青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

GMOクリック証券

誰でも簡単に株を選べるGMOクリック証券の財務分析ツール

投稿日:2017年6月2日 更新日:

「この企業の株を買って、将来値下がりしないかな?」とか、「今の業績ってどうなんだろう?」って思うことってよくありますよね。

特に最初のうちは「絶対損したくない」と感じてしまうと、銘柄選びが難しくなり、投資のハードルを引き上げてしまったりするものです。

そんな銘柄選びに困っているあなたに絶対に知っておいてほしいのがGMOクリック証券のとあるツール。

  • 企業業績から将来の成長株を探したいとか、
  • 優待銘柄がほしいけど、なるべく株価の値下がりで損をしたくない

とか考えるなら、GMOクリック証券は口座開いておいたほうがいいと思います。

同証券の利用者のみが無料で使えるツールがめちゃくちゃ便利なんです。

[スポンサーリンク]

財務分析ツールで企業業績を丸裸に

GMOクリック証券で利用できる財務分析ツール。これが半端なく便利です。

業績の分析って難しいですよね

あなたが既に投資の勉強をしていたり、投資経験があればご存知だと思いますが、株式投資で銘柄を選ぶ方法の1つにファンダメンタル分析があります。

ファンダメンタル分析とは、企業業績から将来の有望株を探す分析手法。特に1年やそれ以上の投資期間において、将来値上がりを期待できる銘柄を探したい時に適用できます。

しかし、このファンダメンタル分析はとても難しいです。

  • 過去の業績データを探してこなければいけない
  • 数値をエクセルなどに落とし込んで、加工しなければいけない
  • 1社だけならまだしも、複数社分析するのは大変!

と、手間も時間もかかります。加えて、手間も時間もかかった割に、その分析が正しいかどうかは将来にならないとわかりません。

普段仕事とかしてればそんな暇ないですよね。

「もっと手軽に将来値上がりしそうな株を探した~い!」

そこで出てくるのGMOクリック証券の財務分析ツールです。

「財務分析ツール」めちゃくちゃすごいです

  • 利用は無料です
  • 利用できるのはGMOクリック証券に口座を持つ人のみです

筆者はこのツールとバイナリーオプション(一定時間後の相場を当てるハイ&ローゲーム)のために、GMOクリック証券に口座を開きました。

他の会社でも財務情報が出てくることは多いですが、大抵は数字の羅列で、なかなかイメージがつきにくいんですよね。

そんな時に超グラフィカルにあれこれ魅せてくれるのが、GMOクリック証券の財務分析ツール。エクセルでわざわざ加工する手間すら省いてくれます。

ちょっとモザイクかけてますけど、こんな感じです。

賃借対照表

賃借対照表は、企業の資産や負債の状態を表す表のことです。「表」の名が示すように、普通は表形式です。

ただし、GMOクリック証券の財務分析ツールでは、この図のように色分けされたグラフとして表示されます。

損益計算書

こちらは過去5年の業績の推移を表した損益計算書をグラフ化したもの。売り上げや利益の推移が一目でわかります。

このあたりはしばしば企業のコーポレートサイトでも閲覧できたりしますね。

キャッシュフローマトリックス

企業がどのくらい投資して、どのくらい利益を得ているかを示した投資キャッシュフローと営業キャッシュフローをマトリックスに落とし込んだもの。

この図からも企業の現在の状態がわかります。

一言アドバイス

銘柄によってはちょっとしたアドバイスが書いてあることもあります。

低迷期から一転、ここ2年は事業で稼げるようになってきてはいますが、 一過性の危険性もあります。 注意が必要です

  • 「直近の投資の内訳、ここ2年の業績改善の要因は何か?」がポイントになります。
  • 「投資キャッシュフロー」の内訳を見て売却資産や投資の内容を確認しましょう。
  • 有価証券報告書の「事業の概要」で業績改善の理由を確認しましょう。
  • 「利益率」や「運転資本回転率」を見て「営業キャッシュフロー」の変化の理由を確認しましょう。

どこをチェックすればよいかまで教えてくれるなんて、とても素敵です。

財務分析ツールのデメリット

と、ここまでだと上手い話なので、ちょっとしたデメリットも挙げておきます。

  • ツールの分析機能は絶対ではない(絶対値上がりする株式情報を提供するものではない)
  • PCページからログインしないと見れない

分析機能が絶対ではないのは当たり前の話として、割と重要なのがPCページ専用で提供されている点だと思います。スマホからだとちょっと不便なんですよね。

スマホから財務分析ツールを閲覧する方法

スマホ標準のウェブブラウザを利用し、グーグル検索を経てGMOクリック証券のPCページにログインしてください。

標準のウェブブラウザとは、iOSの場合はSafari、Androidの場合はChromeです。

GMOクリック証券に口座を開いてお得に株を買おう

さて、最後にちょっとした小ネタ。

GMOクリック証券はもともと安価な手数料で株取引できる証券会社ですが、親会社であるGMOクリックホールディングス(証券コード:7177)の株主になると、株主優待としてGMOクリック証券の売買手数料がキャッシュバックになるサービスも提供しています。

2017年6月2日時点で1株781円、優待が適用される単元株である100株で78,100円ですから、10万円未満で投資できる銘柄の1つです。

筆者はすでに同社の株式を仕込んでおり、次の株主優待の権利確定日(本記事執筆時点で2017年6月末)を待つばかり。

優待が適用されたら、他の優待銘柄をお得な手数料でたくさん買い込みたいと思っています。

あー早くこないかなっ!

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • GMOクリック証券に口座開設した人のみが同社の財務分析ツールを無料で利用できる
  • 財務分析ツールを使うと、あなたは難しいファンダメンタル分析から解放される
  • GMOクリックホールディングスの株主になるとさらにお得

です。

その他、「かんたん銘柄診断」など、初めてでも簡単に投資先を選べる機能が充実しています。

あなたが、「もっと簡単に株の銘柄選びができるようになりたい!」と感じるなら要チェックな証券会社です。

≪GMOクリック証券≫取引に必要なマーケット情報が充実!企業分析ツールや投資情報が無料!

 

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-GMOクリック証券
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.