青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

投資信託運用シミュレーション

年利7パーセントで毎月1万円を20年間積み立てて投資といくらになる?

投稿日:

銀行にお金を預けておいても、全然金利が付かないから、それなら投資信託で「ばーんっとぉ」増やしてやろう、みたいな需要ってあると思います。

そこで、じゃあどんな投資信託を利用すると、どの程度の利回りが期待できて、将来いくらぐらいになるのか、というお話。

今回は、年利7パーセントを目標に、実際にその利回りで運用すると将来いくらになりそうか、みたいな話を紹介します。

なお、投信初心者がよく陥る注意点として、投資信託の年利xパーセントとは、10年や20年といった単位で平均化したときに得られる利回りのことです。

毎年きっちりxパーセントずつ増えるわけではない(この変動の大きさが「リスク」)点に注意しながら、以下の記事をご覧いただければと思います。

先に結論を述べておくと、野村6資産均等バランス(つみたて6資産)に投資するのが簡単じゃないか、という話になります。

[スポンサーリンク]

 年利7パーセントを実現した組み合わせ

野村アセットマネジメントが提供する「投信アシスト」の2003年以降の実績に基づき、年利7パーセントを実現した組み合わせを紹介します。

ここで紹介するのは投資信託ではなく、「資産クラス」です。

6資産クラスへ均等投資

  • 国内株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式
  • 国内債券
  • 先進国債券
  • 新興国債券

の6つの資産クラスに均等に6分の1ずつ投資すると、2003年以降の運用成績が年利7.1パーセントでした。

この資産クラスと同じ配分で投資できる投資信託

野村6資産均等バランス(つみたて6資産)があります。

【つみたてNISA】野村6資産均等バランス(つみたて6資産)を20年運用すると将来いくらになる?

野村6資産均等バランス(つみたて6資産)は、日本と先進国の株式、債券、不動産投資信託(REIT)に均等に投資を行うバランスファンド。 野村6資産均等バランス | 野村アセットマネジメント 2017年9 …

続きを見る

その名の通り、「つみたてNISA」を意識して設定された投資信託で、上述の6つの資産クラスに均等投資を行います。

運用中の信託報酬(コスト)が安いのが特徴です。

3資産クラスへ均等投資

  • 国内株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式

先ほどの組み合わせから、債券の資産クラスを取り除き、3つの株式の資産クラスに投資したとしても、約6.7パーセントの利回りになったと得られました。

いずれにせよ、株式中心の組み合わせで投資することで、年利7パーセント近いリターンを期待できそうです。

この資産クラスと同じ配分で投資できる投資信託

ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)があります。

【つみたてNISA】ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)に20年投資したら将来いくらに?

「つみたてNISA」での投資先。 もう決めましたか? 私たち現役世代の資産形成のために創設された「つみたてNISA」ですが、制度の開始に合わせて新設された商品がたくさんあります。 そのため、商品の選択 …

続きを見る

こちらも「つみたてNISA」のために設定された投資信託ですが、販売している証券会社も少ないのがデメリットです。

毎月1万円を20年間投資したらいくらになる?

というわけで、ここでは上記2つの組み合わせを利用し、リスクとリターンから将来の予想成績を算出します。

成績の算出方法は乱数を用いた「モンテカルロ法」です。

これらは理想的な計算であり、あなたの将来の成績を約束するものではありません

ただの数字遊びです。

なお、単純に毎月1万円を預金として20年間積み立てると、1万円 × 12ヶ月 × 20年 = 240万円です。

計算結果:6資産クラスの20年後の推定成績

計算回数 1,000回
運用年数 20年
総投資金額 240万円
最高評価額 1,291万円
(+1,051万円)
最低評価額 163万円
(-77万円)
平均評価額 535万円
(+295万円)
元本割れ回数 16回
元本割れ確率 1.6%

240万円の投資に対して、平均535万円のリターンとなりました。

冒頭で述べたとおり、投資信託の年利xパーセントとは、長い目で見た平均値であり、実際には毎年の変動(リスク)があります。

そのため、平均535万円となりましたが、一方で最低で163万円、最高で1,291万円と、リターンにも触れ幅が出ています。

計算結果:3資産クラスの20年後の推定成績

計算回数 1,000回
運用年数 20年
総投資金額 240万円
最高評価額 2,548万円
(+2,308万円)
最低評価額 516万円
(-78万円)
平均評価額 133万円
(+107万円)
元本割れ回数 61回
元本割れ確率 6.1%

240万円の投資に対して、平均516万円のリターンとなりました。

6資産クラスより平均評価額が少なくなったのは、計算に用いたリターンが6.7%と、6資産クラスよりも少なかったためです。

一方、リスクは6資産クラスよりも多いため、最低で133万円、最高で2,548万円と、触れ幅が大きくなりました。

今回の計算結果においては、3資産クラスのほうがハイリスクハイリターンだった、ということです。

まとめると

年利7パーセント前後で毎月1万円を20年間積み立てて投資すると、240万円の投資に対して、計算上の平均評価額は520万円前後ぐらいになります。

が、利用する投資信託(厳密には、その投資信託が何に投資してるか)によって期待される成績は少し異なりますので、この520万円より大幅にお金が増えることもあれば、520万円に達しない可能性もあります。

なお、この計算は理想的な数値を利用したもので、厳密な投資信託の運用を模していないため、実際の成績はもう少し低くなる可能性が高いことを付け加えておきます。

運用で得た利益には税金もかかりますから、最終的に240万円が20年で400万円ぐらいになれば「御の字」だと筆者は考えます

もっとぼろ儲けしたいなら、ビットコインでもやってください、ってことでw

おまけ:年利の目標値を変えるなら

ほかにもいくつか記事を書いていますので、あわせてどうぞ。

年平均利回り5%で投資信託を30年間運用すると将来いくらになる?

Photo by ぱくたそ 投資信託をある一定の利回りで運用したいという需要があります。これは「毎年きっちり何%で」と言われると不可能なんですが、10年単位で平均化したときに年利x%と考えると、実現で …

続きを見る

no image
35歳が年平均利回り3%で老後までに3000万円を貯めるための運用方法

プレジデントのこの記事に便乗します。 毎月5万円、30年間積み立てると1800万円になります。ところがこれを年3%で運用できていれば、約2900万円と1.6倍に増えるのです。 35歳が3000万を貯め …

続きを見る

まとめ

  • 日本株式・先進国株式・新興国株式など、株式中心に投資を行えば、年利7パーセントで運用することは可能
  • 計算上は毎月1万円を20年間積立投資することで、だいたい520万円前後(+280万円)の評価額になる
  • 投資信託の年利は、長い目で見た平均であり、毎年きっちり同じリターンで増えることではない点に注意

というわけで、商品性などを考えると、野村6資産均等バランス(つみたて6資産)に投資するのが簡単ではないか、と感じます。

野村6資産均等バランス(つみたて6資産)は野村證券のほうかに、ゆうちょ銀行やSBI証券、楽天証券などでも購入できます。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-投資信託運用シミュレーション
-, ,

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.