青森県投資信託ブロガーが作る、つみたてNISAとiDeCoの資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

3000円投資生活 積立NISA(つみたてNISA)

「つみたてNISA」と「3000円投資生活」。最高の組み合わせじゃないですか

投稿日:

今年、2018年から始まった「つみたてNISA」。

あなたはもう利用を始めていますか?

筆者は今月20日に初回の積み立てをおこなう予定です!

ところで、最近ちらほらある検索として、「つみたてNISAで3000円投資生活をやりたい」というものがあります。

3000円投資生活とは、2016年(もう2年前なんですね)にヒットした少額投資を推奨する書籍のこと。

2016年には「つみたてNISA」はなかったので、当時の書籍には載ってないんですよね。

そこで、本稿では「つみたてNISA」と「3000円投資生活」との相性や気になるところをご紹介。

実はこれ、ベストな組み合わせなんです。

[スポンサーリンク]

おさらい:3000円投資生活とは

投資信託への積み立てを紹介する書籍

すでにご存知かとは思いますが、一旦3000円投資生活についておさらいしましょう。

  • 毎月3000円を投資信託に積み立てよう
  • 積み立てる投資信託は世界経済インデックスファンドやeMAXIS 8資産均等型などのバランスファンド
  • 家計も見直して、投資額を増やし、将来のお金に備えよう

ここでのキーワードは、

  • 投資信託の積み立て
  • 世界経済インデックスファンドや8資産均等型
  • バランスファンド

です。

3000円投資は「つみたてNISA」でもできる

ここでは書籍の記述を元に、「つみたてNISA」と「3000円投資生活」を同列に考えて良い点と、間違わないように注意すべき点を紹介します。

共通点:「投資信託への積み立て」

「つみたてNISA」でできることといえば、投資信託の積み立てです。

上述の通り、3000円投資生活とは投資信託の積み立てのことから、つみたてNISAを利用した3000円投資生活は実行可能なのです。

なお、書籍中で具体名の上がっている世界経済インデックスファンドや8資産均等型などのバランスファンドも、つみたてNISAの対象商品のうちの1つです。

「書籍中で言及されている商品を購入できる」といった点で、心強いでしょうか。

相違点:「NISAは使いづらい」は古いNISAのこと

ところで、3000円投資生活の書籍中にはNISAをあまり勧めない記述が散見されます

例えば、「NISAは使いづらいので、20万円の利益が出ないならば、3000円投資生活にマストではない」といった記述があります(P90)。

この20万円とは、サラリーマンの雑所得のうち確定申告不要な額で、言い換えれば、税金を見逃してもらえる上限額です。

同書では、3000円投資では得られる利益も少ないのだから、「特定口座・源泉徴収なし」で積み立てれば良いとの記載があります(P55)。

しかし、ここでの「NISA」は2016年当時に利用されていたNISA(一般NISA。ただのNISA)であり、2018年から始まったつみたてNISAではありません

計算上、たとえ毎月3000円の投資であっても、つみたてNISAの対象である20年間継続すると、20万円を超える利益を手にする可能性があります。

そのため、

  • 一般NISA(非課税期間が5年間のNISA)と3000円投資生活の相性はあまり良くない
  • つみたてNISA(非課税期間が20年間のNISA)と3000円投資生活の相性は良い

とお考えください。

ここが書籍と現行制度との相違点です。

3000円投資生活をつみたてNISAで始めるかどうか

ここまで「つみたてNISA」と「3000円投資生活」の相性が良いことは述べてきました。

では、それを踏まえ、あなたが3000円投資生活をつみたてNISAで始めるかどうか、を考えていきましょう。

考える際のポイントは以下です。

  • あなたの年齢
  • あなたの投資目的

あなたの年齢は何歳?

つみたてNISAは最長20年まで利用できる投資制度。

理論上は、20年間をフルで使うことで、非課税の恩恵額も最大化できる可能性があります。

そこで問題になるのが、あなたの現在の年齢です。

「引退予定の年齢(一般には65) –  現在の年齢 = 5〜10以下」

の場合には、無理に投資信託の積み立てを行うよりも、異なる方法で資産運用を行ったほうが良い結果になる可能性があります。

なお、あなたが専業主婦 or 主夫の場合にはパートナーが残り何年ぐらい働き続けそうか、お考えになってみてください。

no image
「つみたてNISA」は何歳から何歳まで利用できる制度なのか

「つみたてNISA」は何歳から何歳まで利用できる制度なのかを解説します。 といっても、年齢的な制限はほとんど無いに等しい制度ですので、「何歳なら利用すべきで、何歳なら利用しないほうが良いか」を紹介した …

続きを見る

あなたの投資目的は?

つみたてNISAは投資信託の積み立てを専門とした非課税制度ですから、

  • 高配当株を買って、配当金を非課税で受け取りたい
  • 投資信託の分配金をたくさん受け取りたい

といった用途には利用できません。

そのため、あなたが

  • 投資信託を利用した資産形成を行いたいのか
  • 現在の収入を増やすことに力を入れたいのか

は事前に考えておいたほうが良いです。

なお、配当金を非課税で受け取れるのは一般NISAです。

一般NISAとつみたてNISAはどちらか一方のみ選択できます(もしくはどちらも選ばない)ので、あなたがどちらを重視したいかを確認することで、選ぶべきNISAの制度も見えてきます。

つみたてNISAを利用した3000円投資生活の始め方

申し込み手順

手順は簡単です。

  1. 証券口座の開設・およびつみたてNISA口座の開設(ただのNISA口座を開設しないように注意)
  2. つみたてNISA口座の開設が完了したら、投資信託の積み立てを設定する(下記動画の通り)
  3. あとは毎月積み立てるだけ

注意点としては、NISA口座を開設する際に、一般NISA(ただのNISA)とつみたてNISAを間違わないようにします

あとから変更もできるのですが、ウェブサイトの画面上で簡単に・・・とはいかず、「勘定変更の書類をわざわざ取り寄せて申し込む」手間が発生する可能性があります。

投資信託の積み立ては「つみたてNISA」をお選びください。

申し込みの必要な書類

つみたてNISAの申し込みにはマイナンバー(12桁の個人番号)が必要です。

  • マイナンバーカード
  • マイナンバー通知カード(白と緑のぺらぺらしたカード)

のいずれかを、いつでも確認できるようにお手元にご用意ください。

動画:つみたてNISAでの積立投信設定方法

この方法は書籍中でも名前が出ているSBI証券でのつみたてNISAの利用方法です。

従来の投資同様にウェブから申し込めますので、あなたの仕事の空き時間などに積立設定すると良いと思います。

仕事が忙しくても、資産は着実に増やせる」と書籍中にも記載されているじゃないですか。

次の土日の夜。ちょっと時間確保してみませんか?

3000円投資生活のここがすごい!SBI証券での始め方も動画で紹介

横山光昭氏の書籍「はじめての人のための 3000円投資生活(出版社:アスコム)(以下:3000円投資生活)」について、SBI証券での実践方法を動画付きで紹介します。 はじめての人のための3000円投資 …

続きを見る

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 「つみたてNISA」と「3000円投資生活」はすごく相性の良い制度。どちらも投資信託の積み立てを対象としている
  • 書籍「3000円投資生活」中に出てくる「NISAはマストではない」とは、2016年当時に運用されていた「一般NISA(ただのNISA)」のこと。「つみたてNISA」とは異なる制度
  • 証券口座を申し込む際に、「一般NISA(ただのNISA)」と「つみたてNISA」を間違えないように注意。後でも変更できるが、少々手間がかかるかも

普通に考えたら「つみたてNISA」で「3000円投資生活」を実行する書籍って求められてると思うんですけどね。

そこは「3000円投資生活」の著者である横山氏の今後の書籍に期待ですね。

ぜひ、お試しあれ。

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のウェブサイトを今すぐ見る

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-3000円投資生活, 積立NISA(つみたてNISA)

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.