青森県八戸市の30代投資信託ブロガーが作る資産運用ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

忍者ボタン

初めての株式投資

株の購入方法・買い方を説明する

投稿日:2017年6月3日 更新日:

株を購入する方法は簡単です。

しかし、初めての資産運用や株式投資だと、そもそも株の買い方がわからないって話はよくある話です。

それもそのはず。私たちは大人になるまで、一切の金融教育を受けてこなかったのですから。

筆者も最初はよく知らずに、試行錯誤しながら株を買ったものです(しみじみ)。

というわけで、以下では株の購入方法と、その際に考慮すべきことをご紹介します。

[スポンサーリンク]

株の購入手順は簡単

株の購入手順は簡単です。

  1. 証券口座を開設する
  2. お金を入金する
  3. お好みの株を買う

証券口座開設に関する疑問

お金はかかりますか

無料です。

どういった基準で証券会社を選びますか

定番は株を購入する際に生じる手数料額の大小

よくある選び方は株を買う際に生じる手数料の大小です。

手数料は、株を買ったり売ったりする際に、その取引金額に応じて手数料を支払います。もちろんですが、取引回数が多く、金額も大きいほど手数料額は高くなります。

ただ、年に数回しか売買しないような中長期投資では、そこまで手数料の差は効いてこないため、別の基準で選ぶ必要があります。

取引商品や提供サービスの差異

どの証券会社も国内株式は買えますが、それ以外の商品は証券会社次第で取引できる・できないがあります。

例えば、ネット証券として名前の知られているSBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券、松井証券では、国内株や投資信託を買う以外にも、

  • SBI証券:住信SBIネット銀行との連携(元本保証の高金利預金)
  • 楽天証券:(通販サービスとしての)楽天との連携
  • マネックス証券:アメリカ株に強み
  • カブドットコム証券:Kabu.study(投資の勉強ができるサービス)
  • 松井証券:デイトレーダーが多め?

といった強みがあります。

筆者はSBI証券に口座を持っていますが、もともとは住信SBIネット銀行の高金利預金(ハイブリッド預金)から始めました。

証券会社のサービスは似通ってきている

日本にはたくさん証券会社がありますが、正直ほとんどサービスが似通っていて、差別化が難しいと言えます。

  • 株も買えます
  • 投資信託も買えます
  • 個人向け国債も買えます

みたいな証券会社は多いです。

そのため、近年はどの証券会社に口座を開いても、ほとんど同じサービスを享受できるようになっています。

しかし、例えば

  • スマホアプリから株を購入したいのか
  • 証券会社の店頭窓口から株を購入したいのか

は、大きなサービス・手数料の違いにつながります。

特にあなたが昼間働いているなら、スマホやパソコンなど、インターネットで株を購入できるかどうかはチェックするべきです。

ちなみに、先に挙げたネット証券は手数料が安価な代わりに、株の購入経路はスマホやパソコンに限られます。店頭窓口はありません。

証券口座の入出金方法に注意

地味に見逃しやすいのが、証券口座への入金方法です。証券口座は銀行口座のようなもので、先にお金を入金してから株式を買います

例えば、以下は筆者の証券口座画像ですが、現金残高等として161,665円入金されていることが分かります。だから、161,665円までで買える株式ならば購入可能です(買付余力と言います)。

このような事情から、証券口座に簡単に入出金できる仕組みがあると、証券会社の使い勝手ははるかに高まります。

個人的には、提携銀行を持つSBI証券(+ 住信SBIネット銀行)か楽天証券(+ 楽天銀行)がオススメです。提携銀行にも口座を持つことで、コンビニATMからの入出金が容易になります。

SBI証券口座に入金するにはどんな方法がある?

Photo by PIXTA SBI証券ユーザーの筆者が東京に住んでいたとき、セブン銀行から住信SBIネット銀行のハイブリッド預金経由でSBI証券に入金していました。 というのも、住居から歩いて15秒 …

続きを見る

また、SMBC日興証券やみずほ証券のようにATMカード(いわゆるキャッシュカード)を提供している証券会社もあります

SMBC日興証券のおすすめポイント

筆者のメインの証券会社はSBI証券(SBI証券のおすすめポイント)ですが、サブの証券会社としてSMBC日興証券の口座を保有しています。 SMBC日興証券は業界中堅クラスの証券会社で、約230万口座(2 …

続きを見る

購入する株の選び方

最初は有名企業の株式を買ってみよう

最初はよく名前の知っている企業の株式を買えばいいと思います。

などなど。

最低投資金額が低く、購入しやすい銘柄にみずほフィナンシャルグループ(みずほ銀行の親会社)があります。

初めて株を購入したいあなたへオススメする2万円で買える銘柄

株式に興味があるけど、「どの銘柄を買えば良いかわからない」ってよくある話です。 株式市場には3,000を超える銘柄が上場していますから、選ぶの大変ですよね。 というわけで、もし筆者が「初心者向けの銘柄 …

続きを見る

始めのうちはわからないことが多いと思いますから、大金を動かさずに取引に慣れるのが良いと思います。

将来的にはあなたなりの選び方を

将来的には、各投資家次第で選び方が変わってきます。

例えばデイトレ(短期売買)で利益を目指す投資家もいますし、優待や配当金狙いの中長期投資で利益を目指す投資家もいます。

筆者個人としては、後者の中長期投資をお勧めしたいです。あなたのライフスタイルにもよりますが、平日の昼間って何されてます?

そう、働いたり勉強したりしていれば、株を買ったり売ったりする時間って限られますよね。

それなら、長く投資し続けて、配当金や株主優待を貰うことを目指す長期投資をオススメしたいと思いますが、いかがでしょうか。

中長期投資に適した銘柄を探す方法

GMOクリック証券の財務分析ツールのように、中長期投資に適したツールもあります。

誰でも簡単に株を選べるGMOクリック証券の財務分析ツール

「この企業の株を買って、将来値下がりしないかな?」とか、「今の業績ってどうなんだろう?」って思うことってよくありますよね。 特に最初のうちは「絶対損したくない」と感じてしまうと、銘柄選びが難しくなり、 …

続きを見る

SBI証券の株主優待検索も割と充実していて、筆者はよく使っています。

SBI証券のおすすめポイント

まだ資産運用を始めていないあなた!あなたのお金の悩みはありませんか? 将来のためには資産運用をしたほうがよいのか? でも資産運用をして損をするには不安だ よく「老後の備えを」と言われますが、その備え方 …

続きを見る

こんな人には株の購入をオススメ

  • 資産運用として株式投資に興味をもっている人
  • 株主優待や配当金など、給与以外の収入源を作りたい人
  • 好きな企業・応援したい企業がある人
  • 数十万円以上で、かつ近い将来に使う予定のないお金を保有している人
  • デイトレーダー・専業投資家として、将来会社から独立したい人

株の購入までに生じる様々な疑問・質問

株の取引時間は何時?(何時なら株を購入できるの?)

証券市場が開いている時間は、

  • 午前:9時~11時30分
  • 午後:12時30分~15時

です(株式はいつ取引しているの?)。

no image
株式はいつ取引しているの?

株の取引時間についてですが、日本の取引市場は前場と後場に分かれております。 前場は9:00〜11:30、後場は12:30〜15:00となっております。 これが基本的な通常の株式取引の取引時間です。 ま …

続きを見る

この時間帯ならば、私たちはリアルタイムに株式を購入することができます。

ただ、この時間外でも株式の予約注文はできますので、この時間に取引できないことを強く意識する必要はありません。

時間外に注文できる?

もちろんできます。

時間外の注文は翌営業日の注文として受け付けられます。

みんないつ株を買ってるの?

この話は株の購入タイミングはいつが良いのか

株の購入タイミングはいつが良いのか

Photo by ぱくたそ 株式投資には興味があるけれども、なかなか購入にまで至らないというあなたは、きっと「株をいつ購入すればよいのか」という悩みをお持ちのはずです。 昼間働いているのに、ほかの人た …

続きを見る

銀行で株式は購入できる?

できません。証券会社の利用は必須です。

どの証券会社で株を買っても同じ?

同じです。

例えば、「利用する証券会社次第で株主優待がもらえないのでは?」みたいな不安もあるようですが、そんなことはありません。

ネット証券は誰でも株主優待や配当金ってもらえるの?

例えば、あなたがインターネットで「ネット証券が超おすすめ!」なんて記事をご覧になった時、 ネット証券で株を買っても、株主優待や配当金を貰えないのではないか 野村證券や大和証券など、従来の証券会社とは優 …

続きを見る

違うとすれば、先に挙げたように証券会社のサービスが微妙に違うぐらいです。

株を買うお金はいくら用意すればいいの?

株価次第です。

ただ、東京証券取引所では2018年までに「100株・50万円以下で株を買えるようにしよう」と取り組んでいるため、一つの目安としては50万円用意すれば良いです。

株式投資はいくらから始める?

「株式はいくらから始める?」 この質問はおそらく2つの意味を持つはずです。 純粋の株式投資に必要なお金(株を買うために必要なお金はいくらか?) 1つ目を踏まえてあなたがいくらから株式投資を始めるのが良 …

続きを見る

しかし、50万円以内で購入できる株式もたくさんあるので、「50万円なければ株は買えない」とは思わないでください。

50万円は、どうしても目安が欲しい人に対する答えです。

注文方法について知りたい

基本は、

  • 指値(さしね)
  • 成行(なりゆき)

の2つです。

no image
指値注文と成行注文

株式売買の注文方法としては、大きく分けて指値注文と成行注文がございます。 指値注文というのは、「ある銘柄の株式を一株◯◯円で買う又は売る」のように、売り買いをする金額を指定して注文を出すことを言います …

続きを見る

消費税はかかる?

株式の購入必要に消費税はかかりません。

その代わり、証券会社に支払う手数料には消費税がかかります。

株を買って借金することはある?

株で借金はよくある失敗談ですが、初めての投資ならば心配は不要です。

株式投資には、代金を支払って株を買う現物取引と、お金を借りて株を買う信用取引があり、借金の可能性があるのは後者です。

no image
現物取引と信用取引

株式投資は現物と信用どちらがメリット高いのでしょう。株式を購入するためにはご自身の証券口座を使用して取引を行います(株の購入方法・買い方を説明する)。 証券口座には現物取引と信用取引口座があります。一 …

続きを見る

通常、証券口座開設後に利用できる取引は現物取引のみです。信用取引を始めるには、相応の取引経験があり、かつ証券会社の審査をパスした投資家のみです。

言い換えると、株で借金の可能性がある取引は、投資家であるあなた自身が自発的に信用取引の審査を申し出なければ利用できません。

だから、間違って信用取引で株を買ってしまい、突然借金を背負うなんてことはありません。

株式が高すぎて購入できません・・・

そのような場合は「単元未満株制度」を利用しましょう。

no image
単元未満株投資で少額資産運用

株式投資は高額なお金が必要だと思われているようです。あなたもそんな誤解をしていませんか? なかなか普及が進まないのですが、実は株式にもより少額で投資を始めるための商品があります。 100万円?10万円 …

続きを見る

単元未満株は、通常100(もしくは1000)株の取引する株式を1株から購入できる制度です。

単純に100分の1(もしくは1000分の1)ですから、投資に必要なお金も劇的に少なくなります。

最近だと、SBI証券の新しい株取引アプリでも1株単位で購入できるようになりました。

配当金をもらえますので、お金がないときやお試しで買ってみたいときに利用できますね。

オススメの株主優待を教えてください

イオンが良いと思います(なぜ株主優待初心者にイオン(8267)の株式はオススメなのか)。

なぜ株主優待初心者にイオン(8267)の株式はオススメなのか

株主優待投資をはじめようとしたときに、 どの銘柄を買えばいいんだろう? 何かオススメの銘柄はないかな? と思うことはよくある話だと思います。 そんなときに必ず知っておいて欲しい銘柄はイオン(8267) …

続きを見る

株主優待投資初心者は何から始めればいいのか

Photo by PIXTA さぁ、株主優待投資を始めよう。あなたは何から始めますか? え?株ってどう買えばいいの? どうすれば株主優待ってもらえるの? 初心者にオススメの株主優待って何? 私たちは金 …

続きを見る

100万円で株式はどのくらい買えますか

「どの銘柄を買うか」にも依存しますが、優待銘柄を複数購入することは十分可能です。

no image
100万円で株式はどのぐらい買えるのか

若い人は例えば100万円といったきりの良い数字で投資を始めることが多いかと思いますが、その100万円で何がどのくらい買えるのかは、意外と分からないと思うんですよね。 例えば株式。 100万円でどんな株 …

続きを見る

例)SBI証券での株の購入方法

以下は、筆者も利用するSBI証券で、スマホアプリ(HYPER 株アプリ)で株を購入する手順を示した動画です。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 株を買うためには、「証券口座開設→入金→株を買う」の流れ
  • 証券口座を開設する際は証券口座への入金方法に注意。提携銀行かATMカードを利用できると入金が楽
  • 株を買うために必要なお金の目安は50万円(ただし50万円未満で買える株も多い)

目安は50万円とはいえ、50万円未満でできることも多いです。

証券口座開設は無料ですから、まずは口座を開設して、適当に株や投資信託を買ってみるのが良いと思います。

優待とかもらうといろいろ楽しいですよ!

フッタ広告3

あなただけに特別に教えたい。オススメの証券会社

★投資信託で失敗せずに資産形成したいなら、
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選

★お金がないけど将来の資産形成に興味があるなら、
お金はないけど今すぐ投資を始めたいあなたにオススメする証券会社3選

★資産運用を始めるなら350万人が利用するネット証券最大手「SBI証券」をオススメします!筆者も利用しています!
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての株式投資
-, ,

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.