青森県投資信託ブロガー作!つみたてNISAとiDeCoを使った資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEとTwitterで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・LINE・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

忍者ボタン

初めての投資信託 積立NISA(つみたてNISA)

【つみたてNISA対応】40代の投資信託ポートフォリオはどんな組み合わせがいいのか

投稿日:2018年2月1日 更新日:

結論から言うと、40代の投資信託ポートフォリオは「つみたてNISA」に「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」だけで良いと思います。

楽天全世界株式インデックスファンド
【つみたてNISA】楽天全世界株式インデックスファンドに毎月1万円積み立てると20年後いくらに?

2018年3月現在、投資信託の積み立てについて議論するならば、「楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))」の話は避けては通れません。 2017年9月に設定され …

続きを見る

楽天・全世界インデックスファンドを選んだ場合、

  • 複数の投資信託を買う必要がないので、下手にポートフォリオの組み合わせ(アセットアロケーション)を考える必要がない
  • きちんと老後資金への対策になる

といったメリットがあるからです。

めんどくさい資産運用も、これなら簡単で、しかも老後の対策もできてしまうという秘密を以下で紹介します。

なお、毎月の積立額の決め方は以下の記事で紹介しています。

40代が「つみたてNISA」で老後に備えるための積立金額と銘柄選び

1週間ほど前に書いた50代向けの記事が結構好評なので、同じ考え方で「40代が「つみたてNISA」で老後に備える方法」を書きます。 おさらいすると上記記事では、 無料ツール「人生設計の基本公式」を使って …

続きを見る

[スポンサーリンク]

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」だけで良い理由

楽天・全世界インデックスファンドを選ぶ理由は、この商品が優れているからです。

理由1:分散投資のおかげでリスクも分散

そもそも「投資信託のポートフォリオを組みましょう」という話は、おおよそ「世界に分散投資し、リスクも分散しましょう」といったところが理由の1つになっています。

「卵を1つのカゴに盛るな」という格言が示すところです。

卵を一つのカゴに盛ると、そのカゴを落とした場合には、全部の卵が割れてしまうかもしれないが、複数のカゴに分けて卵を盛っておけば、そのうちの一つのカゴを落としカゴの卵が割れて駄目になったとしても、他のカゴの卵は影響を受けずにすむということ。

特定の商品だけに投資をするのではなく、複数の商品に投資を行い、リスクを分散させた方がよいという教え(=銘柄分散投資)。
出典:卵は一つのカゴに盛るな | 野村證券

なので、1つの投資信託内部で十分に分散投資が行われているならば、保有する投資信託はたった1つでも良いのです(分散投資は、必ずしも多くの商品を持つことではなく、「投資対象を分散しよう」ということ)。

そこで「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」の出番。

この投資信託は、

  • 日本
  • アメリカを中心とする先進国
  • インドや中国などの新興国

など、世界中の株式が投資対象になっています。

そのため、複数の投資信託を購入し

  • 日本株:x%
  • 先進国株:x%
  • 新興国株:x%

とバランスをとって保有する必要がないのです。

つまり、楽天・全世界株式インデックス・ファンド1つに投資すればOK

理由2:信託報酬が低い

さらに「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」は0.2396%程度と、信託報酬が低いのが特徴です。

つみたてNISAに生じる手数料。全部わかりやすく教えて!

投資信託を購入する際に手数料ってかかりますよね? 投資信託の手数料ってちょっと種類が多くて、分かりにくい部分もあるんですが、どの程度把握されています? この記事では、投資信託を運用する上で、避けては通 …

続きを見る

投資信託を利用した資産運用で注意すべきは、投資信託の信託報酬をできるだけ低コストにすることです。

投資の将来の利益は不確実ですが、将来発生する信託報酬の率だけは確定したコストです。

より高い利益を追求したいのであれば、信託報酬は絶対にこだわらなければいけないです。

信託報酬の差が投資信託の運用成績をこんなにも変える

Photo by ぱくたそ 信託報酬とは、投資信託の運用期間中に発生する手数料です。年率x%で計算され、おおよそ「あなたの投資額 × 信託報酬の率」で概算できます。 将来の信託報酬率も公表されているた …

続きを見る

理由3:長期投資で債券は不要にできる

一般に投資信託のポートフォリオは、

  • 株式:x%
  • 債券:x%

といった比率で紹介されることが多いです。

この組み合わせは、今日や明日といった短いスパンでは有効でも、より長いスパンではあまり効果的ではないかもしれません。

理由は、

  • 現在の債券利回りは低く、インフレ率に負ける可能性がある
  • 日本などを中心に、中央銀行が債券を買い占めたために高値になっている。将来的には値下がりリスクのほうが大きい

などがあります。

このような事情を考えると、債券には投資しなくてもなんとかなるのです。

一方、株式は短期的にはハイリスクな商品ですが、10年や20年を超えて運用すると、おおよそ利回り5%程度に収束する可能性があります

手っ取り早く言えば、投資信託は長く運用するほど成功しやすくなる、というわけです。

投資信託の成功確率は何パーセントぐらいか

投資に限った話ではありませんが、多くの人は分かりやすい数字を好む傾向にあります。 以下のような話、身に覚えはありませんか? 投資信託で失敗する可能性は何%ぐらいか 失敗すると、いくら損失を被るのか 投 …

続きを見る

そもそも、つみたてNISAでは債券のみに投資する投資信託の運用ができない

なお、こういった債券の事情を踏まえてか、つみたてNISAでは債券のみに投資する投資信託は選べません。

少なくとも、つみたてNISAを使って投資信託を運用するなら、投資信託のポートフォリオに債券を加えることは考えないほうが良いです(そもそも選べないので)。

言い換えると、ネット上の債券を含む投資信託のポートフォリオ例を、つみたてNISAで再現することはできません

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」と安全資産でポートフォリオを組む

つみたてNISAのケースも考慮すると、投資信託の枠を超え、資産運用のポートフォリオとして、

  • リスク資産:楽天・全世界株式インデックス・ファンド(つみたてNISAで運用しよう)
  • 安全資産:定期預金や個人向け国債など

をそれぞれ選択し、両者のバランスをとることで資産形成するのが良いと筆者は考えます。

リスク資産と安全資産にそれぞれどの程度投資するか決める方法は、以下の記事も参考になさってみてください。

no image
50代が「つみたてNISA」で老後の生活を準備するためのプランを考える手順

50代から始めるつみたてNISAは、20、30代の運用と異なり、将来を深く検討した上で取り組むべきだと筆者は思っています。 理由は簡単で、20、30代なら運用に失敗しても、給与収入でなんとかできる一方 …

続きを見る

記事の概略だけ述べると、最初に老後や将来必要なお金を求め、そこから逆算して毎月の積立額を決定します。

毎月の積立額のうち、投資で全損しても構わない金額を投資信託(ここでは、楽天・全世界株式インデックス・ファンド)に振り向けます。

楽天・全世界株式インデックス・ファンドはつみたてNISAを使って、毎月積み立てる形で運用すると、投資経験ゼロでも取り組みやすく簡単です。

なお、個別に国内企業などの株式を買う必要はありません。

金融機関のポートフォリオ例はここがダメ

せっかくなので、「投資信託 ポートフォリオ 40代」と検索して上位に表示される金融機関のポートフォリオをダメだし(笑)してみます。

いずれも銀行内で取り扱っている商品例を組み合わせたものですから、SBI証券や楽天証券など、投資信託を豊富に取り扱う証券会社に目を向けることで、より良い運用が可能になります

検索エンジンでは上位に出てきますが、記事の内容はかならずしも最近の状況を反映しているわけではない点に注意です(古い記事が上位に出ていることはよくあることです)。

イオン銀行

40代既婚 子供あり 安定派のポートフォリオ 高山FPの投資信託選び | イオン銀行

イオン銀行の例では、

  • 野村インデックスファンドシリーズ
  • SMTインデックスオープンシリーズ

を利用して、日本と先進国を50%ずつの投資配分を紹介しています。

この配分の難点は以下の点です。

日本比率50%は多すぎる

安定性を重視すると、たしかに日本債券が鉄板にはなるのですが、それでも国内比率50%は高すぎるように感じます。

日本は他の先進国に先駆けて、人口減少に伴う衰退国家の「人柱」になる国です。

また、日本債券は日本銀行の金融緩和のせいで超高値になっており、今後は値下がりするしかないといった状況もネガティブです。

値下がりリスクのある日本債券に投資するよりかは、日本国が元本保証する個人向け国債のほうが良いです。

信託報酬が高い

野村インデックスファンドシリーズもSMTインデックスオープンシリーズも、かつては優れたインデックスファンドシリーズでしたが、2018年現在ではより低コストの投資信託がたくさん登場しています。

たわらノーロードシリーズやeMAXIS slimシリーズなどを使えば、0.1〜0.2%程度低コスト化できますから、その分だけあなたの得られる利益を増やすことができます。

「eMAXIS slim」シリーズで資産形成を始めよう。10の商品の特徴と比較をまとめて紹介

この記事では、改めて「eMAXIS slim(イーマクシススリム)」シリーズとは、を解説します。 先進国株式インデックスやバランス(8資産均等型)など、有名な商品もありますが、一方で、 eMAXIS …

続きを見る

  • ポートフォリオを組むのがめんどくさい時は、楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • あなたなりのポートフォリオを組みたいなら、たわらノーロードシリーズやeMAXIS slimシリーズ

ジャパンネット銀行

年代別おすすめファンド | ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行の例では、

  • 国内株式 JPMザ・ジャパン 30%
  • 外国株式 eMAXIS 全世界株式インデックス 30%
  • 外国債券 SMT グローバル債券インデックス・オープン 20%
  • 外国債券 SMT 新興国債券インデックス・オープン 20%

といった例が紹介されています。

この配分の難点は以下です。

信託報酬が高すぎる

ここはイオン銀行のコメントと全く同じで、2018年現在はより低コストの投資信託を選べます。

「JPMザ・ジャパン」は有名なアクティブファンドですが、信託報酬1.836%はさすがに高すぎです。

新興国債券は意外とリスクが高い

新興国債券(ここでは、SMT 新興国債券インデックス・オープンの投資先)は意外とリスクが高い割に、儲からないことの多い商品です。

新興国は高いインフレのために円高になりやすく、債券の高い利回りを相殺してしまうことが多いからです。

分散投資として持つのも悪くはないのですが、個人的には新興国債券を積極的に選ぶ理由はないと思ってます。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 40代の投資信託ポートフォリオは「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」だけでも良い。つみたてNISAで長期間続けよう
  • 信託報酬にはこだわろう。将来の利回りはわからないが、将来発生する手数料(信託報酬)だけはあなたがコントロールできるのだから
  • ネット上のポートフォリオ例は少し時代遅れになっている可能性。最近の低コスト化競争を要チェック

というわけで、結論は「つみたてNISA」に「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」で良いと思います。

毎月の積立額の決め方は以下の記事で紹介していますので、これから積立投資を始めてみたいなら、一緒にチェックなさってください。

40代が「つみたてNISA」で老後に備えるための積立金額と銘柄選び

1週間ほど前に書いた50代向けの記事が結構好評なので、同じ考え方で「40代が「つみたてNISA」で老後に備える方法」を書きます。 おさらいすると上記記事では、 無料ツール「人生設計の基本公式」を使って …

続きを見る

フッタ広告3

「つみたてNISA」で投資信託を買うならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」で現金プレゼントを狙おう(2018年8月31日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての投資信託, 積立NISA(つみたてNISA)
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.