青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

3000円投資生活

「3000円投資生活」を始めるために証券口座を開設したいあなたへ

投稿日:2017年10月24日 更新日:

横山光昭氏の「3000円投資生活」を始めたいあなたのために、証券口座開設方法を紹介します。

「3000円投資生活」は2018年1月から始める「つみたてNISA」とも相性の良い投資手法です。

ぜひ、書籍も参考にしながら投資を試してみてください。

以下、SBI証券をベースに話を進めます。SBI証券での3000円投資生活のやり方は「3000円投資生活って簡単に始められるね!SBI証券での設定手順も紹介」で紹介しています。

3000円投資生活
3000円投資生活のここがすごい!SBI証券での始め方も動画で紹介

横山光昭氏の書籍「はじめての人のための 3000円投資生活(出版社:アスコム)(以下:3000円投資生活)」について、SBI証券での実践方法を動画付きで紹介します。 はじめての人のための3000円投資 …

続きを見る

[スポンサーリンク]

証券口座開設のポイント

  • 口座を開設する前にマイナンバー(12桁の個人番号)を手元に用意しよう
  • 特定口座・源泉徴収を選ぼう
  • NISAは「つみたてNISA」を選ぼう

SBI証券への口座開設方法は「SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど」で紹介しています。

SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

初めての証券口座開設ってわからないことが多いんですよね。 住所・氏名はともかく、初めて聞く用語が大量に出てきて、「どうしますか」って問われても、ほんと訳わからないんですよね。 せっかく投資に興味が向い …

続きを見る

基本的には住所・氏名などを順番に従って入力するだけですので、あなたが考えているよりもあっさりと口座開設できるはず。

そこで、「難しいだろうな」と思うのが、上記の3つになるかなと。

マイナンバー(12桁の個人番号)を用意しよう

証券口座を開設する際にマイナンバーは必須です。

必ず、

  • マイナンバー通知カード(緑の紙切れのようなカード)
  • マイナンバーカード(キャッシュカードや免許証のようなカード)

のいずれかを口座開設時にご用意ください。

おそらく多くの方は、ぺらぺらのマイナンバー通知カードをお持ちのはずです。

あなたがマイナンバーカードを持たない場合(ぺらぺらの通知カードのみお持ちの場合)

マイナンバーカードは身分証明書に使えますが、マイナンバー通知カードは身分証明書には使えません

そのため、通知カードの場合には、「免許証」や「健康保険証 + 住民票」など、別に身分を証明する書類が必要になります。

免許証があれば良いのですが、お持ちでない場合には、

  • 健康保険証
  • 住民票
  • 年金手帳

など、別に何か身分を証明する書類が必要になります(いずれもコピー可能)。

住民票が必要になった場合には、発行のために最寄の市役所にいかなければいけないので、ちょっと面倒ですね。

特定口座・源泉徴収ありを選ぼう

3000円投資生活の最終的な目標は、毎月投資を続けることで、将来まとまったお金に育てることです。

そこで証券口座の源泉徴収の話が出てきます。

というのも、将来、あなたが利益を手にしたときに、利益の一部を納税しなければいけないからです。

証券口座の納税方法は以下の3種類があります。

  • 特定口座・源泉徴収なし:あなたの確定申告が必要です
  • 特定口座・源泉徴収あり:確定申告は不要です
  • 一般口座:あなたの確定申告が必要です(現在、一般口座を選ぶメリットはありません)

とりあえず、あなたが証券口座を開設する際には、「特定口座はどうしますか」という質問があることだけは覚えておいてください。

そして、そこでは源泉徴収ありを選ぶことで、あなたの将来の面倒な手続きはなくなります

ちなみに、会社にこっそりやるなら源泉徴収ありを選ぶか、後述する「つみたてNISA」を使ってください

書籍には「源泉徴収なし」って書いてたけど?

ところで書籍中には「源泉徴収なし」を選びましょうと書かれていますが、筆者個人は源泉徴収なしはあまりオススメしません

というのも、

  • 利益が20万円以下(2017年度の税制の場合)なら納税不要
  • 利益が20万円以上は確定申告と納税が必要

なので、源泉徴収なしのまま20万円以上の利益を得てしまった場合、確定申告し忘れるリスクがあります

もし忘れてしまうと脱税となり、追徴課税などの罰を課せられる可能性があります。

そのあたりを大丈夫そうなら源泉徴収なしを、不安に感じるなら源泉徴収ありを選ぶと良いです。

「つみたてNISA」と「3000円投資生活」の相性は抜群!

2018年から始まる「つみたてNISA」は、投資信託の積立投資で得た利益にかかる税金を全て非課税にします。

若者の資産形成策として有用な、税制優遇制度です。

もう、ここは筆者との約束としてください。どうか悩まないでください。

「3000円投資生活」を始めたいなら、証券口座を開設するときに、「つみたてNISA」を開設してください

そして、「つみたてNISA」を使って「3000円投資生活」を始めてください

「つみたてNISA」と「3000円投資生活」。最高の組み合わせじゃないですか

今年、2018年から始まった「つみたてNISA」。 あなたはもう利用を始めていますか? 筆者(@instockexnet )は今月20日に初回の積み立てをおこなう予定です! ところで、最近ちらほらある …

続きを見る

「つみたてNISA」で「3000円投資生活」を始めるとどんなメリットがある?

税金がめっちゃお得になります。

例えば、「3000円投資生活」で挙げられていた「世界経済インデックスファンド」に、20年間毎月3000円を投資し続けると、20年後に平均170万円を手にする可能性があります(モンテカルロ法にもとづく)。

単純に預金口座に積み立てると、3000円 × 12ヶ月 × 20年で72万円ですので、98万円があなたが運用して得られる可能性がある利益です。

本来であれば、ここに20.315%の税金が発生しますが、「つみたてNISA」ならこれが全て税金免除。

  • 通常ならば、利益98万円のうち、199,087円を税金として払います
  • 「つみたてNISA」ならば、税金はゼロです。あなたは98万円を全て手にします

どちらを選ぶべきか。わかりますね?

20万円って結構でかいですよね。

「つみたてNISA」を使って「3000円投資生活」を始める方法

簡単です。

口座開設後に投資信託を買う際に、特定預り(一般預り)、もしくはNISA預りと選べますので、ここで「NISA(つみたてNISA)」を選んでください。

例えば、SBI証券の場合には下記動画のとおりです。

長い目で継続しよう!

3000円投資生活で述べられている投資信託の運用は、おそらくあなたが考えているよりもずっと簡単です。

  • 毎月3000円を積み立てるだけです
  • 投資額はいつでも変更できます(最低は100円まで下げられます)
  • 積み立ていつでも停止できます
  • お金が必要になればいつでも換金できます
  • 大きく損する可能性の低い投資手法です

「3000円の投資じゃ儲からないんじゃないか」と思ったら、投資額を増やしても良いと思います。

一方、元本割れが怖いと思ったら、3000円にこだわらず、例えば1000円など、投資額を減らすと安心です。

よく「一度始めたらやめられないのではないか」とも質問されるのですが、その心配も無用です。

投資信託の運用はいつでもやめることができますし、換金することもできます

一度試してみて欲しいなと思います。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 証券口座を開設するときに混乱しやすい点として、マイナンバー、特定口座、NISAなどを紹介
  • 3000円投資生活は2018年から開始予定の「つみたてNISA」と非常に相性が良い
  • 積立額の3000円にこだわる必要はなく、いつでも投資額を下げても良い。やめたくなったらいつでもやめられます

なお、証券口座開設は無料ですし、あなたのペースで利用できますので、無理に株や投資信託を買う必要もありません。

まずは口座を開いてみるだけでも試してみてはいかがでしょうか。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-3000円投資生活
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.