青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

SBI証券 積立NISA(つみたてNISA)

【2018年11月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!

投稿日:2017年10月1日 更新日:

つみたてNISAで現金6000円プレゼントキャンペーンあなたはご存知ですか。つみたてNISA(積立NISA)のこと。

つみたてNISAは、2018年1月から始まった投資信託の積み立てのみで利用できる非課税制度のこと。

これを利用すると、

  • 最長20年の投資信託の積み立てで得た利益が非課税(通常は約2割の税金がゼロ円に)になります
  • 積立額は1年あたり最大40万円で、20年間で800万円まで運用できます
  • 毎月、最低100円から積み立てできますので、初めての投資経験なら、少額から始めると安心です

といった、様々なメリットがある制度です。

積み立てて運用する、という点で、私たち現役世代が資産形成を行うための制度、と考えていただいてOKです。

さて、筆者も利用しているSBI証券で2018年12月15日までに「つみたてNISA」で投資信託を購入すると、抽選で400人に最大6,000円の現金プレゼント

この期に、SBI証券でつみたてNISAを利用してみませんか。


SBI証券のつみたてNISAを今すぐ見る

[スポンサーリンク]

SBI証券のキャンペーン概要

  • 最大400人に最大6,000円の現金プレゼント!
  • キャンペーン期間は2018年11月1日から2018年12月15日まで
  • 「つみたてNISA」口座を開設し、投資信託を購入(約定)すること

です。

これから口座を開設しても、期間内に積み立てできれば、キャンペーンの対象になりますよ!

キャンペーン対象になるまでの手順

  1. SBI証券に口座開設し、つみたてNISA口座も開設しよう
  2. 2018年12月15日までに、毎月1万円以上の積み立てを設定し、購入し終えていること
  3. または、2018年12月15日までに、5万円以上のボーナス月設定を行い、購入し終えていること

今回のキャンペーンに参加するためには投資信託の積み立てが必要です。

キャンペーン期間中に1万円以上積み立てできれば良いので、給与収入から1万円だけ積み立てにまわしてみましょう!

将来、倍になって戻ってくる可能性もありますよ!

すでにSBI証券でつみたてNISAを利用している場合

すでにSBI証券でつみたてNISAを利用している場合には、2018年10月1日~31日の積立額よりも1万円以上増額されていると、キャンペーンの対象になります。

キャンペーンの疑問に思う個所を説明します

SBI証券への口座開設が必要です

口座開設の手順は、以下の記事にて紹介しています。

SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

初めての証券口座開設ってわからないことが多いんですよね。 住所・氏名はともかく、初めて聞く用語が大量に出てきて、「どうしますか」って問われても、ほんと訳わからないんですよね。 せっかく投資に興味が向い …

続きを見る

「つみたてNISA」の開設申し込みは、総合口座申し込みの途中で行います

口座を申し込む際に、あなたの名前や住所などを入力する最中に「NISAはどうするか」といった設問がありますので、そこで「つみたてNISA」を選んでください。

単に「開設する」にチェックを入れるだけですので、特に難しいところはないと思います。

なお、申し込みから「つみたてNISA」口座開設完了まで2週間ぐらいかかります

2018年11月中に申し込んでおけば、12月の積み立てには間に合うと思います。

投資信託は「つみたてNISA」対象ファンドから。オススメ商品紹介記事も見てね

今回のキャンペーンでは、つみたてNISA対象の投資信託を買う必要があります

投資信託選びが難しいと思いますので、このブログのランキング記事なども参考になさってみてください。

【つみたてNISA】みんなのオススメ商品まとめ!投資家ブログでの人気商品を集めました

以前、筆者(@instockexnet)が考える「つみたてNISA」のオススメ商品をまとめたので、今度は他の個人投資家のつみたてNISAおすすめ商品はどれか、を紹介したく思います。 主にツイッター検索 …

続きを見る

SBI証券のつみたてNISA設定件数ランキング
【2018年11月時点】つみたてNISAオススメ商品ランキング@東北投信版

筆者の独断と偏見で選んだ、「つみたてNISA」のオススメ商品ランキングを発表したく思います。 こういうランキングで安易に投資先を選ぶのは良くないのですが、現在のつみたてNISA対応商品はすでに100本 …

続きを見る

ぜひ、証券口座開設後もこのブログをご覧になってみてくださいね!

「つみたてNISA」ってどうなの?

つみたてNISAはこれから資産を形成したいと考える現役世代には強力な武器になります

投資信託は長期投資が有利

このサイトでもよく述べているのですが、ぜひこの話を知ってください。

上図は金融庁の独自試算なのですが、

  • 投資信託で過去5年間運用した人の運用損益は大きくばらついた(損した人もいる)
  • 投資信託で過去20年間運用した人は年利4~6%のピークに収束した(ストレートに言えば、計算上は誰も損をしなかった)

という話があります。

これは金融庁に限らず、「株式投資の未来」や「敗者のゲーム」など、研究者らが執筆した様々な書籍で指摘されていることです

これは、特に株式は強いインフレ耐性があり、過去の期間、インフレの進行とともに値を上げてきたのが原因です。

日本株は未だバブル期越えを果たせませんが、アメリカ株式とか見てください。

インフレが進むと、お金の価値が下がり、物価が上がりますので、株価も上昇します。

日本ではなかなかインフレと縁がありませんが、先進国は引き続き2%前後のインフレが続いています。

つまり、投資信託の長期投資は長ければ長いほど、あなたに有利な結果になりやすい、というのがポイントです。

間違って投資信託を選んで、資産形成に失敗しないために

SBI証券で投資信託選びに失敗しないために、金融庁が認定した「つみたてNISA」対象銘柄を間違いなく選ぶようになさってください

投資信託の選定画面である「投資信託パワーサーチ」で、「つみたてNISA対象銘柄」ボタンをクリック(PCの場合)・タップ(スマホの場合)してください。

そうすると、残った投資信託は全て金融庁認定の銘柄で、かつ「つみたてNISA」の対象商品です

あとは投資地域と信託報酬(できるだけ低いもの)を絞り込みます。

今回のキャンペーンは、つみたてNISA対象銘柄への投資が必須ですので、このあたりを間違うと対象外になってしまいます。

注意してくださいね!

[スポンサーリンク]

まとめ

  • つみたてNISAは投資信託の長期投資に有利な制度。非課税を利用して、大きな利益を上げよう
  • 投資信託の長期投資の優位性は、金融庁はじめ、さまざまな研究者が発表している
  • SBI証券なら、2018年12月15日までにつみたてNISA口座経由で投資信託を1万円以上購入すると、現金プレゼントの抽選対象に

ちょっとでも興味持てたなら幸いです。

あなたはつみたてNISAで利益を得たら、何をしたいと思いますか?

現実的に老後の備えもいいですけど、旅行とか何か非日常的な体験にお金使えたらいいですよね!

最低100円からでも投資できますが、まずは3,000円ぐらいから試してみて欲しいな、と思います。


SBI証券のつみたてNISAを今すぐ見る

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
【2018年11月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-SBI証券, 積立NISA(つみたてNISA)
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.