青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

SBI証券 楽天証券

SBI証券と楽天証券。どう使い分けてる?

投稿日:2017年12月11日 更新日:

紆余曲折ありまして、筆者はSBI証券と楽天証券の2つの証券会社を使い分けるに至っています。

他にも証券口座はありますが、資産が入っている順番で言えば、1番目がSBI証券で2番目が楽天証券です。

この2つの証券会社は、サービスもよく似通っているため、「あー!どっちの証券会社がいいんだろう!!」って迷うこともあります

何も知らないとすんなりSBI証券なり、楽天証券なりに口座を開けるんですけど、逆に調べすぎると迷宮入りしてしまうという笑

そこで、筆者がどういったポイントでSBI証券と楽天証券を使っているか、を紹介します。

【動画あり】投資信託はSBI証券と楽天証券のどちらが運用しやすい?

筆者が口座開設を行っている SBI証券 楽天証券 において、「投資信託の運用をしやすいのはどちらか」を紹介します。 2つの証券会社で取扱商品の差はほとんどない(というか無いに等しい)ので、どちらかとい …

続きを見る

[スポンサーリンク]

メインはSBI証券です

筆者のメインの証券会社はSBI証券です。

SBI証券、筆者はこう使っています

SBI証券のスペック的な話は、SBI証券のおすすめポイントで紹介しているので、ここでは「筆者がSBI証券を日常的にどう使っているか」を紹介します。 「ネット証券をどう生活の中に組み込んでいるか」みたい …

続きを見る

これは単純に先に開いたのがSBI証券だから使い慣れている、という点が大きいです。

その後、楽天証券の口座も開設したわけですが、「まぁ、メインは乗り換えなくていいよな」というのが筆者の本音です。

なお、提携銀行である住信SBIネット銀行と楽天銀行も口座を持っていますので、それを前提に話を進めます。

楽天証券をメインにしなかった理由

お金を出金するのに制約がある

一番の理由が株が安いとか商品性がどうとかいう話でなくてすみません。

筆者が楽天証券をメインの証券会社にしていない理由は、お金を出金する際に制約があるから、です。

ほら、「オレは株で儲けるぞ」と意気揚々と証券口座に入金したとしても、1ヶ月後に「やば!今月、支払いが間に合わない!証券口座のお金下ろさなきゃ」ということもあるじゃないですか。

そのときに、楽天証券はちょっと不便だ、という話です。

楽天証券からの出金はここが不便

そもそも楽天証券口座からお金を出金するためには、

  • 楽天証券に出金申し込みを行う
  • 楽天銀行経由で出金する

の2つがあります。

楽天証券に出金申し込みを行うと、おおよそ1営業日の時間が経って、あなたの登録した銀行口座に振り込まれます

手数料はかかりませんが、出金までに最短1日かかるんです(営業日なので、土日祝日を挟むと長くなります)。

要するに、お金を使いたいときに使えない。

一方、楽天銀行経由で出金しようとすると、即日で出金できますが、216~270円のATM手数料が発生します

お金を取るか、時間を取るか、みたいなところですが、それなら「無料で出金できるSBI証券 + 住信SBIネット銀行で良いじゃん」と感じます。

サイトのビジュアルがどうだとか、細かいところはありますが、一番大きいのは出金の利便性です。

それでも楽天証券を使う理由

出金の手間はありますが、それでも楽天証券を使うべき、強い理由があります。

それも合わせて紹介。

楽天スーパーポイントで投資信託を購入できる

これぞ、楽天証券ならではの強みです。

楽天スーパーポイントを貯めることで、そのポイントを投資信託の購入費用に充てることができます

当然、SBI証券では楽天スーパーポイントを使うことができませんので、ここで楽天証券を使う理由が登場するわけです。

【動画あり】楽天スーパーポイントで世界経済インデックスファンドを買う方法

今日8月26日から楽天証券で、楽天スーパーポイントを利用した投資信託の購入が可能になったので、さっそく今まで貯めていた10,000ポイントを投資信託の購入に当てました。 以下、その手順などを簡単にご紹 …

続きを見る

Mac OSでも利用できる

Windows PCを使ってる方には関係の無い話になりますが、筆者のノートパソコンはMacです。

多くのネット証券はMac OSに対応したデイトレ環境を提供していませんので、Mac利用者には制約が多いです。

そこで、登場するのが、Mac OSでも動作する楽天証券のMARKETSPEED for Mac

動作も軽いので、さっと立ち上げて登録した株式の株価などを一括でチェックするのに適しています。

キャンペーンに参加するときに

SBI証券も楽天証券も常時複数のキャンペーンが走っているので、何か達成できそうなキャンペーンがあったときに利用することが多いですよね。

SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

あなたはご存知ですか。つみたてNISA(積立NISA)のこと。 つみたてNISAは、2018年1月から始まった投資信託の積み立てのみで利用できる非課税制度のこと。 これを利用すると、 最長20年の投資 …

続きを見る

SBI証券のキャンペーンは現金キャッシュバックが多いのに対し、楽天証券は楽天スーパーポイントのポイントバックが多いです。

ポイント還元ってのは、楽天のサービスらしい、なかなか上手いやり方だな、と思います。

上述のとおり、投資信託の購入に利用できるわけですし。

まとめるとこう

  • 日常的な株式や投資信託の売買はSBI証券を使います
  • 株式や投資信託の購入費用の他、生活費などを入れておくのもSBI証券です
  • 楽天スーパーポイントで投資信託を買いたい時は楽天証券を使います
  • Mac OSから株価などをチェックしたいときは楽天証券を使います
  • あとはキャンペーン次第

要するに、筆者の場合、普段はSBI証券ですが、楽天証券でなければ利用できないサービスを利用するために、楽天証券を使っている、といったところが大きいです。

ほぼ楽天スーパーポイント周りなんですが。

筆者の想像ですが、SBI証券と楽天証券の両方の口座をお持ちの方って結構多いと思うんですよ。

特に、投信の投資家ならば、最近の楽天スーパーポイントの投信購入サービスを受けて、楽天証券にかなり口座を開いているはずなんです。

ので、どちらか一方といわず、両証券会社に口座を開設してみるのもオススメです。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • SBI証券と楽天証券の使い分け。筆者はメインをSBI証券で利用し、楽天証券ならではのサービスを利用したいときに楽天証券を利用
  • 証券口座からお金を出金する際の手間やコストの面で、楽天証券は劣る。そのため、筆者のメインはSBI証券にしている
  • SBI証券も楽天証券もキャンペーンが多いので、両方に参加すると当選しやすい(かも)

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-SBI証券, 楽天証券

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.