として、今働き盛りの現役世代はその損失を働いて補填できますが、すでに将来の収入が限られている高齢者が損失を抱えても補填するのが難しい、という事情があります。

この点をきちんと考えて、本当に資産運用が必要なのかどうかを検討すべきだと思います。

正直、資産運用でなんとかしようというよりも、働いたほうが良いかもしれませんよ?

資産運用は貯金不足を挽回する秘策にならない

一般に、投資未経験者は投資・資産運用での損失が怖い一方で、「投資はかなり儲かるものだ」とのイメージがあるような気がします

ちょっと想像してみてください。

ぶっちゃけ、資産運用でいくらもうかると思います?

さぁ、考えてみて?

例えば投資信託で運用する場合、かなりうまく回ったとしても、年平均10%がいいところです。

これは数十年間の平均的な成績なので、単年で見るともっとばらつきます。例えば、+50%なんて年もあれば、-20%とマイナスリターンになることもあって、それを平均化すると年利いくらという話になります。

普通はもう少しリスクを抑えた商品を選びますから、年平均5%程度の運用ができれば良いと思います。

あなたの運用資金に利回りをかけてみる

さて、仮に年5%で運用できると仮定して、あなたがこれから運用したいと考えている金額に1.05を掛け算してみてください

どうです?あまり増えないでしょ?笑

例えば500万円を年利5%で運用すれば翌年の金額は525万円です。1年間で約300万の生活費を要するとして、運用益の25万円は10%にも満たないのです。

しかも繰り返すように、この年利5%はあくまで長期的な平均値であり、単年での成績は異なります。例えば、500万円を投資したその年になんとかショックが来て、年利-50%なんてなったら悲惨です。

すなわち、特に運用金額が少ない場合、資産運用は老後の生活費を賄う秘策にはなりません中途半端な金額しかない場合に、リスクを冒してまで運用すべきかは丁寧に考えるべきです

やっぱり働いた方が良かったりもするんです。

それでも資産運用をしたいあなたへ

ただ、こういった記事を書いても、あなたはきっと最初から資産運用をするという結論有りきで、背中を押してくれる記事を求めていることが多いものです。

目次をクリックして、上のほうをすっとばして、ここから閲覧を開始したりしていませんか?

もしそうなら、きっとあなたは資産運用をしたいけど、少し不安で自信がないのです。だから、なるべく失敗しないような、勇気付けてくれるような記事が求められていると感じます。

そんなわけで、どうしても運用をしたいあなたへ、ちょっとしたアドバイス。

銀行員に相談しにいかない

相手はお金のプロだからと、銀行員に資産運用の相談をしにいかないでください。

あなた自身が運用方針を決めて、実際に商品を選択することをオススメします。

最初は少額で練習する

最初は1万でも10万でもいいので、少額で初めて様子を見る + 経験を積むことをオススメします。

たとえ、会社ではばりばりに仕事ができて、高い役職まで上り詰めたとしても、仕事と相場はかなり違うものです。

投資のよくある失敗談の1つは、初心者なのになぜか大金を投資してしまうところにあります。

大金を投じるのはもっと経験を積んでからです。

毎月分配型にこだわらない

老後の運用は毎月の安定的な収入を求めるがゆえに、毎月分配型投資信託がよく選ばれる傾向にあります。

しかし、毎月分配型はいろいろとトラブルの多い商品でもあります。その理由は、商品に対する投資家の理解不足が主たるものです。

退職金全額を毎月分配型投資信託の購入にあてる・・・なんて愚行にはご注意ください。

株主優待銘柄や高配当銘柄を長期保有しても良い

生活を楽にする方法は、必ずしも毎月分配型投資信託だけではありません。

例えば、イオンのような身近な企業の株主優待を取得し、年単位で保有し続けるのも1つの手です。

まだ持ってないの?イオン株主優待。初心者なら絶対知りたい充実の内容

あなたは普段イオン系列の店舗を使ってますか? では「イオンの株主優待ってすごい!」って噂を聞いたり、ネットで見たりしたことはありませんか? 実は個人投資家に超人気の株主優待がイオンの株主優待だったりし …

続きを見る

お金が欲しいなら、上場投資信託(ETF)を買う手もあります。

個人的にはそれらの組み合わせのほうが、トラブルも少なくなる気がしますね。

60歳時点で老後のお金が足りないならば

これらを考慮して、老後のお金が足りなくなりそうな見通しならば、「働いてください」としか言えないです。

もしくは親族から支援してもらうとか。

ちなみに筆者は両親の生活費の補填を行うつもりで、今から優待銘柄や高配当銘柄などを買い集めています。これなら将来両親が介護とかになって、筆者が面倒を見たとしても、収入の流れが途絶えないかなと。

一度、ご家族で今後について話あってみるのも一つの手だと思います。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • 60歳から資産運用を始めたいなら、本当に資産運用が必要なのか慎重に検討すること
  • 資産運用は老後のお金を解決する秘策になるとは限らない。運用資金の額が大切
  • 家族や親族と老後の相談をするのも1つの手

です。

20代や30代なら「資産運用?今すぐやってみなよ!」って感じなんですが、これから老後を控える60代(や50代)には正直オススメしがたいです。

結局、この話はお金の問題をどうクリアするかなので、資産運用に限らず、どこからお金を得るかをご家族で話し合ってみることをオススメします

どうしても策がなければ働き続けるのが一番です。それが最もリスクがなく、高い安定性を期待できる選択肢だと筆者は感じます。

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2018年12月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-年齢別
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.