青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログ「東北投信」の更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

積立投資

積立投信のオススメファンドはずばりどれ?

投稿日:2017年7月23日 更新日:

最初に述べておきますが、以下の話は、

  • 必ず儲かる投資信託を挙げているわけではありません
  • 将来新商品が出れば、オススメでなくなる可能性があります
  • 筆者は現在販売されている投資信託の全てを把握しているわけではない

という前提でご覧ください。

2017年7月22日時点で、筆者がオススメの投資信託を聞かれたら、これを挙げるだろうってものです。

もしあなたが投資信託を選ぶ基準を持っておらず、「もう頼むから、誰か俺にあうファンドをオススメして!」って場合にご覧いただければ幸いです。

なお、説明不要でしょうが、積立投信の始め方は下記で紹介しています。

積立投信の始め方。毎月の少額投資で将来のお金の不安に備えよう

あなたが将来(老後)のお金を不安に感じているなら、今すぐ資産形成を始めるべきです。 よく「高齢者に資産が集まっている」とは言われますが、実際には70歳の17.3~26.6%、80歳の22.9~28.1 …

続きを見る

[スポンサーリンク]

オススメ投資信託3種

運用リスク別に3つ挙げます。どれか1つ選べば良いです。

高リターンタイプ:ニッセイ外国株式インデックスファンド

超鉄板ですが、積極的にリターンを追いたいあなたにはこれがオススメ。

この投資信託はアメリカを中心とする先進各国に投資を行います。

投資先に日本は含みませんが、私たちはもともと日本の資産(= 現金・預金)をたくさん持つ傾向にあるので、金融資産全体で言えばバランスは取れています。

リターンは高い一方でリスクも高めなので、「損したくない」意向が強い方には向いていません。

中リターンタイプ:eMAXIS slim 8資産均等型

ミドルリスクミドルリターンといえばこれ。

他にも類似ファンド(iFree 8資産バランスなど)もあるので、そちらでも良いです。どちらを選んでも、基本的にはほとんど同じ運用成績になるかと思います。

8資産均等型の利点は、「将来どの市場が値上がりするかわからないから、全部の市場に投資しようぜw」という潔さ。個人的には、この考え方はわかりやすくて好きです。

しかも、それでいて、意外とバランスのとれたリスクリターンにもなっています。

万人向きの投資信託だと思います。

低リターンタイプ:eMAXIS 債券バランス 2資産均等型

マイナーなのがネックですが、低リスクな投資信託として、2資産均等型を挙げたいと思います。

この投資信託は、50%日本債券、50%為替ヘッジ付き先進国債券で構成されています。為替ヘッジの分だけ利回りは下がるものの、値動きの幅も小さくなっています。

さらに株式を含まないので、その分だけリスクもリターンも下がっています。

これよりリスクを下げると日本債券を選ぶことになるんですが、個人的に日本債券100%の運用は好みません。

というのも、普段から日本円として国内資産を持っているので、日本円と日本債券だけで資産運用しても、インフレや円安などのリスクを回避できないからです。

そこで、海外資産を加えてやろうということで、この2資産均等型の登場です。1つの投資信託内で日本債券と先進国債券の両方を保有しているため、インフレリスクなどもカバーできています。

インフレ対策程度で、あまり大きな損はしたくない人向きです。

オススメ投信の運用方針を考える

ここでは上記から投資信託を1本選択し、

  • 資産の一部で、あなたが選んだ投資信託を買う
  • 残りの資産はすべて現金・預金として保有する

という方針を考えてみます。

例えば、あなたが100万円を運用するなら、

  • 70%(70万円):現金・預金
  • 30%(30万円):eMAXIS slim 8資産均等型

といった配分です。

現金・預金と1つのリスク資産だけで資産運用を行う

資産運用を簡単にする方法の1つに、リスク資産(株や投資信託のこと)は1つだけ選び、残りは無リスク資産(現金・預金のこと)を選び、あなたが保有する資産全体のリスクリターンを、リスク資産と無リスク資産の割合で調整する、という方法があります。

何が言いたいのか、というと、例えば、以下のような事例を考えます。

  • リスク資産のリスク:10%
  • 無リスク資産のリスク:0%

ここでいうリスクとは得られるリターンの振れ幅のこと。リスクが高いほど、将来の見込み損益は大きくなります(つまり、運用上の予定が狂いやすくなる)。

例えば、

  • リスク資産:100%
  • 無リスク資産:0%

といった配分では、あなたの資産は10%のリスクを背負うことになります。

しかし、

  • リスク資産:10%
  • 無リスク資産:90%

とすると、あなたの資産全体が抱えるリスクは1%に軽減されます。

この考え方を利用すると、あなたが多少リスクリターンの高い投資信託を選んだとしても、リスク資産と無リスク資産の割合を調整することで、あなたの資産全体でのリスクは低減することができます

「資産運用だから」と資産のすべてを株や投資信託に変えてしまう必要はないんです。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • eMAXIS slim 8資産均等型
  • eMAXIS 債券バランス 2資産均等型

の3つをオススメ投信として挙げました。

冒頭でも述べましたが、この投資信託が特別儲かるってわけではないです。あくまで運用方針としてオススメしやすいってだけで。

あなたにぴったりの投資信託が見つかれば幸いです。

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2018年12月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-積立投資
-, ,

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.