青森県八戸市の30代投資信託ブロガーが作る資産形成ガイド

東北投信




LINE

ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(当方からはあなたの個人名などは見えませんのでお気軽に追加してね!)

忍者ボタン

初めての資産運用

40代前後の投資ブログを参考に老後に向けた資産形成を考える

投稿日:2018年3月17日 更新日:

40代は将来の老後のことを現実的に考え始める最初の10年かもしれません。

長く勤めた会社での仕事も充分に慣れ、「そろそろオレも老後に向けて資産形成したいな」なんてお考えでは?

ですが、資産形成の方法なんて誰も学んでいないので、

  • いったいいくらから投資すればいいの?
  • どんな投資がオレに向いてるの?
  • そもそも投資するお金がないんだけど

といった、様々な悩みを抱えているかと思います。

そこで、今回の記事では実際に40代時点で資産を形成した投資家のブログを紹介し、あなたがこれからどのようにお金を増やしていくかを一緒に考えたいと思います。

なお、40代の資産形成事例として、下記もあわせてどうぞ。

40代で1億円を築いた人の資産運用を参考に資産形成を考える

Photo by ぱくたそ ツイッターで40代で1億円を築いた人の話題が出ていたので、この記事ではそれに便乗(笑)します。 投資ブロガー・ybさん「本業を頑張ったからこそ資産を築けた」 | 東証マネ部 …

続きを見る

[スポンサーリンク]

約2,000万円超を保有する「しげる」氏の運用事例

スペック紹介

今回はブログで資産を公開されている「しげる」さんの事例を紹介します。

スペック

  • 氷河期世代(40代前後)
  • 零細企業勤務
  • 既婚
  • 資産は約2,000万円(ブログ公表額)

出典:みんなで共有したいお金の話

氷河期世代とのことなので40代前後になりますでしょうか。

すでに2,000万円近い資産をお持ちとのことで・・・すごいです!

ブログをご覧になれば分かりますが、20代から投資を始め、リーマンショックや東日本大震災などを経て、現在まで運用し続けている方です。

現在までコツコツと資産を築かれてきたのですね。

節約して投資資金を作り、投資信託で運用する!

多くの投資ブログには、現在保有している銘柄や商品の話は良く出てきますが、毎月どのようにお金を捻出し、それをどう運用してきたか、を丁寧に書かれる方はあまり多くはありません。

そこで、その蓄財哲学の部分を紹介したいと考えて、この記事を書くに至ったのです。

さて、その貯蓄と資産形成にまつわる手法は下記記事でご覧になれます。

【貯蓄と投資】氷河期世代の私でも出来る堅実な資産形成 | みんなで共有したいお金の話

8つのステップに分かれているため、ざっくりとまとめました。

  1. 給料日、手取りの20%を強制的に貯金し、残り80%のお金で生活する
  2. 支出は全て毎月の1日から行い、月末で閉じる(厳格な支出の管理を行う)
  3. 80%生活期間中に月々の支出を書き出して、支出の管理や見直しを進める
  4. 20%貯金生活を5ヵ月続ける
  5. 貯金した20%の半分を貯蓄に、半分を老後に振り分ける
  6. 貯蓄と投資を実践する
  7. 投資の実践として、S&P500(アメリカ市場の著名500銘柄からなる株価指数)に連動する商品をつみたてNISAで積み立てる
  8. 年末時点で、購入した投資信託が値下がりしていれば、貯蓄を使って買い増しし、割合を半々に戻す。儲かっているなら放置のまま

特別凄いことはやっておらず、「収入の一部を節約して貯金に回し、ある程度貯まったら、一部を投資に振り分ける」という超王道的な手段で資産を構築されています。

以前、以下の記事では歴史時代の大富豪として「本多静六」氏のことを紹介しました。

この方も、給料の25%を貯金する「四分の一天引き貯金」を使って投資の元手をため、そこから財を成しました。

お金を貯める方法を再確認し、今年こそ貯蓄を始めよう

お金を貯める方法をお探しですか? 結論から書くと、お金を貯めるためには、あなたが「無意識的に」お金を貯められるための仕組みを作ることが大切です。 様々な研究によると、私たちは 将来のことよりも現在のこ …

続きを見る

資産を形成したければ、やはり支出の管理と半強制的にでもお金を貯める仕組みは必要なのですね。

どんな金融商品に投資してるの?

投資されている金融商品の情報は下記から。

【運用状況】わたしの老後用資産を公開 | みんなで共有したいお金の話

長い投資の経験者ですから、あなたがこれから投資を志す初心者だと、よくわからない商品ばかりかもしれません。

ので、「しげる」氏がこれから投資予定だという、あなたに役立ちそうな商品部分だけ抜粋して紹介します。

最近は、楽天証券が上記に書いたVTの投資信託版や、アメリカの株式市場全体に投資するVTIの投資信託版を出してくれたので、これに一本化していく予定です。昨日の記事で出たeMAXIS Slim先進国株式も検討候補です。

これらはいずれもアメリカや、アメリカを含む先進国の株式に投資する商品で、しかも全て「つみたてNISA」に対応しています。

特に楽天:全米株式インデックス・ファンドは、上述のS&P500に連動する商品に近い投資信託で、アメリカの経済成長を利益として享受したい方に向いています。

2017年の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the year」では、楽天・全世界株式インデックス・ファンドは第1位、楽天・全米株式インデックス・ファンドは第3位に選ばれました。

他の投信ブロガーに支持されている商品ですので、あなたが初めての投資でも選びやすいと思います。

事例を参考に40代の資産形成案を考える

「しげる」氏の事例は、20代から投資を始めて現在に至っているので、「40代から資産形成に取り組みたい」投資家とは少し事情が異なります

が、過去に取り組まれてきた手法自体は大変参考になります。

すなわち、

  1. 収入の20%を貯蓄に回し、ある程度の貯金を作る
  2. ある程度貯金ができたら、その半分を投資にまわす(現在は毎月の「つみたてNISA」でも良い)
  3. 投資商品は楽天・全世界株式インデックス・ファンドなど

といった資産形成プランです。

ちなみに、楽天証券が運営する投資メディアでは、40代で資産形成を始めるための鉄則として、

  • 入金額はとにかく少なくする
  • マーケットニュースはどんどん読み込む
  • 仕事と家庭に支障を出さない
  • 失敗から学ぶ

出典:40代で投資初体験をする際の4つの鉄則 | トウシル

の4つを挙げています。

正直、投資を本業とする彼らと違い、「マーケットニュースを読み込むこと」は投資に強い関心がなければ、なかなか辛いです。

昼は仕事で疲れ、夜は子供の面倒を見たり、のんびりお風呂に入ったりしたい中で、もっと楽に資産形成したいと思いませんか?

もしそうなら「つみたてNISA」を使えば、深くニュースを読み込まずとも、無難に資産形成に取り組めます

加えて、「つみたてNISA」なら、入金額も毎月最大で3.3万円までで済みますし、生活に支障をきたすような大ばくちも打ちません。

あなたがこれから資産形成に取り組むなら、最適の制度です。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 将来、資産を築くためには、まず収入の一部を天引きして貯金するところから始めよう。毎月の支出管理を行うことで、お金の無駄づかいは減らす努力を
  • ある程度貯蓄ができたら、その半分を投資に振り分けよう。ただし、あまり大金を投資するのは危険なので、「つみたてNISA」などの積立投資も使いたい
  • 投資先は楽天・全世界株式インデックス・ファンドや楽天:全米株式インデックス・ファンドなど

以下の記事で紹介したybさんの事例もそうですが、すごい堅実なんですよね。

40代で1億円を築いた人の資産運用を参考に資産形成を考える

Photo by ぱくたそ ツイッターで40代で1億円を築いた人の話題が出ていたので、この記事ではそれに便乗(笑)します。 投資ブロガー・ybさん「本業を頑張ったからこそ資産を築けた」 | 東証マネ部 …

続きを見る

働いて、収入を得て、その一部を運用している」だけで資産を形成しているという。

どうか、「誰でも儲かる取っておきの方法」みたいなものは探さず、この堅実な資産形成手法を試してみてください。

「しげる」氏はブログ内でこのようにも述べられています。

投資については、小さな額でもとにかく早くが歴史を見るまでもなく有利です。勝負に出す金額が小さい分、生活も苦しくなりません。お先真っ暗な未来も無縁かと思います。年をとって投資を考えるようになった時、相場に慣れていることは本人に取って大きなメリットです。(中略) 退職金を相場につぎ込んで散っていくという悲劇は避けられます。

とにかく撤退はしない。これは万人にいえる金言かと思います。

今から老後までの約20年間、投資を継続することを前提に、少額で「つみたてNISA」でも始めてみてはいかがでしょうか。

フッタ広告3

「つみたてNISA」を始めるならSBI証券がオススメ!!

投資信託の残高に応じてSBIポイントを貰えるのでお得に運用できるんです。

オススメしたいポイントはこちら
SBI証券でつみたてNISAや投資信託の積み立てを始めよう!

口座開設手順はこちら
SBI証券の口座開設方法。開設に要する時間やよく疑問に思うところなど

今やってるキャンペーン
SBI証券の積立投信キャンペーンに参加して現金を当てよう!「つみたてNISA」も対象だよ!(2018年4月30日まで)

他の証券会社もチェックするなら
投資信託を買いたいあなたへオススメする証券会社3選


SBI証券のキャンペーンを今すぐチェック

リンクユニット




アドセンス関連ユニット



本日の人気記事

本日の人気記事

スポンサーリンク

[スポンサーリンク]



注意事項

  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。

-初めての資産運用
-

Copyright© 東北投信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.