青森県八戸市の30代投資信託ブロガーが作る資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

忍者ボタン

初めての資産運用 積立投信

自営業者・フリーランスの老後対策!毎月10万円超の赤字ってマジ?

投稿日:2017年8月1日 更新日:

このサイトをご覧のあなたはおそらく会社員である可能性が高いかと思いますが、会社員以上に老後の問題を考えなければいけないのが、自営業者・フリーランスです。

要するに、自営業で飯食ってる筆者のことです!・・・や、やばい。

厚生年金のある会社員と異なり、自営業者・フリーランスの老後保障は国民年金しかありません。

国民年金って満額の支払い(45年間納付)でいくらもらえるか知ってます?

約6万円!

いやいや、いくら節約生活したとしても6万円では生活していけませんって。

eMAXIS slim 8資産均等型を利用して65歳時点で4,000万円の資産を築くでも引用したマネーポストの記事によると、

  • 老後の収入:約21万円
  • 老後の支出:約26万円

で計算されています。

eMAXIS slim 8資産均等型を利用して65歳時点で4,000万円の資産を築く

老後のお金の心配は尽きないですよね。 筆者もヤフーとかで「老後破産」とか「下流老人」とかいった記事を目にすると、ついつい読んでします。 さて、現時点の統計によると、現在の平均的な高齢者が65歳時点で必 …

続きを見る

これがもし、自営業者やフリーランスの場合には、

  • 老後の収入:約12万円(夫婦2人暮らしの場合、6万円 × 2人)
  • 老後の支出:約26万円

と、毎月14万円近い赤字になることがわかります。

そこで、以下では自営業者やフリーランスが老後に備えるために、どのような運用が求められるかを考えたいと思います。

自分のことなのでめっちゃ本気で考えねば!

[スポンサーリンク]

自営業者・フリーランスの老後の必要な金額を算出

例えば、65歳時点から85歳まで生きたとして、毎月14万円の赤字を累積すると、14万円 × 12ヶ月 × 20年 = 3,360万円と超びっくりな額に。

しかもこれは、

  • 老後に大病しない
  • お金の価値が現在と将来で変わらない(インフレで物価が上がらない)

といった前提での算出なので、実際に4,000万円か5,000万円近くお金が必要になります

年金は「国民年金だけ」の人たちは超やばい

そもそも、国民年金の支給額が少ないのは、自営業者が老後も働き続けることや、子供に面倒をみてもらうことが前提になっていたからです。

老後破産系の本によると、国民年金支給の農家が、お金に困窮しているけど、田畑を売ると生活の糧を失うために困っているといったケースが紹介されていました。

16年前夫が無くなってからは北見さんの生活はより厳しいものになっていった。(中略)赤字が出るたびに、田んぼを切り売りし、そうして規模が縮小されると、より収益が減り、赤字だけが増えていった
出典:老後破産 長寿という悪夢

もし、

  • 65歳以降も働き続けていて、
  • かつ子供に面倒を見てもらえない

といった状況ならば、病気などで体を壊した時点で生活が成り立たなくなります

近年は子供がリストラとか非正規雇用とかうつ病とかはよくある話なので、資産の無い自営業者・フリーランスは高確率で生活が破綻します

「ブログで食べてる」フリーランスもやばい

上記の話はまだ田んぼがあるからいいものの、最近の「オレ、ブログで食べていきます!」的なフリーランスは、本当にガチで稼がないと超やばいんですよね。

  • 何か強い技術もなにもない
  • 資産になるものもない。強いて言えばパソコンだけ

これで満足に稼げないまま30代、40代とかになってしまったら老後破産はほぼ確実な状況ですよね。

フリーターや非正規雇用はやばいどころではない・・・

あ、あと、厚生年金に加入していないフリーターや非正規雇用者もこのコースに属しています。

仕事の稼ぎが少ないのに、人一倍老後の備えをしなければいけないって、もう最初から詰んでる気がします・・・。

投資信託を利用して将来に備える

というわけで、以下では現役時代にお金を稼いでいることを前提に、資産を作る方法を考えます。

ここでの救世主はやはり投資信託です。キミ、たよりになるわぁ。

以下の記事ではeMAXIS slim 8資産均等型に30年間、毎月3万円ずつ投資して、4,000万円を目指すことを紹介しました。

eMAXIS slim 8資産均等型を利用して65歳時点で4,000万円の資産を築く

老後のお金の心配は尽きないですよね。 筆者もヤフーとかで「老後破産」とか「下流老人」とかいった記事を目にすると、ついつい読んでします。 さて、現時点の統計によると、現在の平均的な高齢者が65歳時点で必 …

続きを見る

今回はもう少し欲張って5,000万円を目指してみます。

ちなみに、モーニングスターの金融電卓で計算すると、30年間、毎月4万円積み立てて、年利7.1%で運用し続けると、30年後に5,000万円を超えます。

検証:30年間積立投信をするといくらになるか

ここでは、eMAXIS slim 8資産均等型に毎月4万円を30年間積み立てたと仮定し、将来の期待成績を算出します。

計算手法としてモンテカルロ法を、また計算に用いるパフォーマンスは、野村アセットマネジメントの投信アシストを参考に、以下のデータとしました。

  • リターン:7.8%
  • リスク:13.2%

この結果は、あなたの将来の成績を保証・約束するものではありません乱数計算参照時の注意点)。あくまで、乱数で計算した場合の話です。

また、実際には投資信託の信託報酬や税金が発生するために、計算上の運用成績よりも低い成績になると予想されます。

8資産均等型に毎月4万円を30年間積み立てた時の成績

というわけで、計算結果です。

計算回数 1,000回
運用年数 30年
総投資金額 1,440万円
最高評価額 25,686万円
(+24,246万円)
最低評価額 923万円
(-517万円)
平均評価額 5,694万円
(+4,254万円)
元本割れ回数 2回
元本割れ確率 0.2%

とご覧の通り、総投資額1,440万円に対し、平均評価額は5,694万円となりました。

きちんと稼ぎを建てなければいけないので、毎月4万円を積み立て続けるのは、なかなか大変かと思います。

できれば、もうちょっと楽になる線も考えてみたいですよね。

税金も忘れないでね

投資信託の運用で利益が出た場合には、2017年現在で20.315%の税金が発生します(投資信託にはどんな税金がかかるの?)。

no image
投資信託にはどんな税金がかかるの?

投資信託の運用益には税金はかかります。 しかし、源泉徴収されますので、あなたが手を煩わせることはありません。 あなたが受け取る利益に直結するのでしっかりと理解しておきたい分野です。 [スポンサーリンク …

続きを見る

投資信託以外の金融商品も利用してみよう

投資信託だけでも5000万円超を目指すことは可能ですが、何もeMAXIS slim 8資産均等型の一本だけで頑張る必要はありません。

他の金融商品も利用することで、もっと多角的に資産形成を考えるのも良いと思います。

その代表が、確定拠出年金(iDeCo)です。

iDeCoなら掛け金の全額が税金控除になりますし、自営業者なら毎月68,000円まで拠出可能です。

普通に投資信託を買うと、利益を確定した際に税金が引かれますので、税金控除で運用できるiDeCoのほうが有利な運用を期待できます。

また、他にも株式不動産などの資産は積極的に増やしていきたいですよね。

配当金とか家賃収入を増やして、収入そのものを底上げして行くべきかと思います。

60歳までに「資産1億円」と「毎月20万円の不労収入」のどちらを目指す?

あなたが様々な投資情報サイトを閲覧しているということは、 老後に向けてお金を蓄える必要がある(お金を貯めないと将来が不安である) その方策の1つに資産運用がある 資産運用を通じて、老後の備えをしようと …

続きを見る

筆者も、最初は失敗してもいいので、不動産投資はやってみたいなと思っています。

最初は仙台あたりのワンルームマンションかな。

[スポンサーリンク]

まとめ

以上をまとめると、

  • 自営業やフリーランスの老後は、毎月10万円以上の赤字家計になる可能性がある
  • 計算上、5,000万円近いお金があれば毎月の赤字を補填できる。その資産を積立投信で作るならば、8資産均等型に毎月4万円の投資
  • 確定拠出年金、株式や不動産など、他の金融商品を組みあわせて、税額控除や収入そのものの底上げをはかりたい

です。

実際に稼げている自営業やフリーランスはなんとでもなるんですよね。

普通に会社員より収入多い人もいますから。「まだ消耗してるの」って煽っている某高知の人みたいな。

問題は、自営やってるけど大して稼げていない人。もしくはフリーターや非正規雇用のように、会社員のように働くのに保証が薄い人。

うちはやばいほうなので頑張りますw

フッタ広告3

「つみたてNISA」を始めるならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

オススメしたいポイントはこちら
SBI証券でつみたてNISAや投資信託の積み立てを始めよう!

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の積立投信キャンペーンに参加して現金を当てよう!「つみたてNISA」も対象だよ!(2018年4月30日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての資産運用, 積立投信
-, ,

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.