青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログ「東北投信」の更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

運用シミュレーション

1万円で投資信託を購入し30年間放置したらいくらになる?

投稿日:2017年5月25日 更新日:

Photo by ぱくたそ

表題の通りです。

例えばお試しで投資信託を買ってみたいけど、毎月1万円の積み立てみたいな運用はしたくない、という需要はあると思います。

今フリーな1万円はあるけど、今後安定的に運用できる資金があるかはわからない、など。

もしくはボーナスをお試しで投資してみたい、といった状況も、今回の話に近いのでは?と思いますが、いかがでしょうか。

そこで、今現在1万円だけ投資し、その後追加投資せずに放置した場合、将来いくらになるかを計算にて算出したので紹介します。

忘れたつもりで買ってみるのもオススメですよ!

[スポンサーリンク]

1万円投資は損失の底が浅い

投資には「損をするかもしれない」という不安が付き物です。一生懸命働いたお金がなくなってしまったら、それは悲しいことです。

しかし、投資額を1万円に抑えると、運用に失敗して損失を抱えたときの「底」が浅くなるのが特徴です。分かりやすく表現すると、どんなに損失を抱えても、最大1万円の損失で限られること(投資信託なので、借金はありません)。

一方で、1万円に上手く利益が乗れば、2倍以上の額に化ける可能性を秘めています。

1万円投資は、損失は最大でも1万円という制限がある一方で、(相場次第で)利益の上限は青天井になるのです。

計算条件:先進国株式に1万円投資

過去記事でも利用してきたモンテカルロ法を利用し、1万円を投じた30年後の運用成績を見積もります。

この計算結果は、あなたの将来の運用成績を保証・約束するものではありません乱数計算参照時の注意点)。

計算に用いるリスクとリターン

今回は、

  • リターン:7.1%
  • リスク:17.4%

を利用します。これは先進国株式に投資したときに、(過去の実績に基づく限り)期待できる運用成績です。

実在する商品で言うと

  • ニッセイ外国株式インデックスファンド(手数料なしシリーズ)
  • たわらノーロード 先進国株式(たわらシリーズ)
  • emaxis 先進国株式インデックス

などがあります。これら3つの商品のいずれかに投資すると、上記のリスクリターンを享受できる可能性があるとお考えください。

計算結果:1万円は30年後にいくらになるか

というわけで、計算結果です。

計算回数 1,000回
運用年数 30年
総投資金額 1万円
最高評価額 89.5万円
(+88.5万円)
最低評価額 0.16万円
(-0.84万円)
平均評価額 7.2万円
(+6.2万円)
元本割れ回数 47回
元本割れ確率 4.7%

ご覧のように、仮に損失が出たとしても、1万円が1,000円になるだけ。一方で1万円は最高で90万円近くになるかもしれない、という結果が出ました。

実際には5万円~10万円ぐらいが予想着地点になるでしょうか。

30年は待てないあなたへ:2年目の運用成績

30年間は我慢できないあなたへ、2年目の運用成績も紹介。

計算では30年って簡単に算出できますが、実際には1年間もだいぶ長いですもんね。

計算回数 1,000回
運用年数 1年
総投資金額 1万円
最高評価額 1.6万円
(+0.6万円)
最低評価額 0.6万円
(-0.4万円)
平均評価額 1.07万円
(+0.07万円)
元本割れ回数 332回
元本割れ確率 33.2%

ご覧のように、わずか1年の運用では元本割れ率が高いのが特徴です。わずか1万円の運用とはいえ、1年で終える運用は上手くいかない可能性が高いです。

あなたが損をしたくなければ、1万円をできるだけ長く運用し続けることが大切です。

1万円を投資して、運用を忘れよう

ここまで紹介してきた投資手法(インデックス投資)はとにかく長く運用し続けることが大切です。

インデックス投資で失敗する前に知っておきたいこと

よく、資産形成はインデックスファンドを利用した「インデックス投資」が良いと言われます。 筆者もそうだと思いますし、実際にインデックスファンドを利用した積立投資も実行しています。 が、インデックス投資に …

続きを見る

だから、お試しで1万円を投資したなら、その投資のことは忘れましょう。そして、30年後のある時にタイムカプセルのように「発掘」してみてください。

なけなしのお金かもしれませんが、1万円が10万円に化けていたら、きっと若かりし頃の自分を「よくやった」と思うはずです。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • 1万円投資は、失敗して損失を抱えたときの「底の浅さ」が魅力。投資で大損とは縁がない
  • あなたが1万円を投資して30年間放置すれば、1万円は10万円になるかもしれない
  • 投資を実行したら、投資したことを忘れよう。そうすれば細かな値動きに気を病むこともない

です。

なお、2017年現在なら、ここまで述べてきたことを100円から実行できますね。

誰でもたった100円から投資信託を毎月買える時代へ

先日、楽天証券が投資信託の最低購入価格(価額)を100円に引き下げたところ、SBI証券も対抗して最低100円に引き下げました。 SBI証券の投資信託は、「金額買付は1万円から」「積立買付は500円から …

続きを見る

しかし、100円投資はさすがに少なすぎるので、現実的には1万円投資のほうが良いと感じます。

投資額を増やせば、30年後の損益の額も大きくなります。どの程度投資するかは、あなたの懐と相談でしょうか。

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2018年12月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-運用シミュレーション
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.