青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログ「東北投信」の更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

初めての資産運用

2018年の筆者の資産運用プランを紹介する

投稿日:

2018年も残り364日とあとわずかですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

本記事では筆者の2018年の資産運用プランを紹介します。

「他の人はこんな感じで運用しているのかー」といったところが伝われば幸いです。

[スポンサーリンク]

2018年の資産運用プラン

おさらい:2017年はこうでした

そもそもプラン的なものはなかったのですが、2017年12月時点で以下のような運用を行っていました。

  • 確定拠出年金(iDeCo):3万円/毎月
  • 積立投信(特定口座):1.5万円/毎月
  • じぶんの積立:0.5万円/毎月
  • さらに余剰が生じた場合には株や仮想通貨など

今回はこれを踏まえ、2018年の運用プランを考えたわけです。

2018年はこんな感じ

  • 確定拠出年金(iDeCo):3万円/毎月
  • つみたてNISA:2.5万円/毎月(もしくは、つみたてNISA:1万円 + 課税口座での積立投信1.5万円)
  • じぶんの積立:0.5万円/毎月
  • さらに余剰が生じた場合には株や仮想通貨など

これで少なくとも毎月6万円のお金が資産形成として懐に残ることになります。

今年も楽しみながら、コツコツと資産を蓄えていきたいところです。

今年、投資予定の商品はこんな感じ

いろんなページに書いてるんですが、改めてまとめます。

確定拠出年金(iDeCo) / 月3万円

筆者の別サイト(インストックネット)のほうでは書いているんですが、確定拠出年金で持っている商品は「DCニッセイ外国株式インデックス」です。

DCニッセイ外国株式インデックスに100%の割合で毎月投資し続けています。

名前の似ている「ニッセイ外国株式インデックスファンド」と同様、DCニッセイ外国株式インデックスは日本を除く先進国に投資します

日本国内の資産は、イオンやゲオなどの株式を買ってますので、そのバランスを取る形で海外100%で運用しています。

つみたてNISA / 月1~2.5万円

「つみたてNISA」の運用プランは下記で詳細に述べています。

30代筆者の「つみたてNISA」運用方針と投資状況解説!2018年12月Update!!

2018年から始まった「つみたてNISA」。 あなたはもう運用を始めていますか? 金融機関選びとか、投資する商品選びとか、悩ましい部分も多いですよね。 というわけで、以下では30代筆者の「つみたてNI …

続きを見る

「つみたてNISA」では「三井住友DCつみたてNISA全海外株インデックスファンド」を買うつもりです。

三井住友DCつみたてNISA全海外株インデックスファンドは、「DCニッセイ外国株式インデックス」同様に、日本を除く先進国のほか、新興国にも投資を行います。

上述の通り、日本国内の資産とのバランスを取るつもりで選んでいます。

じぶんの積立 / 月0.5万円

これは特に語ることが何もないので、以下の記事を。

明治安田生命の「じぶんの積立」を契約してみた

投資の話ではないのですが、明治安田生命の「じぶんの積立(じぶんのつみたて)」が割と評判の良い保険として、ちらほら散見されます。 手軽な積立保険「明治安田生命じぶんの積立」|明治安田生命 今回たまたま「 …

続きを見る

余剰ができた場合の投資先

  • 株主優待銘柄
  • ビットコインなどの仮想通貨

株主優待銘柄については、これまでの運用方針通り、使い道のありそうなところを積極的に押さえていきたいな、と思っています。

仮想通貨については、将来円と仮想通貨のパワーバランスが逆転したときに備えるつもりで。

現状だと「通貨」としては使いにくいのですが、(筆者観測では)一部の通貨はコミュニティ的に普及が進んでいるため、「持っている人が優遇される」時代や場所というのは必ず出てくると思っています。

基本的には、何事も分散投資でリスクをカバーしていく方針ですので、仮想通貨も投資対象に加えることにしています。

筆者個人としてもちょっと期待していますし。

1年間でこのぐらいお金を投資したい

目標額は100万円

目標額は100万円です。

仮に、

  • 確定拠出年金(iDeCo):3万円/毎月
  • つみたてNISA:2.5万円/毎月(もしくは、つみたてNISA:1万円 + 課税口座での積立投信1.5万円)
  • じぶんの積立:0.5万円/毎月

を実現すると、毎月6万円 × 12ヶ月 = 72万円の資産が残ることになります。

これにプラスで30万円ぐらいお金を残せれば、100万円達成です。

その30万円は主に株式の買い付けに当てますので、株主優待銘柄の1つか2つぐらいは購入できますよね。

そうすれば、優待でお得な思いをしたぶんだけ、投資にお金を回せますので、資産の増加はさらに加速できると考えます。

投資した額を大切にしたい

いくら細かくプランを立てたところで、所詮投資は不確実性が残るもの。

ですから、今回は資産の増加した額ではなく、投資した額を大切にしたいと思います。

100万円投資して、それが50万円になってもいいじゃないと(よくないけど)。

とにかく、いっぱい頑張って働いて、お金を残すマインドを大切にしていきたいと考えています。

老後破産とか絶対にしたくない!・・・というか、お金運用するのって楽しいからね。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 2018年の筆者の資産運用プランは最低でも毎月6万円を投資し続けること。1年間継続できれば72万円の投資になる
  • 投資先は日本を除く先進国株式が中心。日本円や日本企業の株式を保有していることから
  • 1年間で投資したい目標額は100万円。目標達成できるようにたくさん働こう

もし、あなたが資産運用のプランを決めかねているなら、参考になれば幸いです。

フッタ広告3

将来のお金の不安を解決するなら「つみたてNISA」がオススメ!!

老後破綻に備えるべく、筆者も毎月積み立てています。

筆者が利用しているSBI証券の口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

SBI証券で今やってるキャンペーン
【2018年12月】SBI証券に口座開設し「つみたてNISAキャンペーン」で現金プレゼントを狙おう!(2018年12月15日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


【口座開設料・維持費無料】SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての資産運用

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.