口座開設から積立の終わり方まで。状況別道案内はこちら
   







「3000円投資生活」は本当に人生を変えるのか

3000円投資生活3000円投資生活

最近、「3000円投資生活で本当に人生を変える!」という本が販売されているので、本記事ではそれに便乗してみます笑

題して「「3000円投資生活」は本当に人生を変えるのか」!

家計のあたりのコンテンツは読んでないので、純粋に投資部分に注目してみたいと思います。

[スポンサーリンク]

毎月3,000円では人生変わりません

3,000円は投資額が少ない

最初から身もふたも無いことを述べてしまうと、わずか3,000円の投資では人生は変わりません投資額が少なすぎるからです。

「3000円投資生活」では、投資先として「世界経済インデックスファンド」を挙げています。

世界経済インデックスファンドは世界中の株式や債券に分散投資を行う投資信託で、世界経済の成長があなたの利益になるような投資信託です。いろいろ思うところはありますが、世界経済インデックスファンドのチョイス自体は悪くないと思います。

では、何が問題で人生が変わらないのかと言えば、簡単な話。

投資額が少なすぎる点です。

例えば、2009年から2020年まで、「世界経済インデックスファンド」に毎月3,000円ずつ積み立てると以下のような成績になります。

3000円投資を11年間継続してもお金はあまり増えない

出典:筆者作成

約40万円投資して、約48万円のリターンは、銀行預金に比べると遥かに多いリターンですが、人生を変えるほどの金額ではありませんよね。このグラフが示すように、爆発的に儲かるような投資ではないんです。

3000円投資生活のデメリットの解説と克服する方法
「3000円投資生活」の話をしましょう。 3000円投資に限りませんが、「投資信託を積み立てて資産形成する」という話のデメリットに、投資家が考えているほどには簡単にお金が増えない点が挙げられます...

仮に30年間毎月3,000円の投資を継続すると・・・

では、仮に現在の投資を今後30年間にわたって継続した場合の予測値も求めてみました。単純に3,000円を30年間積み立てると、3,000円 × 12ヶ月 × 30年 = 108万円になります。

毎月3000円の積立投資を30年間継続すると
計算回数1,000回
運用年数30年
総投資金額108万円
最高評価額1505万円
(+1,397万円)
最低評価額55万円
(- 53万円)
平均評価額385万円
(+277万円)
元本割れ回数11回
元本割れ確率1.1%

※計算条件:リターン:7.5%、リスク:13.7%、モンテカルロ法を利用。

30年後に期待される平均評価額は385万円と、運用金額に対して約3.5倍の運用成績になります。この運用成績自体は悪くありませんが、老後資金の備えとしては不十分です。

また、この計算には手数料や税金の類は考慮していませんから、実際には、108万円の投資に対して、300万円程度の運用成績になればいいほうだと思います。

30年投資して300万円だと、ほら、人生が変わるほどではないでしょ?

つみたてNISAやiDeCoを活用すると、税金がお得になる分だけ、将来のリターンが増えるかもしれませんね。詳しくは、以下の解説記事をご覧ください。
3000円投資生活で使える非課税制度
制度名メリット解説記事
つみたてNISA運用で得た利益が非課税つみたてNISAの解説記事
iDeCo
(個人型確定拠出年金)
掛け金が所得控除iDeCoの解説記事

3,000円投資で人生を変えるためには?

簡単な話です。最初は3,000円投資でも、将来的には投資額を増額すればいいのです。

投資信託はいつでも積み立てる金額を変更できます(iDeCoはややめんどくさい)。そのため、投資に慣れたら積立額を増やせばいいのです。その際には、本書の家計改善とかそういった話が役立ちますね。

ちなみに計算上は、毎月2万円の投資に増額すると、30年後の平均評価額は総投資額720万円に対して2,700万円に達します

これなら老後に必要な備えにもなりますし、人生が変わったと言えるのではないでしょうか。

3000円投資生活の始め方

SBI証券での実践方法

SBI証券での3000円投資生活の始め方を解説!結構儲かるかも??
横山光昭氏の書籍「はじめての人のための 3000円投資生活(出版社:アスコム)(以下:3000円投資生活)」について、SBI証券での実践方法を動画付きで紹介します。 はじめての人のための3000...

楽天証券での実践方法

3000円投資生活を楽天証券で始めよう!積み立てで楽天ポイントも貯まる!
横山光昭氏の「3000円投資生活」は、これから投資を始める初心者が、老後を見据えた将来の資産形成を始めるために参考になる書籍だと思います。 「毎月わずか3000円から積立投資を始める!」 ...

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 3,000円投資だけで人生を変えるためには、投資額が少なすぎて難しい
  • もし、途中で投資額を増額できれば、将来の評価額も増えるために、人生は変わる可能性がある
  • 重要なのは投資云々よりも家計改善で「貯められる家計」を作ることかも

本書の意図は「3,000円の投資を通じて、もう少しお金に興味を持とう」ってところでしょうか。

楽して儲けようみたいな人たちには不評ですが、資産形成のための導入としては良いきっかけになるんじゃないかなと思う次第です。

筆者の運用は以下の記事で紹介しています。

【経過報告】3000円投資生活を楽天証券でやってみて2年が経ちました
投資信託を積み立てた時に、将来どういう成果になるのか(ぶっちゃけ、いくら儲かるのか)というのは関心を引くテーマです。実際は、ブログ主の運用成果を見てマネをしても、まったく同じ成果にはならないものの、自...
【経過報告】3000円投資生活を始めて2年半が経ちました。2020年3月の相場で利益が消失!
わざわざ紹介するまでもなく「損失を抱えている」のですが(笑)それでも、「3000円投資生活」の2年半時点の成績を紹介しましょう。 いやー、損失だらけの口座を見るのは2015年のチャイナショック以...

他の3000円投資の話題はこちらから。

「3000円投資生活」解説一覧。投資初心者に最適だよ!
3000円投資生活とは、ファイナンシャルプランナーの横山光昭氏によって執筆された書籍。毎月3000円を積立投資しながら、家計改善も行うことで、将来に備えようといった内容です。原著は2016年に発行され...

この記事に関連するキーワード

投資の本

コメント

運営者が承認するまでコメントは表示されません。

  • 投資信託やETFは元本保証ではありません。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品が、将来値上がりするとは限りません。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じる可能性があります。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証は一切行いません。
タイトルとURLをコピーしました