青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログ「東北投信」の更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

年齢別

30代の資産運用が知りたい。あなたに筆者の運用方法を紹介します

投稿日:2017年5月27日 更新日:

Photo by ぱくたそ

投資や資産運用を始めるにあたって、資産運用が必要だとは感じるが、その方法がわからないという悩みがあります。

金融商品は株や投資信託などいっぱいありますし、仕事の時間や収入なども勘案して方法を考えなければいけません。

むずかしいですよね。

しかし、2017年現在の筆者は「投資信託(インデックス投資) + 株主優待 and/or 配当金銘柄の長期保有」といった運用方法に行き着き、運用方法の迷いを感じることはなくなりました。

自分なりの運用ルールさえ固めてしまえば、資産運用はそれほど難しいものではないんです。

そこで、以下では筆者なりの資産運用方法について紹介します。もし、あなたが運用方法で迷っているなら、参考になれば幸いです。

なお、詳しい配分は以下にて。

30代筆者の資産運用はこんなポートフォリオ

Photo by ぱくたそ 資産運用を始める際によくある悩みの1つが、どの商品をどのくらい買えばいいかというもの。 比較的知名度のある株主優待や配当金に興味があるものの、それ以外のものは何がなんだかさ …

続きを見る

[スポンサーリンク]

現在の資産運用に行き着いた経緯

もともとデイトレをやっていました

今でこそ長期投資派の筆者ですが、投資を始めた当初は実は毎日株を売り買いするような短期売買(デイトレ)をやっていました。

仕事は会社勤めなので、売買する時間は通勤時間と昼食時と、たまにトイレ(笑)です。

しかし、この短期売買はとても大変です。

デイトレは値上がりしそうな銘柄を探さないといけないですし、小まめに売り買いを繰り返すなど、とても手間がかかります。これでは、普通に働くのとそう変わらないと感じたのです。

それもあって、株を売買しない日も増えてきて、自然と株式を保有する時間が長くなっていきました。

短期売買から投資信託に移行した理由

投資信託のほうが安価で、かつのんびり選ぶことができたからです。

だって、昼間会社で働いているのと平行して株取引とか絶対に大変じゃないですか。仕事にも集中できないわけですし。

スマホで株価チェックしているところを上司に見られたら?そりゃ怒られても仕方ないですよね。

この写真のようになりたいです?

投資信託は株式に比べて

  • 基本的な取引単位は1万円前後
  • デイトレのように刻々と状況は変化しない(価格が変化するのは1日一回だけ

といったメリットがあったため、次第にそこに魅力を感じるようになりました。

特に、投資額に制限がつきやすい20代や30代の私たちにとって、より少額で投資できるのは株式ではなく投資信託です。

でも、投資信託は「仕組みがわかりにくい」という不安はありますよね。馴染みもないから、その仕組みがイメージつかないことも多いようです。

しかし、現在なら100円から買えますから、最初はお試しで体感してみるのが一番だと思います。

誰でもたった100円から投資信託を毎月買える時代へ

先日、楽天証券が投資信託の最低購入価格(価額)を100円に引き下げたところ、SBI証券も対抗して最低100円に引き下げました。 SBI証券の投資信託は、「金額買付は1万円から」「積立買付は500円から …

続きを見る

100円で投資信託を購入できる証券会社で、ニッセイ日経225インデックスファンドを買ってみてください

その値動きと日経平均株価を比べてみると、仕組みのイメージがつくんじゃないかと思います。

でも株主優待ってほしいじゃん?

と、投資信託派になったのですが、それでも捨てられないのは株主優待や配当金

どちらもめっちゃ投資の魅力じゃないですか。

じゃあ「投資信託と株式を両方買っちゃえ」と考え、結果

  • 資産形成のコア部分は投資信託(積立投信)
  • 余ったお金があれば株主優待・配当金銘柄を買って長期保有

と割り振ることにしました。

なお、ここに至るまで、約3年の試行錯誤を経ています。

筆者は最初から簡単に今のスタイルに達したわけではないのです。だから、あなたも、今はいろいろ試行錯誤していたとしても、きっとこれからあなたにぴったりの運用方法が見つかると思います。

2017年現在の運用スタイル

  • 資産形成のコア部分は投資信託(積立投信)
  • 余ったお金で株主優待・配当金銘柄を買って長期保有

毎月欠かさず積み立てる

毎月定額を投資信託に積み立てし、残りの余剰資金で株主優待・配当金銘柄を買うようにしています。

ただし、証券口座の残高次第では株主優待・配当金銘柄を買えない場合もありますので、基本は積立投信を優先しています。

以下の記事でもあったように、積立投信において継続的に資金を投じ続けることは、将来の資産形成においてとても大切です。

40代で1億円を築いた人の資産運用を参考に資産形成を考える

Photo by ぱくたそ ツイッターで40代で1億円を築いた人の話題が出ていたので、この記事ではそれに便乗(笑)します。 投資ブロガー・ybさん「本業を頑張ったからこそ資産を築けた」 | 東証マネ部 …

続きを見る

積立額は?

積立額は毎月2万円です。

保有している商品(投資信託/現在積立中)

  • たわら日経225(アセットマネジメントOne)
  • DC全海外株式インデックスファンド(三井住友アセットマネジメント)
  • DC外国債券インデックスファンド(三井住友アセットマネジメント)
  • 最適化バランス・マイミッドフィルダー(三菱UFJ国際投信)
  • 世界経済インデックスファンド(三井住友アセットマネジメント ※非積立)

前者3つ(たわら日経225、全海外株式、外国債券)の組み合わせは、日本債券を除く世界の先進国株式・債券に投資を行ったと同義です。言い換えると、世界の経済成長を利益として得ようとする組み合わせの1つです。

計算上のパフォーマンスは以下の記事で少し触れています。

30代が毎月2万円ずつ積立投信すると30年後いくらになる?

30代は資産運用を始めるにはチャンスの年齢です。 統計で見る限りは、20代よりはお金を持っていることが多く、マインドもまだまだリスクを取ることに意欲的だからです(あるアンケート結果によると、年齢を重ね …

続きを見る

マイミッドフィルダーは投資先の分散と銀行との取引を作る目的で買ってます。

「ポートスター」を利用して「eMAXIS最適化バランス」を選ぶ

2016年は証券各社や投資信託の運用会社からさまざまな「ロボアドバイザー」が登場しました。初めて投資を志すなら使ってみるのも良いと思います。 ロボアドには 商品を選ぶだけのもの 商品を選び、かつ運用ま …

続きを見る

こっちは引き落としだけ管理していて、現在の時価は見ていません。

世界経済インデックスファンドは楽天スーパーポイントだけで買ってます(初めての投資信託は楽天スーパーポイントで!「ゼロ円投資」を始めよう!)。

【動画あり】楽天スーパーポイントで世界経済インデックスファンドを買う方法

今日8月26日から楽天証券で、楽天スーパーポイントを利用した投資信託の購入が可能になったので、さっそく今まで貯めていた10,000ポイントを投資信託の購入に当てました。 以下、その手順などを簡単にご紹 …

続きを見る

保有している商品(株式)

  • イオン
  • ゲオホールディングス
  • マックスバリュ東北
  • ハニーズホールディングス
  • GMOクリックホールディングス
  • 日産自動車
  • みずほ銀行

基本的には優待か配当金のいずれかが優れている銘柄を選んでいます。

イオン(8267)株式が欲しいあなたへ買い方を画像付きでガイドする

この記事は「イオンの株式を買ってお得な優待を使いたい!」というあなたにささげます。 イオンの株式の買い方を知りたい どの証券会社ならイオンの株式が買えるのかを知りたい そもそも株を買うってどうするのよ …

続きを見る

あなたが自身が優待銘柄を選ぶなら、証券会社のウェブサイトかスマホアプリで株主優待検索を行い「日常で使い道があるかどうか」を考えれば、買ったほうがよい銘柄は見えてきます

一方、よくわからないなら、イオンの株主優待をオススメします(なぜ株主優待初心者にイオン(8267)の株式はオススメなのか)。

なぜ株主優待初心者にイオン(8267)の株式はオススメなのか

株主優待投資をはじめようとしたときに、 どの銘柄を買えばいいんだろう? 何かオススメの銘柄はないかな? と思うことはよくある話だと思います。 そんなときに必ず知っておいて欲しい銘柄はイオン(8267) …

続きを見る

もっと簡単に運用したい場合

株主優待銘柄はともかく、資産形成を担う投資信託部分は「よくわからない」という悩みが付き物です。

もしあなたがそう感じるなら、投資信託に替えてロボアドを選ぶのが現代的でオススメです。

ここで言うロボアドとは、あなたの代わりに資産運用を進めてくれる、ありがたい商品だとお考えください。

AIがあなたの資産運用を代行するのです。

投資信託に対するロボアドのメリット

  • 商品選びが必要ない
  • 余計な運用手間がかからない

ロボアドは投資信託に比べて若干コストがかかるものの、「あなたに適した投資信託を選ぶ」という手間がかかる作業が不要になります。

すごく簡単なんです。

投資信託を買ったり売ったりバランスを整えたり、みたいな手間も不要です。

毎月お金を投じておけば、あとはAIが勝手に運用してくれます

筆者がロボアドを選ばない理由

自分なりに考えて運用したいからです。

ロボアドは初めての投資家にはオススメですが、色々考えて運用したい投資家にとっては少しつまらない商品です。

それだけ「全部おまかせ」な仕組みで作られているとお考えください。

資産運用に使ってる証券会社は?

SBI証券です(SBI証券、筆者はこう使っています)。

SBI証券、筆者はこう使っています

SBI証券のスペック的な話は、SBI証券のおすすめポイントで紹介しているので、ここでは「筆者がSBI証券を日常的にどう使っているか」を紹介します。 「ネット証券をどう生活の中に組み込んでいるか」みたい …

続きを見る

SBI証券なら様々な使い方できます。

  • 投資信託を買えます。しかも100円から
  • 株式を買って株主優待を貰うこともできます。イオンの優待など、もちろんもらえます
  • ロボアドも提供していますので、資産運用を「丸投げ」も可能です


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 筆者の資産運用方法は投資信託への積み立て(積立投信) + 株主優待銘柄の購入
  • 投資信託への積み立ては毎月欠かさない。この部分が将来の資産形成に繋がる部分
  • 投資信託はロボアドで代替可能。SBI証券や楽天証券なら、全ての商品をお得に試せる

多くの人にとって、資産形成の最終的なゴールは、老後のお金を貯めること、願わくばアーリーリタイヤできる金額まで増やすことだと思います。

そこまでどういった道を歩むかはあなた次第です。

筆者はどちらかと言えば、博打を打たない代わりに、堅実で手間がかからず、再現性の高い手法を選ぶことにしました

もし、運用方法でお悩みでしたら、1つの手法として参考になれば幸いです。

ここまでの話は全てSBI証券でやっている運用です。あなたが証券会社選びから迷っていたら、ぜひチェックしてほしいです。

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2018年12月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-年齢別
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.