青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログ「東北投信」の更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

お金

老後に備えるために毎月いくら貯蓄すれば良いか

投稿日:2017年5月31日 更新日:

Photo by ぱくたそ

老後のお金の問題は悩ましいものです。

若いうちは実感がわかないことも多いのですが、歳を重ねてお金の知識が身についてきたり、年齢そのものを感じたりするようになると、次第に老後のことも意識する機会が増えてきます。

また、両親が年老いることによって、「将来自分もこうなるのかな」とイメージを重ねたりもしますよね。

長寿が当たり前になった社会において、とても悩ましい問題です。

老後の備えに失敗すると、下記記事で紹介したように、悲惨な将来が待っています。彼らがそうだったように「自分はそうならないはず」と安易に安心するのは危険です。

老後破産系の本を読んだらいろいろ悲惨だった

Photo by ぱくたそ 筆者は投資や資産運用に興味を抱くと同時に、高齢者や若年層の貧困に関する問題を論じる書籍もちょっとだけ読みます。 貧困も直接的にはお金の問題(間接的には人のつながりがなくなる …

続きを見る

しかし、私たちには老後に備えるための十分な時間があります。この時間を利用して、徹底的に対策を立てるのです。

あなたは準備を始めていますか?

[スポンサーリンク]

 老後にいくらお金が必要なのか

以下記事では2,000万円必要だという東洋経済Onlineの記事を引用していますが、実際には老後になってみないとわかりません

老後までに2000万円を貯める方法

Photo by PIXTA 現在働く私たちにとって、老後のお金の問題は1つの不安材料です。 あなたも老後のお金の心配をしていませんか。 ある論調では老後に1億円必要だなんて話もありますね。 個人的に …

続きを見る

このあたりは資産運用と同じで、だいたいこのぐらいだろうと目安を立てることはできますが、実際には現実になってみないとわからないのです。

お金は潤沢なほうがよい

ただ、1つ言えるのは「お金は潤沢なほうが良い」点です。

資本主義社会においては、お金は選択肢の多さに直結します。例えば、お金があれば様々な介護施設を選べますが、お金が無ければ、そもそも介護施設を利用するという選択すら難しくなります。

だから、筆者個人としては、2,000万円と言わず、1円でも多くのお金を現金と株・投資信託という形で保有すべきだと思います。

老後に備えるために毎月いくら貯めればよいか

というわけで、もし、65歳時点でまとまった資産を保有するために、30年間毎月貯蓄するならば、いくら貯蓄すべきなのか紹介します。

下表のうち、左側(貯蓄)は純粋に貯金だけで目標金額を目指すケース、右側(年利2%)は年利2%の商品に積立投資して目標金額を目指すケースです。

実行期間は30年間です。

目標額
(30年後)
毎月の貯蓄額
(貯蓄のみ)
毎月の貯蓄額
(年利2%)
1,000万 27,778円 20,000円
2,000万 55,556円 40,000円
3,000万 83,333円 60,000円
4,000万 111,111円 80,000円
5,000万 138,889円 100,000円
6,000万 166,667円 120,000円
7,000万 194,444円 140,000円
8,000万 222,222円 160,000円
9,000万 250,000円 180,000円
1億 277,778円 200,000円

毎月5万円近い貯蓄もなかなか大変だと思いますが、あなたはいかが感じるでしょうか。

老後までに1億円を貯めるには

これだけ見ると1億円を目指すのはかなり苦労するように感じますが、単純に貯蓄だけで1億円を目指すケースと、資産運用込みで1億円を目指すケースでは話が違います。

毎月の貯蓄だけで1億円を目指すには

毎月約28万円の貯蓄が必要です。仮に生活費に20万円用いたとしても、最低50万近い収入が必要です。

ただ、税金の控除などを考えると、額面では月70~80万近い収入を実現しないと難しいと思います。

年収1000万円クラスの仕事につかないと無理ですね。

運用込みなら実現できるかも

株や投資信託などの金融商品を運用している場合には、そちらの配当金・分配金も期待できるため、無駄遣いさえしなければ不可能ではないと感じます。

ある程度金融商品の資産残高が増えていけば、おのずと収入も増えていくわけですから。

積み立て期間が短いと苦労する

他の記事でも触れましたが、積み立ての期間を短くすると、毎月の積立額が大きくなるために、貯蓄にさらに苦労することになります。

分かりやすくいえば、30代から30年間と40代から20年間で老後に備えるのでは、より時間の短い後者のほうが不利だ、という話です。

以下は、同じ金額を30年間で貯めるケースと20年間で貯めるケースで比較したものです。

目標額 毎月の貯蓄額
(30年)
毎月の貯蓄額
(20年)
1,000万 27,778円 41,667円
2,000万 55,556円 83,333円
3,000万 83,333円 125,000円
4,000万 111,111円 166,667円
5,000万 138,889円 208,333円
6,000万 166,667円 250,000円
7,000万 194,444円 291,667円
8,000万 222,222円 333,333円
9,000万 250,000円 375,000円
1億 277,778円 416,667円

ご覧の通り、20年間のケースでは、1,000万円を貯めるために毎月4万円以上の貯蓄が必要になります。

お金を貯めるなら、できるだけ早い、長いほうが有利なのです。

貯蓄だけが全てではない

本記事では毎月お金を貯める(運用する)だけで話を進めてきましたが、ほかにもあなたの稼げるスキルに投資してより収入を伸ばすという考え方もありますよね。

あなたが、

  • もっと上を目指したい
  • 俺はビッグになりたい

などと思うなら、単なる貯蓄よりも、いかに稼ぎを増やすかを考えてみるのも面白いと思います。

いずれにせよ、合法な手段でまとまったお金を手にできればいいのですから、必ずしもここでの毎月の貯蓄額にこだわる必要はないことを申し添えておきます。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • 老後に備えるために潤沢な資金があったほうがよい。メディアの「老後にxx円必要」といった記事は参考程度に
  • 老後のお金を貯めるのは早いほうが良い。40代を超え、老後が近づくほど、毎月の貯蓄額は高くなるために苦しくなる
  • 貯蓄以外に稼げるスキルを磨くのも1つの手。意識の高いあなたへ

です。

なお、私たちの老後は生涯現役時代だからお金の心配は不要という主張もあります。

「老後の備えは300万の定期預金で十分」のワケ | PRESIDENT Online

いろんな見解があって何が正しいのか迷ってしまいますが、あなたの老後のことですから、考えるべきはあなたの役割です。

  • 老後も人並みの生活でよいのか
  • 旅行などを楽しむ悠々自適な生活を送りたいのか

で、当然目指すべき方向は違います。

個人的には旅はできなくとも、お金の心配だけは絶対にしたくないと思っています。

あなたはいかがお考えでしょうか。

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2018年12月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-お金
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.