青森県投資信託ブロガーが作る、つみたてNISAとiDeCoの資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

SBI証券

SBI証券でオススメの投資信託を1つだけ挙げよう

投稿日:2017年9月23日 更新日:

ネット証券トップのSBI証券では2,500種類以上の投資信託取り扱いがあります。

・・・って、これってちょっと多すぎると思いませんか?

「さあ、好きなものを選んでください」って2,500種類も用意されても、選べないんですよね。

そこで今回は筆者の独断と偏見で、SBI証券でオススメできる投資信託をたった1つだけ挙げます

5つぐらい挙げてもいいのですが、そこから選ぶのも大変ですよね。

この投資信託は、筆者が初めて投資を志す人には「これがいいんじゃない」って挙げたいものの1つです。

でも、あなたが、投資信託を少しでもかじったことがあるなら、知ってる名前のものだと思いますね。

[スポンサーリンク]

オススメは「eMAXIS slim 8資産均等」である

2017年9月現在の筆者の考えとして、オススメの投資信託は「eMAXIS slim 8資産均等型」を挙げたいと思います。

投資信託名だけ知りたかったあなたはここでバックして良し。

以下、理由をあれこれ述べていきます。

「eMAXIS slim 8資産均等」をオススメする理由

万人にオススメしやすい投資方針

なるべく多くの人の需要にマッチしやすい投資信託を考える

正直なところ、こういった「オススメ」って難しいんですよね。

だって、

  • あなたが30歳独身で年収400万円かもしれない
  • もしくは50歳既婚で年収500万円かもしれない
  • 25歳既婚で夫婦共働きでなんとか生活しているかもしれない

と、個々人の事情がいろいろあるわけですよ。しかも、

  • (大儲けできる)オススメ投信を教えてくれ、なのか
  • (なるべく損をしないような)オススメ投信を教えてくれ、なのか

で、また違ってくるわけじゃないですか。

だから、すべての人の需要をパーフェクトに満たす投資信託って無いんですよね。誰かにとって最適な投資信託が、別の誰かにとっては不適切かもしれない

それを踏まえた上でオススメを考えるのは結構難しいんです。

投資信託初心者から玄人まで利用しやすい「バランスファンド」

とはいえ、ウェブサイトのコンテンツなので、一人一人話を聞いて、「じゃああなたはこれ」みたいな話はできません。

そこで、「できるだけ多くの人に受け入れられる投資信託は何かな」と考えると、

  • 投資信託の初心者から玄人までOK
  • 投資信託の初心者が多少ヘマしても大丈夫

といったところで「バランスファンド」、しかもしっかりと分散投資が行われているもの、を選ぶのが最良だと考えます。

「バランスファンド」の中から、さらにピックアップ

さて、バランスファンドと一言でいっても、そこに属する投資信託はたくさんあります。

そこで、いくつか消去法で消していくことになります。

8資産均等型の比較対象として、よく名前が挙がるのが投資信託「世界経済インデックスファンド」です。

ここで8資産均等型を選んだ理由は、世界経済インデックスファンドとeMAXIS 8資産均等型はどちらが良いかで触れたように、世界経済インデックスファンドは少し値動きが荒っぽいためです。

世界経済インデックスファンドとeMAXIS 8資産均等型はどちらが良いか

「お約束」のテーマです笑 世界経済インデックスファンドとeMAXIS 8資産均等型は、インデックスファンドのなかでも、いわゆるバランスファンド(複合ファンド)の人気ファンドです。 例えば、昨年話題にな …

続きを見る

おそらく多くの人にとっては、値動きが緩やかで、かつ安定的にリターンを見込めるものが望まれると考え、eMAXIS 8資産均等型を選ぶに至っています。

基準価額が低いので、心理的に投資しやすい?

eMAXIS slim 8資産均等型は基準価額が10,420円(2017年9月23日時点)と低いのが特徴です。

基準価額が36,000円を超える投資信託「ひふみプラス」や、22,000円を超える世界経済インデックスファンドに比べると、値段的に投資しやすいと感じるのでは?と思います。

なお、本来はこういった基準価額の高低の比較は無意味です。投資信託の基準価額は割高・割安を示すものではないので。

ただ、高額だから投資しにくいとか、低額だから投資しやすいとか考える方もいらっしゃるので。

8資産均等型をSBI証券で買う理由

せっかくなので、じゃあなぜ8資産均等型をSBI証券で買うか、も紹介します。

柔軟な注文サービス

最終的には楽天証券あたりも真似ると思いますが、SBI証券では特に積み立てにおいて柔軟な注文を利用できます

  • 毎日・毎週などの積み立て
  • 「NISA枠ぎりぎり注文」と「課税枠シフト注文」

いずれも2017年10月以降にサービス利用可能です。

毎日・毎週でも積み立てできる

これまで積立投信は毎月1回が基本でしたが、2017年10月以降は

  • 毎月(従来のサービス)
  • 毎日
  • 毎週x曜日
  • 毎月の中で任意の複数日
  • 隔月

と、積立指定のコースが増えます。

たまに、毎日積み立てたいという猛者もいらっしゃいますよね。

成績が変わるかはわかりませんが、1ヶ月に1回3万円を積み立てるよりかは、毎日1,000円ずつ積み立てたほうが、投資タイミング的には分散されていますよね。

個人的に使いたいのは、毎月の中で任意の複数日かな。例えば10日と25日みたいな。

ちなみに、特にどれがよいかわからないのであれば、従来通りに毎月1回積み立てるのがよいと思います。

「NISA枠ぎりぎり注文」と「課税枠シフト注文」

少額投資非課税口座であるNISA口座を利用して積み立てを行う際に便利な機能です。

例えば毎月50,000円の積立設定をしているのに、残りのNISA投資可能枠が40,000円しかなく、残りのNISA投資可能枠を超える積立注文があった場合、注文ができず、NISA投資可能枠を使い切ることができませんでした。

そんな問題を解決するために、投信積立サービスにNISA投資可能枠の残りに応じて自動で注文金額を調整する「NISA枠ぎりぎり注文」と、NISA投資可能枠に収まらなかった注文分を自動で課税口座での注文に変更する「課税枠シフト注文」が加わりました!

この新しい注文方法を活用すると、毎月の積立設定を変更することなく、NISA投資可能枠を残さず使いきることができるようになります。
ついに毎日積立が実現!SBI証券の投信積立サービスが機能大幅拡充! | SBI証券

要するにほったらかしといても、自動的にNISAと課税口座(特定口座など)に配分してくれる、ということです。

なお、記述はありませんが、2018年から始まる「つみたてNISA」でも、これら機能は利用できるものと思います。

SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

あなたはご存知ですか。つみたてNISA(積立NISA)のこと。 つみたてNISAは、2018年1月から始まった投資信託の積み立てのみで利用できる非課税制度のこと。 これを利用すると、 最長20年の投資 …

続きを見る

あなたの資産運用が便利になるサービスの1つです。

SBIポイントが貯まる

楽天スーパーポイントほどの知名度はありませんが、SBI証券でもポイントが貯まります。

楽天スーパーポイントと異なり、SBIポイントは現金に換金できる点が魅力でしょうか。

ポイントより、現金。大切でしょ?

「SBI証券で8資産均等型」こんな人にオススメ

  • 証券会社選びも投資信託選びも難しいと感じている人
  • 何事も「みんなと同じ」が良い人
  • 将来的には株主優待投資を始めたりと、自分なりに資産運用をやってみたい人

今回の記事は、定番の証券会社で定番の投資信託を買おう、というだけの話を長く引き伸ばしたwものです。

あなたが初めての資産形成を志すなら、これで良いと筆者は思ってます。

あとは経験を積んだら、あなたなりの運用方針に切り替えていただく、ということで。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • SBi証券でeMAXIS slim 8資産均等型を選ぼう。投信初心者の投資先としてオススメ
  • eMAXIS slim 8資産均等型は万人向け。投資信託の中ではミドルリスクミドルリターンな成績になりやすい
  • SBI証券なら特に積立投資において柔軟な設定をしやすい(2017年10月以降)

とりあえず、最初のうちは100円ずつ投資してみるのがオススメです。

ぜひチェックしてみて。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-SBI証券
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.