青森県投資信託ブロガーが作る、つみたてNISAとiDeCoの資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

投資信託運用シミュレーション

毎月1万円を年平均利回り3%で30年間積立運用したらいくらになる?

投稿日:2017年9月22日 更新日:

資産運用を始めたい時に、

  • 利回りx%で運用したい
  • 利回りx%で運用できる商品を知りたい

という需要があります。

よく、メディアなどでは「利回りx%で運用すると」という仮定は出てくるのですが、その具体的な商品名はでてこないことも多いんですよね。

そこで以下では、年利3%を見込める投資信託のポートフォリオを考え、それに毎月1万円を30年間積立投資した場合、30年後の将来にいくらになるか乱数シミュレーションを利用して算出してみます。

以下で述べる計算結果は、あなたの将来の運用成績を保証・約束するものではありません

[スポンサーリンク]

年利3%を目指すポートフォリオ

過去の実績に基づく組み合わせ例

今回は、

  • 国内株式:10%
  • 先進国株式(為替ヘッジ):10%
  • 国内債券:40%
  • 先進国債券(為替ヘッジ):40%

の資産配分(アセットアロケーション)で考えてみます。

この組み合わせは、日本とアメリカやEUなどの先進国の株式と債券に投資を行うものです。

野村アセットマネジメントが提供する投信アシストのデータ(2017年9月22日時点)に基づくと、この組み合わせで2003年以降の運用成績は、

  • リターン:3.3%
  • リスク:2.9%

と得られました。つまり、年利は3.3%です。

ただし、毎年きっちり3.3%のリターンが積み上がるわけではない点に注意を要します。

リスクとはリターンの振れ幅です。ここでは約68%の確率で、3.3% ± 2.9%のリターンが得られると考えます。仮に3.3% – 2.9%だったとしても、0.4%とプラスになりますから、高い確率で損を抱えにくい組み合わせでした。

注意点として、残り32%の確率で、3.3% ± 2.9%以上の振れ幅になることがあります。なので、この組み合わせは「絶対に損をしない組み合わせ」ではありません。

運用効率のよかった組み合わせ

通常はリターン<リスクとなりますが、今回はリターン>リスクとなっています。

上述のとおり、計算上は、過去の期間、かなり効率的に運用できた組み合わせです。

先進国債券と先進国株式に為替ヘッジをつけたため、海外資産につきまとう為替変動リスクを低減できている(= リスクの数値がさがる)のが大きいです。

為替ヘッジって?

円高・円安に伴う資産価値の変動を緩やかにするための手法です。

教えて!サギン先生 為替ヘッジとはどんなもの? | 佐賀銀行

実際には、

  • 為替ヘッジで為替変動の影響をすべてとりのぞけるとは限りません
  • 為替ヘッジにはコストがかかります

といった特徴があるため、リスクと同時にリターンも下げてしまうデメリットも持っています。

利回りを高めるよりも、なるべく損をしないことを重視したい投資家向けの特徴ですよね。

検証:30年後の運用成績を算出

それでは、乱数シミュレーションを用いて、30年間、毎月1万円ずつ積立投信した場合の予想成績を算出します。

以下で述べる計算結果は、あなたの将来の運用成績を保証・約束するものではありません

計算結果:あなたの資産は30年後にいくらになるか

上述の条件で30年運用したと仮定した計算結果です。

単純に現金を積み立てると、30年後は1万円 × 12ヶ月 × 30年 = 360万円の貯蓄になります。

計算回数 1,000回
運用年数 30年
総投資金額 360万円
最高評価額 945万円
(+585万円)
最低評価額 427万円
(+67万円)
平均評価額 623万円
(+263万円)
元本割れ回数 0回
元本割れ確率 0.0%

30年間で360万円の投資に対し、平均623万円、427万円~945万円の間となりました。

実際には税金や投資信託特有のコストなどが発生するため、360万円の投資に対して500万円ぐらい(約150万円程度の利益)が出れば良いと思います。

今回はインプットした数値がリターン>リスクだったため、毎年のリターンがプラスになりやすく、計算上は元本が割れませんでした。

ただ、これは将来も絶対うまくいくことの保証にはなりませんので、投資を行う際には元本割れの可能性も認識の上で実行するようになさってください。

実際の投資信託で実現するならば

  • 国内株式:ニッセイTOPIXインデックスファンド:1,000円/毎月
  • 先進国株式(為替ヘッジ):Funds-i 外国株式・為替ヘッジ型:1,000円/毎月
  • 国内債券:ニッセイ国内債券インデックスファンド:4,000円/毎月
  • 先進国債券(為替ヘッジ):Funds-i 外国債券・為替ヘッジ型:4,000円/毎月

先進国株式と先進国債券に、為替ヘッジつきで投資できる商品は限られています。

近年はインデックスファンドの低コスト化競争が激しいのですが、上述のとおり為替ヘッジにはそれなりのコストが発生するため、低コストの為替ヘッジつき投資信託はなかなか出てきません。

そのため、今回は野村インデックスファンドシリーズ(愛称:Funds-i)から外国株式・為替ヘッジ型と外国債券・為替ヘッジ型を選びました。

少し楽をしたいなら

ここまでは4つの投資信託を使う前提で考えてきましたが、もう少し楽をしたいなら、投資信託「野村インデックスファンド内外7資産バランス(為替ヘッジ型)」を利用する手もあります。

野村インデックスファンド内外7資産バランス(為替ヘッジ型)を利用して30年後に資産を築く

最近のバランスファンドの低コスト化競争からは1歩遅れを取っているものの、野村インデックスファンド内外7資産バランス(為替ヘッジ型)もまだまだ悪くないバランスファンドの1つです。 SBI証券が8月7日に …

続きを見る

7資産バランスならそれ1つで、この記事と似たようなことをやっているからです。

こんなあなたにオススメ

  • 投資で利益を得るよりも、できるだけを損をせずに運用を始めたい
  • 日々の値動きに一喜一憂するのは避けたい。なるべくおだやかな運用がいい
  • あなたの年齢が50歳を超えているなど、もう仕事で得られるお金が限られている

堅実的に利益を取ろうとする組み合わせです。

がっつり大儲けとは縁がありませんが、投資信託で大損は回避できると思います。

もう、仕事で稼げる額の上限が見えている中高年にもオススメ。

逆に「俺は投資で大儲けするぜ!」という若い人には、ちょっと保守的すぎるので、もうちょっと株式比率を増やして良いと思います。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • あなたが年利3%を求めるならば、国内債券 + 株式に為替ヘッジつきの先進国債券 + 株式を組み合わせる
  • 過去の実績は、リターン>リスクの効率的な運用だった。ただ、将来も効率的に運用できると過信しないこと
  • 投資信託を組み合わせる代わりに、野村インデックスファンド内外7資産バランス(為替ヘッジ型)を使うのも1つの手

4つの投資信託を買うのはちょっとわかりにくいですよね。それなら、野村インデックスファンド内外7資産バランス(為替ヘッジ型)でもいいのでは、といったところです。

なお、ニッセイのシリーズも、Funds-iのシリーズも、SBI証券楽天証券などのネット証券で購入できます。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-投資信託運用シミュレーション
-,

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.