口座開設から積立の終わり方まで。状況別道案内はこちら
   







3000円投資生活を実践する際に注意すべき3つのこと

3000円投資生活

3000円投資生活」関連の記事を参考にするうえで、注意点というか、知っておいて欲しい点を紹介します。

なお、3000円投資生活の始め方は、SBI証券と楽天証券の2証券での設定方法を紹介する以下の2つをどうぞ。いずれも動画付きで設定方法を解説しております。

3000円投資生活を楽天証券で始めよう!積み立てで楽天ポイントも貯まる!
横山光昭氏の「3000円投資生活」は、これから投資を始める初心者が、老後を見据えた将来の資産形成を始めるために参考になる書籍だと思います。 「毎月わずか3000円から積立投資を始める!」 ...
SBI証券での3000円投資生活の始め方を解説!結構儲かるかも??
横山光昭氏の書籍「はじめての人のための 3000円投資生活(出版社:アスコム)(以下:3000円投資生活)」について、SBI証券での実践方法を動画付きで紹介します。 はじめての人のための3000...

[スポンサーリンク]

注意すべきこと1:実践するブログ主と同じ成績にはならない

この手の話。よく「3000円投資生活 実践」とか「3000円投資生活 やってみた」と検索される方は多いと思います。そこで出てきたブログを見て、「実際どういうものか」を見て、自分も始めてみるかどうかを考えるんですよね。

その時に注意すべき点として、「あなたが今、3000円投資生活を実践しても、あなたがウェブ上で見ているブログ主と同じ成績にはならない」という点があります。

ん?どういうこと?

って思いそうなので、具体例を挙げて紹介します。

具体例を挙げて紹介します

例えば、「知恵トクライフ」というブログを運営される、ナナミライさんは実際に3,000円で投資信託「世界経済インデックスファンド」を購入されたことを記事に書かれています。

「はじめての人のための3000円投資生活」を実践してみた | 知恵トクライフ

余談ですが、筆者も名前は未来と言います・・・と、それはさておき、知恵トクライフさんのスクリーンショット画像によると、

  • 平均保有数量:1,421口(3,000円 ÷ 21,111.89円)
  • 平均取得価額:21,111.89円

となっていますね。

記事が出たのは2017年7月なので、投資信託を購入されたのは2017年6月ごろでしょうか。さて、現在の世界経済インデックスファンドの基準価額は22,500円です(2017年11月22日現在)。

この基準価額で、筆者が3000円投資したとする、

  • 平均保有数量:1,333口(3,000円 ÷ 22,500円)
  • 平均取得価額:22,500円

となります(計算上なので、実際には端数の処理で多少ずれる可能性があります)。

もし、この状態で世界経済インデックスファンドの基準価額が22,000円となったら、

  • ナナミライさんの世界経済インデックスファンドはプラスの評価額になります
  • 筆者の世界経済インデックスファンドはマイナスの評価額になります

と、同じ金融商品なのに儲けている人と損をしている人が出てしまうのです。

ちょっと不思議ですね。

同じ商品なのに評価損益が異なるのは投資タイミングが違うから

同じ商品に投資しているのに、人によって利益が異なるのは、投資タイミングが異なるからです。

★投資の成績は始めたタイミングで変わる

  • ブログに「儲けた」と書いてあっても、あなたが儲かる保証はないこと
  • ブログに「損した」と書いてあっても、あなたが損する保証はないこと

もしあなたが「3,000円投資で損した」という記事を見かけ、3,000円の投資に弱気になったとしても、正直「あんまり気にすんな!」と言いたいです。

以下の記事ではツールを使って求めた運用結果を使って、タイミング次第で結果が異なることを説明しています。

バックテストで「3000円投資生活」の運用結果を推定する方法
あなたが書籍「3000円投資生活(もしくは類似の投資本)」をご覧になって、「これっていくら儲かるのかな?」と思ったらどうします? 大抵は、「3000円投資生活 結果」とか「3000円投資生活 い...

注意すべきこと2:一時的に元本が割れることはよくある

投資を始めた直後って、どうしても投資した元本が割れることに敏感になりやすいです。

昨日筆者は、筆者の勧めで積立投信を始めた友人と食事をしましたが、その際に「一時期元本が割れて~」みたいな話をされました(今はプラスの評価額だそうです)。

なので、筆者は「これからもマイナスになることもあるだろうけど、10年や20年と長く続けるようにして」と話しました。

とにかく継続することを大切にしてほしい

投資した3,000円の評価額が2,999円や2,998円になることはよくある話です。投資信託は定期預金とは異なるので、どうしても元本部分が動かなければ利益にならないからです。

だから、3,000円が2,999円になったから「3,000円投資生活は失敗だった!」と中断するのは時期尚早です。

3000円投資生活に「失敗」はない。継続し続ければきっと大丈夫だよ
もしあなたが「3000円投資生活」を始めて大失敗してしまったら・・・? ★3000円投資について、こんな不安はない? もしかして大金を請求されて人生がめちゃくちゃになるのでは? ...

1年や2年で成果を期待するのではなく、10年や20年といった長い年数で利益を得ることを目指して欲しいな、と思います。

注意すべきこと3:「毎月3,000円の投資すれば老後のお金は安心」とは思わないで

老後資金作りを目的とする場合、毎月3,000円の積立額は少ないです。そのため老後資金とするなら、投資額を増やす必要があります。

「3000円投資生活」は本当に人生を変えるのか
最近、「3000円投資生活で本当に人生を変える!」という本が販売されているので、本記事ではそれに便乗してみます笑 3000円投資生活で本当に人生を変える! 一千万円貯める絶対セオリー ...

上記記事では、「世界経済インデックスファンド」に30年間毎月3,000円積み立てたと仮定した場合に、30年後に期待できるお金は約385万円(そのうち、108万円はあなたが積み立てたお金)だと算出しました。

また、以下の記事では3000円の積み立てを11年間継続しても、100万円にも届かなかったことを紹介しています。

3000円投資生活のデメリットの解説と克服する方法
「3000円投資生活」の話をしましょう。 3000円投資に限りませんが、「投資信託を積み立てて資産形成する」という話のデメリットに、投資家が考えているほどには簡単にお金が増えない点が挙げられます...

老後に必要なお金は2,000万円や3,000万円と言われますから、3,000円といわず、毎月2万円や3万円程度まで積み立てを増やせるようにしてほしいな、と思います。

なお、言うまでもなく「3000円投資したら働かなくて生活できる」という話ではありませんので、「明日から3000円投資で生きていきます!」と仕事を辞めないように。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • あなたの3,000円投資生活は、あなたが参考にしているブログ主とは同じ成績にならない。ブログ主が損をしていても、あなたは成功するかもしれない
  • 運用期間中に元本が一時的に割れることはよくある。「1円でも元本が割れたら失敗」ではなく、できるだけ長く継続するようにしてほしい
  • 老後のお金を得たくて3,000円投資生活を始めるなら、投資額は少ないのでもう少し増やせるように家計を見直してみて欲しい

あなたの運用が成功することを願っています。

他の3000円投資の話題はこちらから。

「3000円投資生活」解説一覧。投資初心者に最適だよ!
3000円投資生活とは、ファイナンシャルプランナーの横山光昭氏によって執筆された書籍。毎月3000円を積立投資しながら、家計改善も行うことで、将来に備えようといった内容です。原著は2016年に発行され...

筆者の運用は以下の記事で紹介しています。

【経過報告】3000円投資生活を楽天証券でやってみて2年が経ちました
投資信託を積み立てた時に、将来どういう成果になるのか(ぶっちゃけ、いくら儲かるのか)というのは関心を引くテーマです。実際は、ブログ主の運用成果を見てマネをしても、まったく同じ成果にはならないものの、自...
【経過報告】3000円投資生活を始めて2年半が経ちました。2020年3月の相場で利益が消失!
わざわざ紹介するまでもなく「損失を抱えている」のですが(笑)それでも、「3000円投資生活」の2年半時点の成績を紹介しましょう。 いやー、損失だらけの口座を見るのは2015年のチャイナショック以...

この記事に関連するキーワード

コメント

運営者が承認するまでコメントは表示されません。

  • 投資信託やETFは元本保証ではありません。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品が、将来値上がりするとは限りません。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じる可能性があります。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証は一切行いません。
タイトルとURLをコピーしました